猛烈な台風24号が沖縄に接近しているなか、台風25号・台風26号・台風27号のたまごとみられる、雲の塊が発生しています。

現在は日本から離れていますが、今後台風に発達した場合、ダブル台風、トリプル台風になる可能性もあります。

台風25号・台風26号・台風27号のたまごに最新情報を随時更新していきます。

スポンサーリンク



台風25号・台風26号・台風27号のたまご【2018年】アメリカ米軍基地の最新進路予想10/5


台風25号の米軍基地の最新進路予想では5日の夕方から夜にかけて九州へ上陸して6日から7日かけて日本海外側を中心に本州を横断する予想となっています。

台風25号は強風域が大きいため通過した沖縄では、現在も強い風がふいています。強風で転倒してケガ人も出ているため、これから台風25号が接近する地域の方は外出は控えましょう。台風26号・台風27号のたまごは現在発生していません。

スポンサーリンク



台風25号・台風26号・台風27号のたまご【2018年】気象庁の最新進路予想10/5


10/5現在の気象庁の最新進路予想です。台風25号は勢力を保ったまま九州や中国地方に接近する予想です。停電になる可能性もあるため、非常用の電源や飲料水を準備しておいた方がよいでしょう。

スポンサーリンク



台風25号・台風26号・台風27号のたまご【2018年】アメリカ米軍基地の最新進路予想10/3


10/3現在の米軍基地の最新進路予想です。台風25号は、台風24号と同じように日本列島を横断するような進路になっています。このまま進むと5日には沖縄本島はほぼ直撃です。九州へ接近した後にはスピードをあげて、本州に上陸するとみられています。台風26号・台風27号のたまごは現在発生していません。

台風25号・台風26号・台風27号のたまご【2018年】気象庁の最新進路予想10/3


気象庁の最新進路予想もほぼ同じコースとなっています。沖縄本島や宮古島、石垣島は暴風域に入る可能性があります。台風25号は非常に強い勢力で接近するため、接近中は外出かなり危険です。食料品などは早めに購入しておくなど備えておきましょう。また九州は全域で暴風域に入る可能性があります。

台風25号・台風26号・台風27号のたまご【2018年】アメリカ米軍基地の最新進路予想9/29


9/29の米軍基地の最新進路予想です。台風25号のたまごが発生して沖縄に向かって接近しています。台風24号と同様に沖縄に接近後、本州へ進む可能性があります。今後の進路予想に注意が必要です。沖縄は来週末はまた台風の影響を受けそうです。

沖縄に直撃!?10月の1週目に沖縄旅行を予定されている方は要注意です!

台風25号・台風26号・台風27号のたまご【2018年】気象庁の最新進路予想9/29


気象庁の最新進路予想では、台風25号のたまごの進路予想は72時間後までしかでていませんが、発達して沖縄に接近するとみられています。最新の進路予想がでたら、情報を更新いたします。

台風25号・台風26号・台風27号のたまご【2018年】アメリカ米軍基地の最新進路予想9/28


9/28現在の台風25号・台風26号・台風27号のたまごのアメリカ米軍基地の最新進路予想です。台風24号の他に台風のたまごは複数発生していますが、現時点で台風になっていません。94Wと表記されている台風のたまごは台風25号になる可能性が高く、また日本への接近の可能性があります。こちらの進路情報に十分注意しましょう。

台風25号・台風26号・台風27号のたまご【2018年】気象庁の最新進路予想9/28

9/28現在台風24号以外の台風の情報は発表されていません。米軍の情報で発表されていた台風25号のたまごは近いうちに気象庁でも情報がでる可能性があります。現在は24号の接近にそなえて早めの準備が重要です。

台風25号・台風26号・台風27号のたまご【2018年】アメリカ米軍基地の最新進路予想


アメリカ米軍基地の台風のたまごの情報です。日本のはるか東の海上に3つ台風のたまごが発生しているのがわかります。24時間以内に台風に発達する可能性は低いですが、台風25号・台風26号・台風27号に発達する可能性があるので、現在接近中の台風24号と合わせて最新情報に注意しましょう。

