「西郷どん」39話(父、西郷隆盛)が放送されました。ついに最終章に突入!ますます見逃せなくなってきましたね。

見逃して1週間後の再放送まで待てず「西郷どん」39話の動画を見逃し視聴できる方法を探しているようです。

西郷どんの動画はデイリーモーション、pandoraにアップされてたりしますが、広告が出たり画質が悪かったりします。違法動画で危険なのでオススメできません!

今回は、「西郷どん」39話を見逃した方にオススメの見逃し視聴方法を紹介します。

「西郷どん」39話を今すぐ見たい方はこちら!
↓ ↓ ↓
⇒西郷どんの動画を今すぐみる

西郷どん39話の予告

西郷どんの動画39話を再放送よりもお得に見逃し視聴する方法!

西郷どんの動画39話を、再放送よりもお得に見逃し視聴する方法を紹介しますね!

私は以前、pandora、dailymotion「西郷どん」を見逃したときに再放送まで待てずに違法にアップされた動画を見ていました。

でも画質が悪く、広告が出てきたりして、イライラしてました(-‘д-)

これらの動画共有サイトは、無料で動画を見れますが、違法動画です。しかも危ないサイトに誘導されてしまう恐れがあります。

動画を見ることも違法になってしまうこともあるので、おススメできません!

そこで、西郷どん第39話の見逃し配信動画を見るなら、動画配信サービスのU-NEXTがおすすめです!

U-NEXTでは最大31日間無料トライアルを実施中!

31日間もあれば、過去の人気ドラマも無料で一気見することもできちゃいますね♪

また再放送も見逃がしてしまった時に、見れるので安心です!

無料期間中に登録して、31日以内に解約であれば、お金は一切かかりません。

>>>U-NEXTの31日間無料トライアルはこちら

またU-NEXTなら、西郷どん以外の最新ドラマや映画や雑誌、アニメなど見放題♪

31日間の無料トライアル期間を利用しないなんて本当にもったいないです。
今すぐ無料登録がオススメです!

>>>U-NEXTの31日間無料トライアルはこちら

*「西郷どん」は見放題対象作品ではありませんが、無料登録時にもらえる600ポイントを利用してみることができます。
*すぐ登録できない方はあとで「あの方法なんだっけ?」となってもいいようにこのページをブックマーク(お気に入り)してくださいね♪

西郷どん39話の再放送よりもU-NEXTでの見逃し視聴がオススメな理由

西郷どん再放送は毎週土曜日の午後1時5分から放送されますが、約1週間待たなければいけません。U-NEXTなら放送当日の午後9時から配信なので、すぐに見ることができます。また再放送は土曜日なので、お出かけしていてうっかり見逃してしまうこともあります。

再放送を見るチャンスは一回しかないですからね。でもU-NEXTならスマホで見れるので通勤・通学中や外出先でも見れるので便利です♪

U-NEXTの他にも見逃し配信サイト「TVer」を思いつく方も多いと思いますが、「TVer」は民放ドラマが対象のためNHKのドラマは見ることができません。

「西郷どん」の他にも民放ドラマを多数配信しているので、U-NEXTの「31日間無料トライアル」キャンペーンがオススメです。

>>>U-NEXTの31日間無料トライアルはこちら

西郷どん39話の感想を紹介!

ここからは視聴者の方から寄せられた「西郷どん」39話の感想を紹介します!

感想①

西田敏行さんが出演されるとは聞いていましたが菊次郎役とはびっくりでした。
新政府は殺伐としてますね。
大久保と木戸孝允の関係が全てだと感じました。「無駄な反乱」と言うより2人の緩衝剤のような感じな気がしてしまいました。
信吾も従道と名を改めて立派になってましたね。年月の流れを感じましたが、利通と従道の「兄さ?」や「吉之助さ?」の呼び方が変わらなくてホッとする部分もありました。
従道は弟ゆえの大役でした。
糸に対しては静かな口調でしたが使命感の湧いた強い思いの隆盛に思えました。
糸の菊次郎をいちばんに思う気持ちが素敵だと感じましたが菊次郎が誰よりも大人に見えました。愛加那の隆盛を尊敬し、語り続けてきた姿がしっかりと菊次郎にも伝わってるなと思いました。
山のよう、とはよく表現としても聞きますが「桜島」は確かに今までの隆盛を見ているとぴったりだなと思ってしまいました。
菊次郎がそのまま「今日はここいらで?」となるナレーションがすごくいい演出でした。

(男性 40代 福岡県)

 

感想②

大島から菊次郎がやってきました。
順番から言えば、西郷隆盛の長男ですが、島の女性との間の子供ということで嫡男にはなれません。

菊次郎は非常に聡明で賢い男の子だと思いました。
母親の愛加那の言いつけを良く守り、とても良い子に育っていると思いました。

両親が素晴らしい人なので、菊次郎もそれを受け継いだのでしょう。
今回は菊次郎が京都市長に就任し、そこで自分の過去を話すという展開でした。

それにしても西郷隆盛がますます恰幅が良くなり、本物とても似ていると思いました。
これから新政府を作り上げていくわけですが、かなり困難な状況が待ち受けているようです。

