菅田将暉・永野芽郁出演ドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」6話の見逃しや再放送を探していませんか?無料の動画はデイリーモーション、pandora、9tsuなどでも視聴できますが、危険なサイトへ誘導されたり、ウイルスに感染するリスクがあるためおススメできません。

今回は3年A組の動画6話を、デイリーモーション、pandoraよりも高画質で安全に無料で見逃し視聴する方法を紹介します。

「3年A組」を今すぐ見たい方はこちら!
↓ ↓ ↓
⇒huluの2週間無料トライアルはこちら

3年A組6話の予告動画

6話は「信じる、信じないゲーム」に注目!

「3年A組」6話の動画を高画質で安全に見逃し視聴する方法


「3年A組」6話の動画を見逃し視聴する方法を紹介しますね!

私は以前、pandora、dailymotionなどでドラマの動画を見ていました。

でも画質が悪く、広告が出てきたりして満足できませんでした。

また動画共有サイトは、無料で動画を見れますが違法動画ですし、危険なサイトやウイルスに感染してしまうこともあります。

場合によっては大事なスマホやパソコンが壊れてしまうこともあり、おススメできません。

そこで、「3年A組」5話の見逃し配信動画を見るなら、動画配信サービスのhuluがおすすめです!

Huluでは今なら2週間無料トライアルを実施中!

2週間以内に解約であれば、お金は一切かかりません。

⇒huluの2週間無料トライアルはこちら

またHuluなら、「3年A組」以外の最新ドラマや映画や雑誌、アニメなど見放題♪

2週間無料トライアルは突然終了してしまうかもしれません。
大損しないためにも、この機会に無料登録がおススメです。

⇒huluの2週間無料トライアルはこちら
Huluに登録したら検索窓から「3年A組」で検索!

3年A組の動画6話の再放送はないの?

3年A組6話の再放送はないのでしょうか?再放送については現在のところ公式の情報は出ていませんし、各地の番組表をチェックしましたが再放送の情報は見つかりませんでした。

再放送ではありませんが、民放の公式テレビポータルTverであれば、放送後一週間は動画を配信してくれるため、パソコンやスマホから見ることができます。ただし、6話の放送期間が2/17までなので、huluで見るようにしましょう。

huluは2週間無料トライアルがあるので、無料登録すれば6話を無料で見ることができます!しかも1話からまた見直すこともできます。

忙しくて時間がとれないあなたも、通勤や通学のスキマ時間を利用して見ちゃいましょう♪

⇒huluの2週間無料トライアルはこちら

3年A組の動画6話の感想

3年A組の動画6話の感想を紹介します!

感想①

柊先生のヒーロー編のはじまり。3年A組6話となりましたが、ついに生徒と先生が一体となりましたが、今回は、自殺した生徒を追い込んだ犯人は、生徒ではなく、先生達の中にいると言うことで、先生の中から、犯人が名乗りを上げなければ、教室を爆破するという柊先生にたいし、信じるか信じないかを生徒達に問いかけるというお話でした。生徒の一人で水泳部の女の子が、あるひとりの水泳部顧問の先生に恨みを持っていて、その先生が、私を追い込んだように影山麗奈を自殺に追い込んだのだと、ネットに投稿して、その先生をネットにさらそうとしました。実際には、先生は、生徒の身体の病気のこと思って水泳部を辞めさせようとしたのですが、生徒には伝わらず逆恨みされることになりました。
生徒の一人の発言は、先生を追い込み、さらに家族を追い込み周りのことを不幸にするというところで、何をするにも軽率な行動はせず、よく考えて行動しろというところで、共感して涙してしまいました。今の世の中に訴えているそんな話だなと、思いました。

(男性 40代 岐阜県)


感想②

3年A組の6話の感想ですが、今まで以上に熱かったと思います。最初にヒーローが出てきたり、前回味方になったかと思わせながら、今回は教室を爆破すると言ったり、とにかく前半は話が見えませんでした。
セクハラ、パワハラの酷い先生だと思われていた坪井先生が、本当は少し不器用だけど生徒想いの良い先生だったということ。
その坪井先生を動画で陥れようとした生徒を柊先生がもの凄い勢いで攻め始めたこと。
犯人捜しとはちょっと関係ありませんでしたが、熱い青春ドラマのようで心に響くものがありました。
そして終盤の柊先生のひと言。
動画の編集を依頼したのが武智先生の仕業だと思わせるような意味深な言葉だったので、ますます訳が分からなくなりました。
この訳の分からない展開こそが、このドラマの最大の魅力だと思って観ています。(男性 50代 神奈川県)


