ついに織田裕二さん主演の月9ドラマ『SUITS/スーツ』の1話が放送されましたね。もしかして1話を見逃して無料視聴できる方法を探していませんか?無料動画はdailymotionやpandoraなどにもアップされていますが、画質は悪いし危険なのでおススメできません!

でも大丈夫!dailymotionやpandoraよりも綺麗で安全に動画を見る方法が実はあるんです。

今回は『SUITS/スーツ』の1話の動画を無料で安全に視聴できる方法を紹介します♪

ここから安全でCMのない高画質な動画が、今なら無料で見れますよ!

↓ ↓ ↓

⇒FODプレミアム1か月間無料お試しはこちら!

『SUITS/スーツ』1話の予告!

『SUITS/スーツ』1話を無料で安全に見逃し視聴する方法

『SUITS/スーツ』無料動画1話を、安全に見逃し視聴する方法を紹介しますね!

私は最近までdailymotionやpandoraなどでドラマの動画を見ていましたが、画質が悪く、広告が出てきたりして、正直不満でした。

また、怪しいサイトに飛ばされたりして怖い思いもしました。

dailymotionやpandoraにアップされているドラマ動画は、全て違法動画です。

そこで、『SUITS/スーツ』第1話の見逃し配信動画を安心安全に見るなら、フジテレビ公式の動画配信サービスの「FODプレミアム」がおすすめです!

「FODプレミアム」では今なら1か月間無料お試しを実施中!

⇒FODプレミアム1か月間無料お試しはこちら!
他にもFODプレミアムならフジテレビの人気ドラマが一気に見れちゃいます♪

私も無料期間中に登録して、1か月以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

完全無料で見れました!

今なら『SUITS/スーツ』1話から最新話まで一気に見ることができます!

⇒FODプレミアム1か月間無料お試しはこちら!

*Amazonアカウントを使って登録するだけで1か月無料!

登録したら、FODの公式サイトから『SUITS/スーツ 』で検索!

今すぐ登録できない場合は、このページをブックマーク(お気に入り)しておくと、あとで「あの方法なんだったけ?」となっても安心です!

『SUITS/スーツ』1話のネタバレ

『SUITS/スーツ』1話のネタバレを紹介します!

エリート弁護士と天才フリーター

『もういい。おたくとの契約は今日で解消させてもらう』

幸村・上杉法律事務所を訪ねたある会社の社長・鈴木大輔は顧問弁護士の甲斐正午(織田裕二)に会いたいと苛立ちを募らせるが、甲斐とは連絡が取れない。席を立とうとした時、被害者の社員側の弁護士・木示屋がやってきた。連絡にようやく気づいた甲斐も駆けつける。

被害を受けた社員・梅宮茜は鈴木からの叱責が原因で、PTSDを患ったと主張していることを木示屋が説明する。しかし、甲斐は茜がライバル会社・AIトラストと通じて、鈴木をはめようとしたと主張。

実際、茜はAIトラストの関連企業で就職していて、病を患っているとはとても思えない。その証拠として、甲斐は茜がAIトラストに送ったというメールを提示した。

甲斐『記事止めてもらえますよね?』と笑顔で確認。

木示屋は負けを認めた。

司法試験の試験会場。受験生であるフリーター・鈴木大貴(中島裕翔)に不信感を持った監督員が『ちょっとそのメガネ、外してもらえます?』と声をかける。しかし、機転を利かせた女性が大きな声を上げたため、大貴は危機を逃れた。

大貴は替え玉受験を依頼されていた。さっきの試験会場にいた女性は浪人生の恋人らしい。満点は疑われるため、多少手を抜いたと大貴が言ったため、浪人生に殴られ、報酬を受け取ることができなかった。