これからも楽しみに観ていきたいです。

(女性 50代 新潟県)

 

感想③

イトさんとアイカナさんの会話がとても良かったです。
お互いに頭を下げて私だったら絶対に無理と思いながら観ていました。西郷さんを巡ってはライバル同士みたいな関係のはずなのに素晴らしい2人だと感じました。
イトさんは菊二郎を引き取り育てる。
アイカナさんは大切な息子を手放す。どっちを取っても耐えられない事だと思います。
シンジはいつ結婚して海外に行き帰って来たのか?
急な転回に驚きました。
西郷さんが一件一件戦の為に亡くなった家を訪問し手を合わせ頭を下げ、回って歩いた事も素晴らしいと思いました。なかなか出来る事ではないと思い観ていました。”

(女性 40代 北海道)

感想④

維新で命を落とした者の家にお参りをしていたなどは知らなかったので、西郷さんの人柄が伝わってきて良かったと思います。
そして大島から鹿児島に連れてきた菊次郎を受け入れた糸の優しさが伝わりました。出来れば菊次郎を何故鹿児島に連れて来ることになったのかを描いて欲しかったです。
また新政府が維新の後なかなか政治が上手くいかない現状への葛藤が描かれていて、とても興味深いと思いました。
しかし、今回は少し地味な感じがしました、ストーリーが進んでいく感じがあまりしませんでしたが、次回は西郷どんが東京に行くので面白そうだと思います。

(男性 30代 福岡県)

感想⑤

始まりの、西郷菊次郎が京都市長になったとこから父を回想するシーンが印象的でした。大河ドラマでは珍しい気がします。菊次郎にスポットを当てたことにより、これから父としての西郷隆盛の姿も見ることができるのかと楽しみになりました。息子から見た西郷隆盛の姿が、戦いを終えた新しい西郷の人柄を映し出していた気がします。新しい時代を築くために動き出す、西郷の背中を押した息子の場面が感動的でした。糸とアイカナが対面するシーンや、菊次郎が鹿児島に来たシーンなど、家族の想いが詰まった回だったように思います。教科書に載っているような時代の出来事だけでなく、みえない家族の想いに触れることができて良かったです。

(女性 30代 愛知県)

 

 

感想⑥

良かったなと思うシーンは奄美大島で3番目の糸さんと2番目の愛加那が直接面会するシーンです。このとき2人が菊次郎を薩摩で暮らさせるためにお互いが謙遜的に話していたからです。ですが愛加那が島から出ていけないで菊次郎とほぼ会えなくなると思うと目頭がジーンとくるような気持ちになりました。と同時に2つ目によかったなと思うシーンはその2人が奄美大島の方言と薩摩の方言でしゃべっていたことです。そのやりとりで方言を聞き比べたのですが、奄美方言は理解できそうな気もしたものの、録画を何度も見ないとやはり難しいなと思いながら視聴していました。他では冒頭のシーンがよかったです。というのはこれまでにない予想外のシーンが登場して老いた菊次郎が親父を思い出して話してたからですが、最初の部分で歴史家の磯田氏も少ないセリフながら登場したからです。

(男性 40代 岡山県)

感想⑦

今回の西郷どんは、いつもと違い、西郷隆盛の息子、菊次郎の子供時代の様子や、菊次郎から見た父の姿を描いており、新鮮な感じを受けました。
菊次郎が、生まれ育った奄美大島を離れて大家族の西郷家に一人だけで入る時、さそがし心細かったであろうと思われますが、西郷家の人達が温かく受け入れようとする様子に、心が和みました。菊次郎は、長男の席を勧められても座らないなど、節度ある態度を貫き、吉之助が、菊次郎に遠慮なく東京へ行けるよう進言するなど、とても芯のしっかりした子供だったのだと感銘を受けました。また母の愛加那から、長男だけど嫡男ではないと言い聞かされて育った事や、昔、吉之助が大島を出る時にはその妻であった、愛加那を連れて鹿児島へ行けなかった場面などを思い返し、つくづく島と本土との身分の差があった事を思い知らされます。次回は、新政府が廃藩置県を成功させ、一度は改善されていた吉之助と島津久光との関係がまた悪化するのだろうかと、心配の種は尽きませんが、楽しみでもあります。

(女性 40代 兵庫県)

 

 

