かんりにんかんりにん

高校生投手として注目の佐々木朗希(大船渡)選手が高校最速の163キロを記録して話題になっていますね。

ハナハナ

高校生で163キロだなんて、ヤバすぎる・・・・プロに入るころには170キロ投げるんじゃないの?

エンゼルスの大谷選手を超える逸材として注目されていますが、どれだけ凄いのか非常に気になります。今回は佐々木朗希(大船渡)選手の家族(父親・母親・兄弟)や小学、中学時代についてまとめてみました。

スポンサーリンク



佐々木朗希(大船渡)の球速163キロの動画

佐々木朗希投手が163キロを記録した動画を見つけたのでご覧ください。キャッチャーの指が避けてしまうほどの衝撃だったそうです。これ以上早くなると、キャッチャーが危険ですね。

スポンサーリンク



佐々木朗希(大船渡)の身長・体重プロフィール

まずは佐々木朗希選手のプロフィールから見ていきましょう。

かんりにんかんりにん

まだ、wikiないようなので、それっぽくまとめてみました!

小学校3年で野球を始めたのですが、2011年の東日本大震災で被災します。中学の頃には選抜チームに選ばれて東北大会準優勝するなど大きな注目を集めます。

大船渡高校へ進学後は1年生からベンチ入り、2年の秋にはエースの座につきます。元々、玉の速い投手として注目されていましたが、1年の夏で147キロ、2年の秋は球速が157キロ、そして163キロなので高校に進学してからの約2年間でものすごく成長しています。

かんりにんかんりにん

この調子でいけば、プロに入れば170キロいくんじゃないかって個人的に思っています。

ハナハナ

大谷選手と同じ岩手県出身だし、いろいろ共通点がありそうだね。

生年月日:2001年11月3日

身長:189センチ

体重:81キロ

出身地:岩手

投打:右投右打ち

高校:大船渡高校(おおふなとこうこう)

スポンサーリンク



佐々木朗希(大船渡)選手の小学・中学時代

先ほども紹介しましたが、佐々木朗希選手は高田小学校3年生の頃から野球を始めますが、2011年に震災にあい、猪川小学校に転校します。中学は大船渡市立第一中学校に進学。中学時代には既に141キロを投げていました。

これだけの逸材なので、その名前は全国に知れわたり、全国の強豪校から声がかかっていたようですが、地元の仲間と甲子園に出たいという思いがあり、地元の県立大船渡高校に進学します。

これは、あくまでもネット情報の噂ですが、佐々木朗希選手には甲子園の強豪校・大阪桐蔭からも声がかかっていたようです。

佐々木朗希(大船渡)選手の父親・母親・兄弟の情報

これだけの体格と才能に恵まれている佐々木朗希選手ですが、親や兄弟がどのような人物なのか気になりますね。

現時点で分かっている情報では、ご家族は父と母、兄、弟の5人家族だそうです。兄は大船渡高校の野球部OBで4番を務めた選手だったようです。お兄さんの背中を見て育ったのかもしれませんね。両親や弟については詳しい情報はまだないのですが、これからメディアの注目が高くなるにつれて、家族の情報も出てくると思われます。こちらについて、詳しい情報が入り次第また紹介します!

佐々木朗希はイケメンで超話題!?彼女はいるの?

佐々木朗希選手はイケメンと話題になっています。さて彼女はいるのでしょうか?いくら注目を集めているといって、高校球児の彼女の情報がネットに出るわけありません。ただ、これだけのルックスと実力があればいてもおかしくありません。

佐々木朗希(大船渡)足のサイズは何センチ?

身長が189センチもある佐々木朗希選手。足のサイズは何センチなのでしょうか?今のところ佐々木朗希選手の足のサイズに関する情報はでてないようです。

ただし、身長と足の大きさについて医学的な根拠はないらしく、193センチの大谷選手でも足のサイズは28.5センチ。実際に測ってみないとわからないのですが、佐々木選手もおそらくそのぐらいではないでしょうか?

高校野球の歴代最速ピッチャーランキング!

さて、ここからは高校野球の歴代最速ピッチャーランキングを発表します。当ブログで調べた情報の中からランキングを作成してみました!最新の注意を払っていますが、間違っている可能性もあるのでご了承ください。m( )m

1位:163キロ 佐々木朗希(大船渡高校)

2位:160キロ 大谷翔平(花巻東高校 現:エンゼルス)

3位:157キロ 安楽智大(済美高校 現:楽天)

4位:155キロ 佐藤由規(仙台育英高校 現:楽天)

まとめ

以上、今回は佐々木朗希(大船渡)選手の家族(父親・母親・兄弟)や小学、中学時代についてもまとめてみました。

高校野球だけでなく、プロ、メジャーが注目する選手です。佐々木朗希選手の記録更新や、気になる情報があれば随時紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



■関連記事