台風25号・台風26号・台風27号のたまご【2018年】気象庁の最新進路予想


気象庁の最新の台風情報で現在発表されているのは台風24号の情報のみですが、天気図では台風のたまご(熱帯低気圧)が日本に向かって進んでいるのがわかります。

このまま日本に接近するのか現在のところ不明ですが、日本の南にある前線を刺激して大雨をもたらす可能性があります。米軍基地の情報と合わせてこちらの情報もチェックしておきましょう。

台風24号・台風25号・台風26号・台風27号の4個の台風が同時発生!?

アメリカ米軍基地の台風情報では、9/25現在台風24号と台風のたまごが3つ発生している状況です。台風24号は動きが遅く勢力を維持しながら進むため、台風25号・台風26号・台風27号ののたまごがそれぞれ台風に発達した場合は4個の台風が同時に発生することになります。

台風が4個同時に発生するのは年1度あるかないかの頻度です。沖縄付近の海水温は依然として高い状態にあるため、ここを通過する台風は発達しながら日本に接近する可能性があります。

4つ同時に日本に来る可能性は低いとみられていますが、連続で接近すると長い期間台風の影響がを受け続ける可能性があります。

スポンサーリンク



2018年の台風発生数は多い?少ない?

2018年は日本に接近した台風が多く、被害が大きかったように感じますが、例年と比べてどうなのでしょうか?

↓の表は気象庁が台風の発生数が多い年と少ない年をまとめたものですが、最も多かったのが1967年の39個!これはかなりびっくりですね。10月ごろまで台風が発生すると考えると2018年もそれに近い数に台風が発生する可能性はありそうです。

表を見る限りでは年間を通して台風の数が30個以上なら多い。20個以下なら少ないと考えてよいでしょう。

9月下旬は台風の接近に要注意!

9月中旬から下旬にかけては、8月下旬についで台風の接近数が多い時期です。過去に甚大な被害をもたらした伊勢湾台風が上陸した日が9月26日と、この時期に発生する台風は猛烈な台風に発達して接近する可能性が高く、また秋雨と重なって、大雨をもたらすでしょう。

マリアナ諸島周辺で発生した台風は超危険?

台風が発達するための条件として高い海水温があるのですが、マリアナ諸島周辺は海水温が世界で最も高いと言われており、強い台風が発生しやすい海域です。

2018に猛烈な台風に発達したのは台風3号、台風8号、台風21号、台風22号(現在接近中の台風24号も猛烈な強さになる可能性があります)です。
現在は発生している台風25号・台風26号・台風27号のたまごのこの付近で発生しているため、強い台風に発達する可能性があります。

台風の窓ガラス対策が重要!

強い台風の接近中は自宅など安全な屋内に避難される方がほとんどでしょう。しかし、屋内の中でも100%安全ではありません。特に窓の近くは窓ガラスが割れてケガをする危険があるので、なるべく窓から離れて過ごすのが安全です。またどんな台風対策をしていても、台風の風で飛ばされたものが窓ガラスに当たって、割れることも考えられます。

窓ガラスに物が当たった場合にそなえて、飛び散らないように対策しておきましょう。

ガムテープを張って、ガラスの飛散を抑えることはできますが、綺麗にはがせなくなって、あとが汚くなるの可能性もあるので、専用の商品を利用しましょう。

↓こちらの防災フィルムがオススメです!

⇒防災フィルムの情報を詳しくみる

台風25号・台風26号・台風27号のたまご【2018年】の最新進路予想

台風25号・台風26号・台風27号のたまごの情報について紹介しました。

いずれも台風が発達しやすいマリアナ諸島周辺で発生していることと、9月下旬は日本に接近する台風が時期であることがわかりました。

台風25号・台風26号・台風27号のたまごの情報については、最新の情報が入り次第随時更新していきます!

スポンサーリンク