最近メルペイの限度額が減らされてヤバいって書き込み多いですね。。少し大げさなタイトルですが。
実は管理人もメルペイのヘビーユーザーだったのですが、当初25万円あった限度額が20万⇒15万⇒10万⇒5万⇒次はたぶん0?と減らされ、かなり苦しくなりました。

今回はメルペイの限度額が変更について思うことを書いてみました。補足ですが、この記事は最近多い、最後にカードローンをすすめる記事ではないのでご安心ください。




メルペイ後払い限度額の見直しについて

メルペイ後払い限度額が減らされたユーザーの声を見てみると、延滞など支払いに関するトラブルはほとんどなかったので、おそらくメルカリの利用実績が少ないのが理由と考えられます。

実際私も毎月、嫌がらせのように限度額が下げられているのですが、ここ最近はほとんど出品していませんでした。メルカリは出品者からの手数料で儲けていますので、メルカリで売買している人を優遇するのは当然かもしれません。

クレカと違い信用情報は見ていない(定額払いやメルカードを除く)ので、メルカリの利用実績が大きく影響しているようです。




メルペイが使えなくなったら?

残念ながら、メルペイに替わるサービスってあまりありません。QRコード決済のほとんどはプルペイド式や後払いでも審査が必要なので、現金があまり使えない人や金融ブラックの人にとっては唯一のサービスだったりします。

審査なしで唯一使えるのはバンドルカードぐらい。。。
ブラックの人はバンドルカードは絶対作っておきましょう。

メルペイが使えない場合の対策

毎月の生活用品の支払いをほぼメルペイで済まていたユーザーにとっては利用可能枠が突然10万円、20万円減ることは、かなり苦しいです。

とにかく節約+即金のバイトを、メルカリでの不用品販売を始めましょう。手元に現金があれば、どうにか生き延びれますし、メルカリの実績がつけば利用可能枠が復活また、現状維持できる可能性があります。




メルペイの限度額が減ってない人は?

メルペイの審査はAIで行われているため、突然0円の可能性も0ではありません。支払いも滞ってなくてメルカリも適度に使っているというユーザーでもAIによる誤爆の可能性はあると思うので。

審査に関する問い合わせは全く受け付けてないので、誤爆であっても対処のしようがありません。限度額に影響が出てないユーザーもメルペイへの依存度を今のうちに減らしておくのがいいでしょう。

まとめ

メルペイはQRコード決済とiD払いの2種類で支払いができる便利なサービスですが、限度額の突然、大きく減らされるなど依存しすぎると危険な側面もあります。

個人的にはメルペイ利用限度額を減らして定額払いやメルカードへの申し込みへ促しているような気がします。

いずれにしても、毎月の支払いを終えた後に、限度額を減らされて手元に現金が残ってないという事態は避けたいものです。