フィリピンの東に台風9号のたまごが発生しています。

今後、沖縄地方への影響がありそうなので進路予想の情報をまとめています。

進路情報は随時更新中!

スポンサーリンク



台風9号(2020)気象庁の進路予想

まずは気象庁の進路予想から。

台風9号のたまごは29日時点ではほぼ停滞しています。台風に発達して日本に影響がでるのは、9月の一週目ごろになりそうです。

スポンサーリンク



台風9号(2020)米軍の進路予想


28日時点での米軍の進路予想では、北東に向かう予想になっています。角度的にこのまま進むと沖縄の石垣島や宮古島は影響がでる可能性が高いです。

台風9号は沖縄の旧盆に直撃!?

8月28日時点でフィリピンの東でほぼ停滞していることを考えると、沖縄への接近は9月の一週目ごろになると予想されます。

台風9号が接近した場合沖縄の旧盆(8月31ー9月2日)にかなり影響がでるでしょう。

沖縄へ出張や帰省を予定されている方は、今後の動向に注意が必要です。

台風9号の接近で沖縄は土砂崩れや冠水に注意!

沖縄は非常に強い台風8号が通過したばかりですが、台風による大雨で土砂崩れ冠水の被害がでています。

現在も地盤が緩んでいる場所が多いので、台風8号で被害の出た地域への出入りはなるべく避けましょう。

観光で沖縄を訪れている方は斜面の多い道路の運転は避けた方が無難です。

〇台風8号による土砂崩れの被害

・沖縄市松本のマンション建設予定の造成工事現場

・うるま市栄野比の造成中の道路斜面

・名護市呉我にある呉我橋付近の国道505号

・国頭村奥の県道70号

沖縄への飛行機の影響は?

28日時点ではJAL、ANAともに沖縄発着便への影響はでていませんが、台風8号接近時には沖縄を行き来する33便が欠航となっています。

予約の変更やチケットの払い戻しなどは、各航空会社の公式HPなどで確認するようにしましょう。

沖縄の離島へ観光を予定している方は合わせて船舶の情報も確認しましょう。船は飛行機以上に台風の影響を受けるため、沖縄本島に到着後、離島に渡れない場合または離島から戻れない場合も想定しておいた方がいいです。

スポンサーリンク



まとめ

管理人の予想としては、9月の一週目あたりに沖縄に接近する可能性が高いと思います。

沖縄へ渡航予定の方、沖縄在住の方も台風9号の動向には注意が必要です。