感想⑧

菊次郎君が父西郷隆盛を見ながら、まるで父の背中を見て育つように父を受け入れ、母を受け入れていく感じがよかったです。
糸さんの、菊次郎君を思い西郷さんが東京へ行くのを引きとめた思いが菊次郎君に伝わってよかったです。
菊次郎君はかっこよかったですね。ただ、あいかなさんの子供を薩摩へ送る思い、糸さんの受け入れる思いも二人の会話で伝わってきてよかったです。
今日から、菊次郎さんがナレーションをしているという事があかされたのは驚きでした。
天の声のような感じでナレーションを聞いていたのが、実は息子であり、菊次郎さんの目線ということが驚きでした。
これから長男でなく、ちょっと複雑な次男の目線に映る西郷隆盛がどんなふうにえがかれるかたのしみです。

(女性 40代 岐阜県)

感想⑨

いきなり京都市長、そして西田敏行さん登場でまさかの菊次郎とは驚きました。明治維新のあと、政治からは退き鹿児島と名を変えた薩摩で穏やかに西郷は暮らしていましたが、やっぱり隠居とはいかず、大島の菊次郎を呼び寄せたり、話が冒頭10分くらいでぐんぐん進んでまた驚きました。さらに、オープニングが変わっていて再度の驚きです。しかも、恰幅のよくなった西郷と大久保利通がすれ違う。歴史は知っていても、明治編に入ったと実感しました。そして久しぶりに愛加那さんの登場と、急展開過ぎましたが、西郷のかわりに迎えに行った糸さんの心中が複雑だろうなと思いました。

(女性 30代 兵庫県)

 

 

感想⑩

明治時代に突入し、出演者の服装から髪型からいきなりガラリと変わり、新鮮さを感じました。また、語り手の西田敏行さんが、のちの京都市長・西郷菊次郎だったということが判明し、この新章からは「第3者の目線から見た西郷隆盛の生き様」という感じが出ていました。大島では、ついに愛加那と糸が対面を果たしますが、さすが西郷隆盛が愛した2人の女性、両者とも肝が据わっていてなかなかの圧巻です。また、菊次郎役の子役の演技がとても愛らしく、早く西郷家に馴染んでほしいと応援したくなります。気になったのは、岩倉具視と大久保利通の会話の中で、大村益次郎が暗殺されたと出てきたところです。「あれ?大村さんいつの間に誰に殺されたの??」と疑問でした。展開の速さにいささかついていけないところがありました。

(女性 20代 青森県)

 

 

感想⑪

菊次郎を呼びに糸が奄美大島まで行き、愛かなと会った場面がとても印象的でした。愛かなと糸のやり取りが、二人それぞれの感情を考えると切なく、でも未来を感じて良かったです。愛かなは菊次郎と離れたくないけれど、菊次郎の将来を考えたら島に残るよりも父親のいる鹿児島で育った方が良いと考えて辛くても糸に頭を下げ、糸は旦那様と別の女性との子供を旦那様のために自分で育てる覚悟を持って迎えに行く、今の時代には考えられない辛い現実だと思いました。
西田敏行がこれまでナレーションでしか出演していなかったが、今回菊次郎の未来の姿で登場したのも面白かったですし今後がますます楽しみです。

(女性 30代 兵庫県)

 

 

感想⑫

今までのナレーション西田敏行さんが西郷菊次郎として登場、部下に父・吉之助について語るという珍しい始まりでした。この時代はやはり本妻や嫡男の問題が色々あったのだろうなぁという展開。愛加那と糸が会うシーンはなんだかはらはらとしてしまいました。
しかし、やはりなんといっても鈴木亮平の役作りがすごいです。急にずっしりとした体になって、もうすでに私たちがよく知る西郷隆盛の姿に!痩せてた頃がほんと若く見えるので役作り大成功かと思います。いよいよ舞台は明治の世、誰が暗殺されるとか切腹だとか判る分、ほんとに辛いですが、西郷どん楽しんでみています

(女性 30代 高知県)

 

 

「西郷どん」を1話からまとめて視聴できる「U-NEXT」がオススメです♪

>>>U-NEXTの31日間無料トライアルはこちら

西郷どん39話を見る前にあらすじをチェック!

見逃し視聴を見るまえに、あらすじをチェックしておくと、
西郷どん39話の内容が理解しやすくなります。

明治2年、隠居し薩摩で穏やかな日々を過ごしていた西郷隆盛(鈴木亮平)は、奄美大島から9歳になる息子・菊次郎(城桧吏)を薩摩に引き取る。しかし、菊次郎は継母となった糸(黒木華)とその息子・寅太郎にも遠慮し心を開かない。一方、明治新政府は版籍奉還など急激な改革を進め、不平士族や農民たちの反乱が各地で起こっていた。そんな時、大久保利通(瑛太)は従道(錦戸亮)に、隆盛を上京させるよう説得させる。

出典:「西郷どん」公式サイト

西郷どんの動画39話を再放送よりもお得に見逃し視聴する方法!まとめ

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

いかがでしたでしょうか?

今回は、西郷どんの動画39話を見逃し視聴する方法と感想を紹介しました!

安全・安心で高画質な見逃し配信を楽しんでくださいね♪

>>>U-NEXTの31日間無料トライアルはこちら

*本ページの情報は2018年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。