替え玉受験の話を持ってきた悪友・谷元遊星(磯村勇斗)にことの顛末を語った大貴は、遊星から呆れられてしまう。

遊星『でかいビジネスを始めようと思っている。お前にも稼がせてやるから』

翌日。出勤した甲斐に、早速チカから呼び出しがかかる。甲斐は、昇進話に違いないと確信し、チカのオフィスへ向かう。

しかし、チカはアソシエイトをつけること交換条件として提示した。

甲斐『アソシエイトなんて必要ないですよ』

チカ『なら、昇進はない』

バイト中の大貴に遊星から電話がかかってきた。

遊星『お前のばあちゃん、部屋の階段から落ちたって』

静岡の病院へ駆けつけた大貴は、施設に入所することを勧めるが、祖母は聞かない。

祖母『あんたは神様からものすごい脳みそ授けられてんだ。無駄にしちゃいかん!』

祖母を東京へ呼び寄せるためにお金が必要になった大貴は、病院を出た直後、遊星に電話した。

面接会場

甲斐のアソシエイトの面接会場。面接へはハーバード大やエール大卒の粒ぞろいのエリートばかりだが、これだという人物が見つからない。

ちょうど同じ頃、大貴は遊星からスーツケースを預かった。これをホテルで指定された人物に渡すだけで、100万円を支払うという条件だった。しかし、中身が気になる大貴。

大貴『マジでやばい気がしてきた・・・』

トイレに駆け込んだ大貴は、スーツケースを開けてみる。

大貴『マジで・・・?』

実は遊星には多額の借金があり、一発逆転を狙って薬の取引に手を出そうとしていたが、今回遊星が大貴を送り込んだ取引は、警察の囮(おとり)捜査のようだ。

大貴は指定された部屋があるフロアにやってきた。廊下には工事業者と客室係らしき人物がいた。大貴はこの2人が警察関係者であることを確信し、非常階段から逃走した。

慌てた大貴がとある部屋へ駆け込むと、そこは甲斐のアソシエイトの面接会場だった。

面接を受ける1人と勘違いされ、甲斐は大貴を面接室へ。すると、その時、大貴のスーツケースから大量の札束がこぼれてしまう。

甲斐『事情を聞かせてもらおう』

甲斐はソファーに深く座り、笑みを浮かべるのだった。

祖母の施設の入居費用を稼ぐため、運び屋をやらされたという事情を話した大貴。

甲斐『俺が弁護をしてあげようか?』

大貴『結構です。法律の知識はあるんです。』

大貴『試してみます?』

甲斐『ますます気に入ったよ』

甲斐はそう言い、六法全書をめくる。

『大麻取締法の第24条の4』大貴はすらすらと条例を言って見せた。

甲斐『じゃあ、これはどうかな?』

大貴『六法全書は2回も読んだんで。句読点の位置まで覚えてます』

大貴は大抵のものは1度見ただけで覚えられることを明かした。

甲斐『なんで100万円で運び屋なんてやってるんだ?』

成りすまし

甲斐は顧問弁護士をしている会社の社長・鈴木大輔の履歴書を大貴に差し出し成り済ますように指示した。

鈴木大輔は関西弁護士会にも登録されたままだが、現在企業の社長をしているためなりすますのに都合がよかった。大貴は大輔に改名し、甲斐が集めた大輔の過去をすべて暗記した。

甲斐から電話がかかってくる。『大輔の母校を見学してこい』

大貴はボストンのハーバード大へ向けて、飛び立った。

『合格だ』甲斐から大貴に弁護士バッジが手渡された。『これまでの犯罪歴が知りたいんだ』そう甲斐は切り出し、『おめでとう。鈴木大輔』と言い、グラスを差し出すのだった。

大貴『俺、フリーター辞めて、弁護士になったんだ』

大貴は祖母に電話し、そう報告した。

祖母『長生きしなきゃね』

祖母は嬉しそうに言うのだった。

とあるバーで、次長検事・柳伸次(國村隼)と偶然出会った甲斐。さっさと席を立つ甲斐に、『つれないな』という柳。いつ法廷で相見えるかわからないからと返す甲斐に、柳は『君の元上司としてならどうだ?』と言う。『過去の話ですよ』甲斐は去っていった。

出勤してきた大貴は、パラリーガル・聖澤真琴(新木優子)から事務所へ案内される。その頃、メールの捏造が木示屋に発覚したことで、甲斐はチカに呼び出されていた。

『1人で何とかしなさい。私はあなたと心中するつもりないから』

直後、甲斐はある人物に木示屋のことについて調べてくれと依頼の電話をかける。どうやら、甲斐は木示屋の弱みを握って、揺すろうと考えているようだ。
甲斐のオフィスにやってきた大貴は、早々解雇を言い渡された。