感想③

3年A組6話は第2部ということであり、今宵のエピソードは非常に重要な内容となっており、今まで謎であった要素が次々に改名するという重要なパートだらけの今回はとても閃光が走ったかのような衝撃のオンパレードでありました。突如景山の映像とともに流れてくる謎の特撮ヒーローのシーン、里見達犠牲者5人を選んだ真実の理由、SNSを通じて動いた柊と教師のポテンシャルの位置といろいろ変化や解明があり2部のスタートにふさわしい内容となっていました。特に茅野が気がついた真偽の区別は稲妻に打たれたかのような衝撃はもはやこのドラマを謎とく重要なカギであり、次回からのドラマが楽しみになってきました。あらかた判明したものの、未だにわからないのが相楽と柊のメッセージについては未だに謎であり、それを追ってのドラマのストーリー解明も物語を楽しみなる重要なコンフィグであり、次が待ち遠しいエピソードでした。

(男性 30代 群馬県)


感想④

3年A組 6話の感想は、生徒を自殺に追い込んだ教師が誰なのかが遂に絞り込まれるという核心に迫るところ。このストーリーのもやもやした部分が徐々に晴れていく感覚と、まだ不透明で全く分からない部分が残っている状態が入り混じっていて、早く次の展開が知りたいという気持ちにさせる。特に、刑事が柊の過去を知る人物へ聞き込みを行った際、柊の立てこもりに関わっている(協力している)意外な人物が居ることも発覚するシーンは、まさかそこが関わっているのか、という思いがけない展開であった。なぜその人物が関わっているのかは明らかにされないが、柊自身も、「真の目的は、犯人を見つけ出すことのその向こう側にある」というような意味深な内容の言葉を発していて、どのような意図で生徒を人質に立てこもりを続けているのか、想像しながら次の展開を予想するのが面白かった。

(女性 30代 大阪府)


感想⑤

ドラマ「3年A組」の第6話、期せずして最近のバカッターやバカスタグラムと揶揄される若者の軽率な動画投稿に釘を刺すお話になりましたね。そう、高校生や大学生――アルバイトができるくらいの歳にもなって「この動画を投稿したらどうなるのか?」と考えられない、想像できないというのはダメなんですよ。ゴメンナサイで許されるレベルの話じゃないのだと、行動を起こす前に自分で気づけなければいけないんですよね。そうした事は普通に生活していれば自然と分かってくるものなのだと思いますが、実際におかしな動画が投稿されまくっている現状を見ると、そこが分かっていない人もやっぱりいるわけです。そんな人達に今回の一颯先生の叫びが届いてくれるといいと願うばかりです。

(男性 30代 奈良県)


感想⑥

3年A組の生徒たちは真実を知ってから立てこもり生活も安心していたのにまた怖い思いをして大変だと思いました。しかしさくらだけは一颯のヒントをきちんと聞いていて分かっていたので流石だと思いました。周りに言わなかったことも自分たちで気づいてほしいという一颯の気持ちを理解してのことだったので素敵な子だと思いました。涼音が元水泳部だったのには意外でした。坪井先生も今まで厳しい先生だと思っていましたが、自ら悪役になってとても良い先生だと思いました。坪井先生がバッシングを受けないようにきちんと投稿を止めていて良かったです。私は前回から武智先生が犯人だと予想していたので一颯の武智先生と言ったときは予想が当たって嬉しかったです。早く続きが見たくなるような6話でした。面白かったです。

(女性 30代 新潟県)


感想⑦

「3年A組」は毎回楽しみに見ていますが、第6話はまた先生の中に犯人が居るという新たな展開を迎えたことでこの先どうなるんだろうと思ってドキドキしっぱなしでした。ただ先生たちの疑心暗鬼もさることながら、今のネット社会の闇の部分を考えさせられる内容だったと思います。特に昨今のSNSへの動画投稿を遠回しに怒られているような気がしました。教師による立てこもりという重いテーマを扱っていながらバトルロワイヤルなどの救いようのない内容ではなく、毎回何かしらのメッセージを社会に投げ掛けているドラマだと思います。それが今回は特にタイムリーだったので、身に詰まされる思いがしました。でも少しずつ真実が繋がって来ているので、次回も楽しみにしたいと思います。

