総合支援資金の再貸付が延長となり、1回目、2回目と引き続き再貸付の申請を検討している方も多いと思います。一度目の貸付に通った後に審査落ちする方もいるようです。今回は総合支援資金の再貸付審査落ちする原因についてまとめてました。




総合支援資金の再貸付の要件

まずは再貸付の要件を確認しましょう。要件はこの2つです。

①令和3年6月末までの間に、緊急小口資金及び総合支援資金の特例貸付が終了した世帯②自立相談支援機関による支援を受ける方

①については緊急小口資金と総合支援資金の貸付を受けてもまだ生活の立て直しが難しい世帯が対象になると意味です。現時点では6月末となりますが、今後、再貸付の延長が続けてば9月、12月となる可能性があります。

②については各地域の自立相談支援機関との電話や面談でのヒアリングがあります。ヒアリングの内容としては、現在の手取りの収入や今後の見込み、現在の収支状況などです。貸付のため、返済の見込みなども聞かれます。




不承認の理由はわからない

各都道府県の社会福祉協議会は再貸付の審査もこれまでと同様に、不承認の理由については開示しないとしています。考えられる不承認の理由としては・・・以下の3つぐらいだと思います。

①初回の貸付から経済状況が変わった。
→収入がコロナ以前にもだった。
→失業中で返済の見込みがない(状況を改善する意思が見られない)

②債務整理を開始した。
→自己破産や任意整理を開始した場合は、審査に通らない可能性があります。過去に自己破産した、任意整理で和解済みの場合は審査に影響ないようです。

③申請書に虚偽の記載があった。
→総合支援資金の特例貸付は申請書以外に証拠書類の提出を求めていませんので、基本的に申請書の内容が事実と異なっていてもバレることはほぼないでしょう。ただし、最近は持続化給付金など他の制度の不正から芋づる式に発覚するケースがあります。この記事を読まれている方のほとんどはあてはならないと思います。

再申請で審査に通る可能性はある?

一度、審査に落ちた後に再申請して通る可能性はあるのでしょうか?結論からいうと一度審査に落ちた場合は貸付の対象ではなかったと判断されているので、貸付を受けるのは難しいでしょう。

今回の特例貸付はコロナの影響で困窮してい世帯を速やかに救済する目的なので、書類の不備などでは簡単に落としたりはしないはずです。

審査に落ちてしまった場合は総合支援資金以外の制度も利用できないか、社協に相談してみた方がいいと思います。




まとめ

総合支援資金の再貸付の審査落ちについては、あまり事例はないようです。ただし、審査がある以上は審査に通らない可能性はありますので、申請書の書き方などは審査に不利のないように気をつけましょう。

■関連記事

⇒総合支援資金(特例貸付)を申請するとブラックリストに載るって本当!?

⇒総合支援資金の再延長の審査は債務整理で不利!?職場に電話がくるって本当!?