大貴『せっかく資料も作ったのに・・・!』

大貴はまとめてきた犯罪歴リストを甲斐のデスクへ叩きつけ、帰っていった。
その後、大貴の犯罪歴リストをめくった甲斐は、そのなかにこの間請け負った替え玉受験の内容が記載されていることに気づいた。

チャンス

呑んだくれた大貴が甲斐への愚痴を言いながら道を歩いていると、背後から突然遊星に襲われた。

遊星『金は?!どこにあるんだよ?』

逃げる途中で捨てたという大貴。

遊星に頼まれ、替え玉受験に手を染めた時からおかしくなってしまった大貴の人生。そもそもそこからが間違いだったと大貴は考えていた。

『頼むよ、遊星。マジで放っておいてくれ』

木示屋の弱みは何も出てこなかった。そんななか、本物の鈴木大輔が事務所へやってくる。あのパワハラ記事が出れば、80億円の融資が飛ぶ可能性があることから、鈴木は相手を挑発した甲斐のやり方に腹を立て、激怒するのだった。

直後、木示屋本人に弱みは見つからなかったが、木示屋の家族に問題があったという連絡が入った。

その夜、大貴の部屋を甲斐が訪れた。『さっさと着替えて、出かける準備をしろ』甲斐に言われ、大貴は甲斐と一緒に木示屋の自宅を訪ねる。

甲斐『私が話したいのは、息子さんの方なんですが・・・』

木示屋の息子が玄関やってきて、大貴の顔を見るなり、逃げていく。

甲斐に言われ、大貴は木示屋の息子から替え玉受験を依頼されたことを明かす。弱みを握られた木示屋は、被害主張を撤回した。

空港で甲斐に、鈴木は礼を言い、シンガポールに永住することに決めたことを報告する。

甲斐『ちょっとご相談したいことがあるんですが・・・』

続きは公式動画配信サービスFODで!

↓ ↓ ↓

⇒FODプレミアム1か月間無料お試しはこちら!

『SUITS/スーツ』1話の感想

感想①

織田裕二さんと鈴木保奈美さんが違う形で共演してるのが不思議な気持ちでした。
かつては恋人同士の役だったので、上司と部下なのが変に思えました。
中島裕翔さんは、頭が良いのに友達に恵まれないうえ、活かしきれていないので残念な人に見えました。
これだけ記憶力が良いのなら別の仕事でもやっていけると思うのですが、本人は弁護士希望なのでしょうがないです。
織田裕二さんとの出会いが運命を変えてくれる気がします。
この二人がタックを組めば、怖いものなしの弁護士になりそうな予感がします。
高級なスーツを着ることで身が引き締まり、仕事も上手くいくことを心掛けていました。
格好を決めれば、結果も付いてくると言いますが、それがスーツなのかと思いました。

(男性 40代 福島県)

 

感想②

勝つためならば手段を選ばないという弁護士・甲斐が目をつけたのは、これまでにちょっと危うい事を繰り返してきているけれど超絶的な記憶能力を持つ青年・鈴木。そんな真っ当な正義とは無縁な感じの二人が主役となる弁護士ドラマになるみたいで面白かったです。弁護士という肩書や「SUITS」という作品タイトルからはクリーンなイメージを持っていたのですけど、いい意味で意表を突かれました。これだけの能力と肩書を持っていて、しかも勝利のためなら悪事に手を染めることも厭わない……そんな恐ろしいコンビが誕生してしまったようですね。この二人がこれからいったいどんな悪人達と戦っていき、そこでどんな奇抜な戦法をとっていくのか、とても楽しみです。

(男性 30代 新潟県)

感想③

ダイスや茜など、ワンシーンのみの出演だと思っていた事が実は伏線だという、演出が非常に良かったです。最初ダイスはただの依頼者であるかと思えば、ダイスの本名である鈴木大輔を鈴木大貴が成り切る上に、そのダイスはシンガポールで永住権を取るというオチだということや、茜も最初は甲斐とデートでもしているのだろうかと思えば甲斐は茜のパソコンの中身を見るために茜と接近したということにも、見事に後から伏線を回収しているというのが良かったです。それに、真之介の替え玉受験の件も、木次谷弁護士の息子が真之介であることにも驚きました。ただただ驚き、気持ちよく伏線を回収されていくという気分に浸りました。
出演者全員活躍をしているのだという印象を受けました。真琴は話が進むにつれ、重要人物になるのではないかと推測しました。