(女性 30代 福島県)


感想⑧

3年A組6話の感想です。一颯本人が「ヒーロー編」と言っていましたが、まさにそんな感じ。今回はこれまでとは流れが明らかに違いました。ただの「犯人」「悪者」扱いされていた一颯がベルムスの顧客リストを投稿してから急に「ヒーロー視」されるように…。ちょっとした一言で風向きが変わったり炎上したりと、フォロワーが右往左往する姿はまさに現代のSNS社会の縮図といった感じがします。
今回は水越が、自らの誤解で坪井先生が犯人かのような動画を流すという行動を取ってしまい、それを一颯に激怒されるといった内容。1人の軽はずみな言動が、1人の人間を死に追いやる程の影響力があるんだという事、それを頭に叩き込んで行動しろという一颯の力説に心動かされるものがあります。水越は今回胸ぐら捕まれたりしてトラウマになりそうな程一颯に執拗にお説教されていましたが…あれがまたよかったです。ついでにテレビを視聴している若者にも現実的な話として伝わったのではないでしょうか?

(女性 40代 神奈川県)


感想⑨

第6話の展開が気になって仕方がなかったのでやっと見ることができて幸せでした。今回は今までと違い既に生徒達が柊先生サイドについているという事で、生徒と協力して犯人を見つけるという展開を予想していたのですが、予想に反してあくまでも生徒達への授業というスタンスで驚きました。そして柊先生の3年A組の生徒達への愛情がとても伝わる内容でした。SNSへの浅はかな投稿は周りの人生をどれだけ壊すものか、という部分は今まさに現実で問題になっている話で、水越さんを叱る柊先生のセリフは深く考えさせられました。菅田将暉の迫真の演技は見てるこっちがドキッとするほどで、演技でもあの勢いで怒られたら女の子なら怖いだろうなぁと思いました。少しずついろいろな事が分かって来ていますが、次週はまさかの武智先生が黒幕疑惑にあがる回。更に目が離せなくなりました。

(女性 20代 長野県)


感想⑩

6話は教師の中に半ぐれ集団にフェイク動画を撮らせるように指示した人がいる。その指示をした人を見つける話であった。3年A組の生徒達の中では坪井先生が指示をしたのではないかという結論になった。坪井先生が水泳部の一人をやめさせたという話が出たがその時「うわー、ひどいな!そんなことでやめさせるのか」と思った。でも、それは後に誤解があることがわかった。しかし、病気だからやめさせたにしてもその言い方、やり方は駄目だろうと思った。この誤解がとけたあと、柊一颯は女生徒にたいして怒りを見せた。このときの演技は凄かったというか少し引くレベルだった。演技はすごく上手で菅田将暉さすがだなとおもった。でも、ドラマとしては女生徒にたいしての怒り方がヤバかった。柊一颯は秒気持ちみたいなので、これからどうなるかすごく気になる。

(女性 20代 大阪府)


3年A組の動画6話のネタバレ

ここからは3年A組の動画6話のネタバレを紹介します。

犯人は教師の中に

SNS・マインドボイス上に3年A組担任・柊(菅田将暉)が動画をあげた。

その動画内で、柊は景山澪奈(上白石萌歌)の死の真相を探っていることを切り出し、魁皇高校教師の中にその犯人がいると告白。

柊は3月5日の新聞と一緒に、生徒全員を写真に収め、生徒が誰も死んでいないこともマインドボイス上で明かした。『ヒーロー編、開幕!』柊は1人PC前で、声高らかに宣言した。

