台風15号が本州に向けて北上、早ければ8日の夜には東海地方(愛知・静岡・岐阜・三重)へ上陸する予想となっています。

台風15号は強い勢力のまま上陸するとみられていて、東海道新幹線やセントレア(中部国際空港)への影響が出そうです。

今回は台風15号の気象庁・米軍台風情報と東海地方(愛知・静岡・岐阜・三重)新幹線・セントレアへの影響についてまとめました。

スポンサーリンク



台風15号(2019)気象庁の最新進路予想


気象庁の最新進路予想では8日の21日に東海地方へ最接近となっています。台風の速度は時速30キロと早いので今は風があまり強くなくても急に強くなる可能性があります。

台風対策や安全な場所への非難は明るいうちにやっておいた方が無難です。9日の朝には東海地方から抜けますが、しばらく強い風が続くので通勤通学は十分注意しましょう。

スポンサーリンク



台風15号(2019)米軍の最新進路予想


台風15号の米軍の最新進路予想です。こちらも気象庁と同じく8日の9時頃に上陸すると予想です。

台風15号(2019)セントレアへの影響

8日13時点での台風15号の影響ですが、セントレアを発着する便では20時40分発の羽田行きの欠航が決まっています、台風の接近によっては他の便に欠航がでる可能性がありますので、今日セントレアを発着する便を利用する予定のある方は早めに空港に着いて確認するようにしましょう。

スポンサーリンク



台風15号の影響で東海道新幹線が運休!?

台風15号に接近で東海道新幹線で50本の運休がでるなど影響がでています。

運行時間も変更になると予想されるため詳しくはJR東海のHPで確認し、きっぷの払い戻し方法などを確認しておきましょう。

 

■上り最終列車(新大阪発、東京ゆき)
・のぞみ=のぞみ414号(新大阪 午後7時23分発、東京 午後9時56分着)
・ひかり=ひかり480号(新大阪 午後6時43分発、東京 午後9時40分着)
・こだま=こだま678号(新大阪 午後5時50分発、東京 午後9時47分着)

スポンサーリンク



台風15号(2019)による愛知県への被害・影響は?

8日は日曜日ということもあり、イベントやレジャーを予定している方も多いと思います。海は波が高くなるため、絶対に近づかないようにしましょう。

レゴランドやナガシマスパーランドなど遊園地は今のところ、台風15号による影響はなさそうですが、台風の接近に備えて、早めに帰宅できるようにした方がよさそうです。

また名古屋市は、庄内川や太白川など大きな河川が流れているため、台風による豪雨で氾濫する可能性があります。川の近くには近づかないようにしましょう。

スポンサーリンク



台風15号(2019)による静岡県への被害・影響は?

静岡県では台風15号による激しい雨が予想されています。

8日夕方から9日明け方にかけて、雷を伴い1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り大雨となる。8日夜遅くから9日未明にかけては、局地的に1時間に80ミリの猛烈な雨が降る所があります。

風は、海上を中心に8日昼前から急に強まり、8日夕方から9日明け方にかけて陸上も含めて猛烈な風の吹く所がある。最大風速は陸上30メートル(最大瞬間風速45メートル)、海上40メートル(最大瞬間風速60メートル)

海上は、8日夕方から9日明け方にかけてうねりを伴い大しけとなる見込み。各地で6メートルから9メートルの波の高さとなるため、

くれぐれも海には近づかないようにしましょう。

また静岡空港では8日の便に欠航がでています。

・北京首都航空CBJ369便 杭州(午後3時45分)→静岡(午後7時30分)※9日に遅延便を運航予定
・北京首都航空CBJ370便 静岡(午後8時30分)→杭州(午後10時35分)※9日に遅延便を運航予定

スポンサーリンク



台風15号(2019)による岐阜県への被害・影響は?

岐阜県には八日夜から九日未明にかけて最接近する見込みで、、東濃や中濃で大雨が降る可能性があるとして、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに注意が必要です。

過去の台風で大きく氾濫した可児川は注意が必要です。周辺に住んでいる方は、台風接近前に避難するようにしましょう。

台風15号(2019)による三重県への被害・影響は?

三重県北部では4―6日の記録的な大雨で地盤が緩んでいる地域があるため、特に土砂災害への警戒が必要です。

8日にかけて予想される1時間降水量は多いところで30ミリの激しい雨となる見込みです。

中心気圧は970ヘクトパスカル、最大風速は屋根瓦などが飛散する規模の35メートル。海上では同日昼すぎから風が強まり、高波への注意が必要。局地的に激しい雨となる恐れもあり、土砂災害のほか、低い土地への浸水や河川の増水・氾濫も予想されます。

まとめ

以上、今回は台風15号の気象庁・米軍台風情報と東海地方(愛知・静岡・岐阜・三重)新幹線・セントレアへの影響に紹介しました。

台風15号は速度が速いため、早めの対策と不要な外出を控えた方がよさそうです。最新の情報を随時確認して備えましょう。

スポンサーリンク



■関連記事
⇒【台風対策】マンションの窓・ベランダ5つの対策方法を紹介!