(女性 20代 神奈川県)

 

感想④

ドラマの内容よりも、あの東京ラブストーリーの織田裕二さんと鈴木保奈美が月9の時間帯に出演し、同じドラマで、同じ場面の2人だけでセリフの掛け合いをしている所にドキドキしながら感動して見ていました。
織田さんの演じる優秀過ぎる弁護士の甲斐正午は勝つ事を優先するあまりに、犯罪スレスレの行動には驚くばかりで、鈴木保奈美の演じる事務所長の幸村チカは大変だろうなと感じました。
甲斐の事をよく思っていない弁護士の蟹江貢を演じている小手伸也さんの雰囲気が、日本離れしていてゆるキャラっぽいのが面白く、これからも笑いを誘う展開を期待できそうです。
甲斐の相棒として採用された鈴木大貴が、名前を実在する弁護士に変えて生きていくのが、どこまでいけるのか不安ながら楽しさが一杯のドラマと思いました。

(男性 30代 熊本県)

感想⑤

日本社会で弁護士はあまり身近にいる存在ではないし、SUITSの中の弁護士は皆ファッショナブルでスタイリッシュなのを原作と同じように出していて、とてもよかったです。久しぶりに観た鈴木保奈美は気合が入っている感じで、視聴率を取りにいこうとする感じがあり、それも良かったです。出だしでつけていたイヤリングもショートカットのウェーブと合ってて、とても素敵でした。原作のルイス役は、もっと意地悪い感じになりそうな伸びしろを感じました。主役陣が大物たちなだけあって、脇役陣は、なんだか微妙でしたが、1話完結なので、次回にさらに期待したいです。「さっきからの上から目線は、どこにいったんでしょうね」って台詞、今後使わせてもらいます。

(女性 30代 埼玉県)

感想⑥

1話目から内容が濃く、テンポが早くて面白いドラマだと思いました。

出世の為なら手段を選ばない甲斐が、大貴と関わる中でどう変わっていくのか、又は自分のやり方を貫き通し変わらないのか、楽しみです。

幸村チカは甲斐の性格を分かっていて簡単には出世させないように次々と条件を出している様に感じます。

久々にドラマ復帰した鈴木保奈美さんの演技も素晴らしいと思いました。

また、谷本遊星が凄く嫌な感じでした。

人を巻き込んで、楽してお金を稼ごうとしている感が嫌いです。

今後、谷本があのような人間になってしまった訳が解明されるのか。

谷本もドラマのキーマンなのでは無いかと、個人的には思っております。

原作は見ていないのですが、とても見入れるドラマだと思いました。

2話目以降も楽しみです。

(女性 30代 神奈川県)

感想⑦

甲斐正午(織田裕二さん)の勝つ為には証拠をねつ造するなど、手段を選ば無すぎて驚きました。
さすがアメリカドラマのリメイクという感じです。

鈴木大貴(中島裕翔さん)は一度見たものをすぐに記憶するという能力を持っているのに、
なぜだか人に利用されやすい短絡的なところが見えました。
友達が悪すぎます。もうちょっと友達は選ばないと人生壊されてしまいますね。
運び屋のお金は返すと思っていたのに、新しく引っ越しした部屋の中に隠していたのが気になりました。

甲斐さんが、まさか鈴木さんを別人にしたてあげて、弁護士のまねごとを始めをさせてしまうなんて
なかなか強者ですね。でも鈴木さんの記録力をもってすれば、たやすいことなのかもしれません。
甲斐さんが、ド派手な円テーブルをぐるりと回して、中島さんに弁護士バッチを渡すところがかっこよかったです。

(女性 40代 兵庫県)

感想⑧

とてもテンポが良くて面白かったです。鈴木がおとり捜査に気付く理由の演出であるとか、視覚で記憶するタイプなんだというのがとても伝わってきました。そして替え玉受験をさせたり、運び屋をさせたり、とんでもない悪友に腹が立ちますね。何とかまっとうな道に戻って欲しいけれど、あんな他人の経歴で生きていくなんていつかバレてしまうんじゃ無いか、というスリルがまたありますね。バレたら鈴木は勿論、甲斐だって大きなダメージを受けるだろうしどうなってしまうんだろう、とハラハラしています。
同じ法律事務所の中にも敵が良そうな演出がまた気になりますね。甲斐を敵対視している人間が、鈴木のこともどんどん調べて追い詰めて行くのではないかと心配してしまいました。