翌日、3月6日。柊の授業が始まった。

柊『今朝、これをSNSに投稿したのは誰だ?』

SNS上に柊がこれまでに生徒を騙すために使った撮影用小道具の写真がアップされていた。

フォロワーを増やす目的でSNSに投稿したのは結城美咲(箭内夢菜)だった。今後勝手な行動をしないように忠告した。

犯人が教師の中にいるのか?そうであれば誰なのか?教師らが騒然とする中、柊から電話がかかってきた。

柊『課題を与えようと思います!』

景山のフェイク動画作成を依頼した犯人が今夜20時までに名乗りを上げなければ、教室ごと爆破すると柊は脅迫する。

電話を切った柊に、教室を爆破するというのは嘘だろう?と怯える生徒たち。

柊『勘違いするなよ。俺はお前たちと仲間になった覚えはない

協力して欲しいと言ったのは、真実を明らかにするために、命を差し出して欲しいという意味だと話す。

柊はやはり携帯をもたせておくのは危険だと言い、生徒の携帯とカバンを回収した。

携帯とカバンが入った袋を教室の外へ運び出す柊。手伝いを申し出た結城は、こっそり自分の携帯を袋から取り出していた。

美術準備室で柊は、元教師・相楽文香(土村芳)の動画を再生した。

動画の中で、文香は『きっとベルムズに頼んだんだと思う。前に聞いたことあって、あの人から・・・』と語るのだった。

3年A組では、茅野さくら(永野芽郁)の司会進行で犯人教師の追求が始まっていた。

話し合いの中で体育教師で水泳部の顧問・坪井(神尾佑)が犯人ではないかという話が浮上する。

特に、元水泳部で、坪井とのトラブルで退部した水越涼音(福原遥)はさも坪井が犯人であるかのような話をした。

水越には坪井に退部されられた過去があった。

部活を休んで、中尾とデートしていたことがばれたからだ。他の部員の前で中尾とのデート写真をばら撒かれていた。

坪井「明日から、練習に来なくていい」

1人トイレで過去を思い出す水越の前に、結城がやってきた。スマホを持っていた結城はあわてて隠す。

水越『ばれたらまずいんじゃないの?』

結城『誰にも言わないで!』

水越『なら、私の言うこと聞いてくれる?』




水越の告発動画

茅野が夕飯を取りに行くと、柊が女子トイレを監視していた。結城がスマホで、水越を撮影している。水越は坪井が犯人に違いないと語る。

撮影が終わると、水越は動画をマインドボイスに投稿するように依頼。

ためらう結城

水越『フォロワーも増えるよ?』

美術準備室。見逃してもいいのか?坪井が犯人なのか?茅野は柊に質問した。

柊「質問が多すぎる、一つに絞れ」

茅野「先生の目的は?・・・」

柊「俺の目的はその先だ」

茅野『先生のこと、信じてますから

その頃、郡司真人(椎名桔平)と宮城遼一(細田善彦)は、かつて柊が所属していた事務所へ聞き取りに。

柊は悪役を演じていたらしいが、好青年で、正義感の強い青年で事件を起こすような人物ではなかったととかつての共演者は語る。

柊が筋が良かったことから、次の作品で主役を譲ろうと思っていたが、柊にガンが発覚したため、それをきっかけに、当時の彼女だった文香と同じ教師を目指したと語る。

また、文香の父・相楽孝彦(矢島健一)が事務所の社長であることが分かった。また最近、相楽名義で火薬や造形物の作成を依頼していることがわかったことから、相楽が柊の協力者であることを察するのだった。

夜になり、柊が教室へ入ってきた。

柊『水越、お前が投稿した動画、すごい反響だぞ』

ネット上は坪井への批判で、炎上しているらしい。

柊がネット電話で話したいと要求してきた。それを受け、教師たちは苛立っている。

そんな中、いつも冷静な3年B組担任・武智(田辺誠一)に、『あなたはずいぶん冷静なんですね?』

と問いかける捜査一課・五十嵐徹(大友康平)

