浅田真央さんとのお見合いで話題になった落語家の瀧川鯉斗さん

瀧川鯉斗さんは、元暴走族という経歴を持つ落語家で現在のイメージから想像がつかないのですが、
今回は瀧川鯉斗さんの情報を深堀していきたいと思います!




瀧川鯉斗のプロフィール

瀧川 鯉斗(たきがわ こいと)
本名:小口直也(おぐち なおや)
生年月日:1984年1月25日
出身:愛知県名古屋市天白区出身

見た目の通りスポーツは万能。小学校の時は夏は野球部、冬はサッカー部に所属し、学外でのリトルリーグやクラブチームでも活動する。

この顔で野球もサッカーもできたら、かなりモテてたでしょう。

中学時代、サッカー愛知県代表監督からスカウトされ、キーパーとして県代表チームのトレーニングにも参加。将来有望な選手として期待された。

しかし、この頃からバイクの魅力にとりつかれ、生活態度が乱れ始める。

このためサッカー推薦による高校進学も断念せざるを得ない状況になり高校には進学せず暴走族「天白スペクター」名古屋支部の総長になる。

18歳で暴走族を卒業後、2002年上京。新宿のレストラン「赤レンガ」でアルバイトをしながら生活を始める中、お店で現在の師匠である瀧川鯉昇の落語独演会が開催されてそれがきっかけで弟子入りし、落語の道に進むことになった。




瀧川鯉斗のアルバイトしていた店

瀧川鯉斗さんが上京してアルバイトしていた新宿のレストランは「赤レンガ」という店で、そこで師匠・瀧川鯉昇さんと出会い落語の道に進むことになります。

残念ながら「赤レンガ」は閉店していますが、肉料理とライブが楽しめる素敵な店だったようです。

瀧川鯉斗の年収はどれくらい?

落語家の収入はいくらなのか気になりますよね?瀧川鯉斗さんは落語家の真打といって上の階級なんですが、同じ階級でも人気によってもかなりばらつきがあります。

一回の出演料は平均して10万円程度。月収で50万円、年収だと600万ぐらいあるようです。

普通のサラリーマンよりは多いかもしれません。

これはあくまでも落語の出演料なのでテレビでのタレント活動が増えれば、収入はもっと増えるでしょう。




瀧川鯉斗は田中みな実が苦手?

イケメンな瀧川鯉斗さんですが、積極的な女性が苦手なんだとか。。。。

その代表格ともいえる田中みな実さんとは以前に番組収録後の写真撮影時にあまりにも距離が近くて、他かの出演者たちから関係を疑われたそうです。

世の中のほとんどの男性は田中みな実さんが近づいてきたら、悪い気はしないと思うのですが。。。

とてもうらやましい悩みだと思います。




元・暴走族の有名人

瀧川鯉斗さん以外にも元暴走族の有名人を調べてみました!

宇梶剛士(俳優)

すごく紳士的なイメージですが、宇梶さんも元・暴走族として有名ですよね。

ヒロミ(笑いタレント)

暴走族のイメージはありませんが、少年時代はかなり尖っていたみたいで、バイク事故で生死をさまようほどの大ケガをしたそうです。

芸能界入りのきっかけもバイク事故が理由のようです。

バッドボーイズ・佐田正樹

見た目そのまんまですが、バッドボーイズ・佐田正樹さんは福岡連合の元総長でした。

バッドボーイズ・大溝清人(お笑い)

相方の佐田正樹さんとは同じ高校の同級生で同じ暴走族に所属しており、コンビ結成のきっかけにもなりました。

パンクブーブー黒瀬純

現在の見た目からは想像つきませんが、パンクブーブー黒瀬純さんは暴走族の副総長でした。

朝倉未来

人気格闘家・YOUTUBERとして活躍中の朝倉選手も元・暴走族として少年院に入った話は有名ですよね。

まとめ

元暴走族、落語家という異色の経歴をお持ちの瀧川鯉斗さんですが、かっこいいルックスとキャラで今後はタレントとしての活動も増えてきそう。

いい意味で落語のイメージを壊してくれそうです。

浅田真央さんとの今後も気になりますね。瀧川鯉斗さんについて気になる情報が入り次第情報を更新していきます!