(女性 40代 愛知県)

感想⑨

久々のベテラン俳優織田裕二さんの主演ドラマとあって楽しみにしていました。やはり演技力あるし、安心して観れます。しかも、鈴木保奈美さんとの何十年ぶりかの共演。鈴木保奈美さん50歳過ぎてるとは思えないほど、キレイです。中島裕翔君が秀才で一度見たものは大抵頭にきっちり記憶されている、という才能の持ち主。なのに、悪友と付き合ったのが悪運の始まり。悪友のせいで人生棒に振られてまさかのフリーターに!にもかかわらず、未だに悪友と付き合っている人の良さも見どころです。悪友に振り回されかなり危ういバイトを持ちかけられても頭良い癖に断れない!大金持ってホテルに行くところなんてドキドキしました。
織田裕二さんはかなりヤバイ弁護士で勝つ為には手段を選ばない人です。中島君を鈴木という第三者の弁護士になりすまして登録させて、アソシエイトとして働かせたり、今後このドラマが楽しみです。

(女性 30代 大阪府)

感想⑩

記憶力が良い鈴木と、違法行為を行う弁護士甲斐の対比が良かったです。鈴木はどちらかといえば真面目な印象で、そのせいで悪事に手を染めてしまっているけれど、甲斐は自ら違法行為のような悪事を行い、周りを巻き込んでいく側の人間という印象でした。しかし、二人とも共通して、手段を選ばないという思いがあるように感じました。鈴木は祖母のため、甲斐は自分のため、どんな方法を取ってでも願いを叶えようとする思いがあったように見えました。また、主人公以外のキャラクターも良かったと思います。例えば、鈴木の祖母は、想像よりも強気で豪快といった感じでした。足を怪我しても、全然気にしていない、さっぱりとしたおばあさん。このようなキャラクターがいるからこそ、主人公側の悪いことが際立って見えました。総合的に見て、一話にしてはとても面白かったです。

(男性 20代 宮城県)

『SUITS/スーツ』1話のあらすじを最後にチェック!

『SUITS/スーツ』1話の見逃し視聴の方法と、感想を紹介したところで、視聴前にあらすじをチェック!

甲斐正午(織田裕二)は、『幸村・上杉法律事務所』に所属する敏腕弁護士。東大入学後にハーバード大学に留学した経歴を持つ甲斐は、企業の買収・合併や、企業間の戦略的提携など、金になる仕事を手がけている。だが、かなり傲慢な性格で、勝つためなら違法行為ギリギリの際どい手段を用いることもあった。

『幸村・上杉法律事務所』は、幸村チカ(鈴木保奈美)が代表弁護士を務める、日本四大弁護士事務所のひとつ。敏腕弁護士を父に持つ有能なパラリーガル・聖澤真琴(新木優子)、頭脳明晰で人心掌握術にも長けた甲斐の秘書・玉井伽耶子(中村アン)、ハーバード大学のロースクール出身で甲斐をライバル視している弁護士・ 蟹江貢(小手伸也)らが働いている。

事務所の稼ぎ頭である甲斐は、出資者としての地位を持ち、経営にも参画するシニアパートナーへの昇格を狙っていた。チカは、そんな甲斐に、昇格の条件としてパートナーとして働く若手の弁護士“アソシエイト”を雇うよう命じる。気乗りしないものの、その条件を受け入れた甲斐は、新人採用の面接会を開く。そこに偶然やってきたのが、優れた頭脳と一度見たものは決して忘れない完全記憶能力を持ちながら、悪友・谷元遊星(磯村勇斗)の影響でその日暮らしのフリーター生活を送り、さまざまな業種の替え玉受験にも手を染めていた 鈴木大貴(中島裕翔)だった。その能力に興味を抱いた甲斐は、大貴を採用することにするが……。

出典:フジテレビ『SUITS/スーツ』公式サイト

今回は『SUITS/スーツ』をお得に見逃し視聴する方法を紹介しました!
フジテレビ公式のFODで安全・安心で高画質な見逃し配信を楽しんでくださいね♪

⇒FODプレミアム1か月間無料お試しはこちら!

■関連記事