総合支援資金(特例貸付)の審査も無事通って今は大丈夫だけど、1年後の返済が不安という方も多いと思います。この記事では総合支援資金(特例貸付)の返済免除についての情報やお金のやりくりについて役立つ情報を紹介しています。

スポンサーリンク



総合支援資金(特例貸付)は返済免除なし?って言われたけど

現在はほとんどないみたいですが、特例貸付が始まったばかりのころは社協の担当者から、返済の免除はないという説明を受けたり、リーフレットなどの資料に返済免除についての記載がなかったりと、各都道府県の社協によって対応がバラバラでした。

こちらは厚生労働省の特設ページですが、返済の免除に関してしっかり記載がありますし、きちんと説明するように指導しています。

1年後も所得の減少が続く住民税非課税世帯は免除とすることができるとなっています。ちなみに住民税非課税世帯とは以下の3つに該当する世帯をいいます。

1.生活保護を受給している人

2.未成年者、障がい者、寡婦(夫)で前年合計所得金額が125万円以下の人(給与所得者の場合は204万4000円未満)

3.前年合計所得が各自治体の定める金額以下の人

3は住んでいる場所によって違うので、役所で確認してみてくださいね。

スポンサーリンク



これから申請される場合

総合支援資金をこれから申請される場合は、返済免除があるとはいえ貸付なので返済能力があるか、返済の意思はあるかは社協との面談で確認されると思います。

審査で不利にならないように、返済の意思はあることはしっかり伝えた方がいいと思います。

スポンサーリンク



返済免除の要件が変わる可能性もある?

返済免除については、所得の続く住民税非課税世帯としていますが、具体的な要件についてはまだ決まっていないようです。

現在の状況だと1年後はどうなるのか、国も借りる側も予想が難しいですよね。免除の要件が厳しくなることは考えにくいので、今はあまり心配せずに今できることに集中した方がいいと思います。

コロナ禍でも確実に現金をつくる方法

お金がない不安って本当につらいですよね?管理人も胃が痛くて夜も眠れない日が続いた経験があります。

本業以外で現金を稼ぐ方法を知っておくと精神的にかなり楽になるので、これから紹介する方法を試してみてくださいね。

メルカリやヤフオクで物を売る

これまで古本やリサイクルショップで処分していた不要品をメルカリなどのフリマアプリで売ってみませんか?1冊10円とかで買取されていたものが、500円、1000円で売れる可能性が十分あります。

今の若い世代は古本や古着をメルカリで購入する人が多いので、意外と簡単に売れる可能性があります。コロナの影響でメルカリの需要も増えているので、まずは何でもいいので出品してみましょう。

ただし、偽物のブランド品マスクなどの転売はNGなので要注意!

アンケートや記事を書く

クラウドワークスランサーズといったサイトでは簡単なアンケートや記事作成をすると報酬がもらえます。

仕事を依頼したい企業や個人と在宅で仕事を探している人をマッチングするサイトで、応募して作業すると報酬が発生する仕組みです。

パソコンとネットにつながる環境があれば、場所や時間を選びません。どちらもコロナの影響で利用する人が増えています。

やり方次第ではこれだけで生活できる可能性も十分ありますので、文章を書くのが好きな方は試してみてください。

おそらくこれからは、在宅でできる仕事が主流になってきます。本業以外の収入を少しずつ増やしていくのが当たり前になってくるのではないでしょうか。

クラウドワークスもランサーズも登録は無料でできるので、どちらも登録しておきましょう。
登録すると今からお仕事できます!もうバイトを掛け持ちしたりする必要もありません。

■クラウドーワークス

国内のクラウドソーシングではトップです。ほとんどの在宅ワーカーはこちらに登録してお仕事しています。
クラウドワークスは必ず登録してくださいね。30秒で登録できます!



⇒クラウドワークスに今すぐ登録する

■ランサーズ

クラウドワークスに次いで、利用者の多いサイトです。クラウドワークスとは募集されている案件が若干違うので両方登録しておいて、好きな案件をこなすのが賢い使い方です。

こちらも一緒に登録しておきましょう。



クラウドソーシング「ランサーズ」



⇒今すぐランサーズに登録する

以上、2つの登録は済みましたか?
あとで登録しようとすると忘れてしまうので、今すぐ登録しましょう。

税金は猶予か分割にして手元の現金を残す

コロナのタイミングで自動車税や住民税の納付書が届いている人も多いはず、手元に払える現金があっても収入の減少が続くようであれば一括で払うのではなく、猶予してもらったり、分割払いで相談しましょう。

本来は期限までの納付が原則ですが、生活資金を減らしてまで、急いで払う必要はありません。収入が減少した事情を話せば、分割払いや納付の期限を遅らせてもらえるなどの対応はしてくれると思います。

ただし、督促状を無視すると不利になるので、必ず電話一本いれて相談しましょう。

奨学金の支払いも猶予できる

日本学生支援機構の場合、奨学金の月々の返済を半額にしたり、1年間支払いを猶予にしたりできます。

申請から決定まで1か月ほど時間がかかるため、早めに申請しておきましょう。延滞がある場合は延滞を解消してから手続きに入るため、手元に現金があるうちに申請して置く必要があります。

ガソリン代はカード払いで

車を利用している家庭であればガソリン代はクレジットカードで支払うようにしましょう。

一つ目の理由としては、万が一に備えて手元に資金を多く残しておいた方がいいということがあります。中には現金でしか支払いができないものもあるので、ガソリン代に限らずですが、カードで払えるものはカードで払った方がいいです。

2つ目はポイントやマイルがたまることです。どのカードもたいてい、ポイントやマイルがたまったりするので、溜まってポイントを商品交換したり、交換した商品を売って現金化できる場合もあるからです。

3つ目はガソリン代の請求はスーパーやコンビニなどと違って、カード会社へ請求情報が届くのに数日タイムラグがあります。つまり、ガソリンを給油してもしばらくはカードの使用可能額が減らないため、カードの枠が残り少なくてピンチ!という場合でもどうにか乗り切れたりします。

仮に枠が数百円しかない場合でも、満タンを選択して給油すれば数千円分普通に給油できます。満タンの場合金額が確定していないので、とりあえず1円だけ残高がマイナスになり、後日給油した金額が請求される仕組みです。

スポンサーリンク



まとめ

いかがでしたでしょうか?総合支援資金の特例貸付の返済免除は1年後の返済時に収入が住民税非課税世帯に該当する場合は免除として取り扱いできるとしています。ただし、1年後には免除の要件も大きく変わっている可能性もあるため、現時点では返せなかったらどうしようと必要以上に悩む必要はないと思います。

貸付なので返済するのは当然ですが、今より世の中の状況も悪くなっているのであれば、免除の要件も今より厳しくなることは考えにくいです。

1年後の返済について必要以上に心配することはないでしょう。とりあえず今は現金を1円でも多く手元に残すことを考えて行動しましょう。

今回は紹介した資金繰りの方法は必ず役に立つのでぜひ参考にしてくださいね!

■関連記事
⇒総合支援資金(特例貸付)の振込日はいつ?申請から入金までにかかる日数は?

⇒総合支援資金(特例貸付)審査に落ちた理由と絶対にやってはいけないこと