武智「あんな顧客リスト、証拠にはならない」




明かされた真実

そんな中、柊からネット電話がかかってきた。水越が坪井が犯人だろうと追求する。

『私を追い詰めたように、澪奈にも同じことしたんでしょう!?たった1日、病院に行っただけなのに、なんで私から水泳を取り上げたの!?』

水越が涙ながらに訴える。

水越『私がなびかないから切ったんでしょ!?』

校長『それは違います』

本当のことを告げるべきだと校長は坪井に告げる。

坪井『確かにお前は誰よりも努力していた』

坪井は水越の努力を認め、それがいけなかったと語り始めた。

坪井『お前が練習を休んだ日、お母さんから連絡があった』

坪井は、水越の母に頼まれ一緒に、主治医の話を聞いていた。

水越は運動が原因の致死性不整脈と診断され、このまま激しい運動を続ければ死に至る可能性があることをいしから告げられていた。

母から娘に水泳を諦めるよう、説得してくれと言われ、坪井は退部するように厳しく接していた。

坪井『俺にはああいうやり方しかできなかった。本当に申し訳なかった』

水越『私のためだったっていうこと?なんで今更、そんなのってないよ』

水越は泣き崩れた。

柊は、突然ネット電話を打ち切った。

柊『今の話を聞いても、坪井先生を疑うのか?』

今更どうしようもないと肩を落とす水越。

柊は坪井を糾弾する動画は本当はネット上に投稿されていないと明かす。結城が動画を上げる前に、柊が止めていた。

水越『よかった・・・』

柊『何が良かっただ?この動画が世間に広まれば、坪井先生がどんな目にあったのか、考えたのか?お前は取り返しのつかないことをしようとしたんだ!』

動画は広まっていなかったのだから、いいじゃないかと生徒たちから声が上がった。

柊『お前ら、いい加減に変わってくれよ!』

本質から目を背けるなと生徒たちに向かって、柊が声を荒らげた。

柊『お前たちはもう感情に任せて、過ちを犯せる年代じゃないんだよ!』

柊はもっと自分の行動に責任を持てと続けた。

自分の感情と言葉一つで、傷つく誰かがいること、自分の行動はその誰かの命を簡単に奪えるくらいの力を持っていることを絶対忘れるなと柊はいうと、教壇に戻り、ネット電話を再開する。




犯人の正体は?

柊『いや〜みなさんのおかげでいい授業ができました!でも約束は約束です。今から教室を爆破します』

柊が教室から出て、カウントダウンを始める。しかし、教師は誰も名乗り出なかった。

柊『残念です・・・』

次の瞬間に爆音が鳴り響いた。

教師も警察たちも表へ走り出た。しかし、爆破されたのは隣の3年B組の教室だった。

柊『生徒を見殺しにしてまで保身に走ったあなたたちを世間はどう思うでしょうか?』

3年A組の教室では、生徒たちから不可解な柊への不満の声が上がっていた。しかし、茅野は柊はちゃんとヒントをくれていたと話す。

朝の授業で、柊は『信じる、信じないゲームを始めよう。眼鏡をかけているときは信じろ。眼鏡を外しているときは信じるな』と言っていた。

あれは、眼鏡をかけていないときの自分の言葉を信じるなという意味で、つまり教室を爆破すると柊が言っていた際、柊は眼鏡を外していたことから、本気ではないということを意味していたのだと茅野は明かす。

校内放送で柊が語りかけた。

柊『とうとう追い詰められましたよ、hunterさん。・・・いや、武智先生

⇒huluの2週間無料トライアルはこちら

3年A組6話のあらすじ

見逃し視聴を見るまえに、あらすじをチェックしておきましょう。

澪奈(上白石萌歌)を死に追いやった動画の作成を半グレ集団・ベルムズに依頼した悪の根源は、なんと魁皇高校の教師であるという疑惑が沸き立つ。様々な憶測が飛び交う中、一颯(菅田将暉)は自身を撮影した動画をSNSに投稿し、さらに3年A組全生徒の生存が確認出来る写真をアップロードする。生徒殺害の疑惑は消え去り、ますます一颯の狙いが分からなくなる世の人々。と、世間では一颯が実は澪奈の死の真相を暴こうとしているヒーローではないかという意見が生まれ始める……。

一方、死の恐怖から解放されたと思っていた生徒たち。だが一颯は教師陣に向かってフェイク動画の作成を依頼した人物に名乗り出るよう要求した後、夜8時までに名乗りでなければ教室を爆破すると宣言。驚くA組生徒たち。話が違うと責め立てる生徒に向かって一颯はいつもと変わらぬ表情で、その覚悟が揺らがないことを話し、再び携帯電話などの通信手段を回収し始める。事件初日と同じ光景に戸惑いの空気が流れる教室。と、さくら(永野芽郁)だけがあることに気付き―――。

出典:「3年A組」公式サイト

以上、3年A組5話の動画を高画質で安全に見逃し視聴する方法

話を高画質で安全・安心で見逃し視聴する方法

を紹介しました!

⇒huluの2週間無料トライアルはこちら

*本ページの情報は2019年2月時点のものです。最新の配信状況は huluサイトにてご確認ください。

■関連記事
⇒3年A組のドラマ動画【5話】見逃し無料視聴!dailymotion/pandora/9tsuは超危険?

⇒3年A組のドラマ動画【4話】見逃し無料視聴!dailymotion/pandora/9tsuは超危険?

⇒3年A組のドラマ動画【3話】見逃し無料視聴!dailymotion/pandora/9tsuは超危険?

⇒dele (ディーリー)ドラマ【最終回8話】フル動画を見逃し配信で視聴する方法