「探偵が早すぎる」最終回10話を見逃し配信を広告なしで視聴する方法している人が多いようですね!とうとう最終回。一華と橋田の関係や千曲川の今後が非常に気になりますよね!

「探偵が早すぎる」最終回10話の無料動画がデイリーモーション、pandoraでアップされていますが、実はかなり危険なんです。

今回は、「探偵が早すぎる」最終回10話の見逃し配信を安全に広告なしで視聴できる方法を紹介します。

今すぐ動画を見たい方はこちらをから♪
↓ ↓ ↓
⇒U-NEXTの31日間無料お試しはこちら

「探偵が早すぎる」最終回10話の予告動画!

探偵が早すぎる最終回10話の動画を、安全に見逃し視聴する方法

「探偵が早すぎる」最終回10話を、安全に見逃し視聴する方法を紹介しますね!

私は以前、pandora、dailymotionなどでドラマの動画を見ていました。
でもすぐに削除されてしまい、見られなくなってしまいますね。

しかも、画質が悪く、広告が出てきたりして、イライラしてました(-‘д-)

これらの動画共有サイトは、無料で動画を見れますが、危ないサイトに誘導されてしまう恐れがあります。

これらの動画共有サイトにアップされているドラマ動画は、違法動画なのです。
動画を見ることも違法になってしまうこともあるので、おススメできません!

そこで、「探偵が早すぎる」最終回10話の見逃し配信動画を見るなら、動画配信サービスのU-NEXTがおすすめです!

U-NEXTでは最大31日間無料トライアルを実施中!

31日間もあれば、過去の人気ドラマも無料で一気見することもできちゃいますね♪

ここからが重要なんですが、

無料期間中に登録して、31日以内に解約であれば、お金は一切かかりません。

つまり、完全に無料で見れちゃいます。

⇒U-NEXTの31日間無料お試しはこちら

またU-NEXTなら、「探偵が早すぎる」以外の最新ドラマや映画や雑誌、アニメなど見放題♪

31日間の無料トライアル期間を利用しないなんて本当にもったいないです。
今すぐ無料登録がオススメ!

⇒U-NEXTの31日間無料お試しはこちら

U-NEXTに登録したら検索窓から「探偵が早すぎる」で検索してくださいね!

「探偵が早すぎる」最終回10話のネタバレ

ここからは「探偵が早すぎる」最終回10話のネタバレを紹介します!

一華(広瀬アリス)をかばい、壬流古(桐山漣)に刺されてしまった橋田(水野美紀)。

一華は、朱鳥(片平なぎさ)に宣戦布告。

大陀羅一族の二大巨頭・朱鳥と亜謄蛇(神保悟志)が自ら動き出し、一華を仕留めにかかってきた。

千曲川(滝藤賢一)は完璧な応急処置で橋田(水野美紀)を救う。橋田を十川一華(広瀬アリス)の元に行かせて守らせたのは理由があった。

橋田は、千曲川とともに働いていた元・探偵。橋田は一華の亡き母に証言をするよう説得したため殺されていた。

橋田が一華を引き取ったのは一華の母の死に責任を感じたからだ。

朱鳥(片平なぎさ)はさらに刺客を用意。配管を破損させ熱湯をかける予定だったが、火元を止めて未然に防いだ。

2人めの狙いは感電死。水槽から照明機材から漏電させる予定だったが、千曲川は事前にブレーカーを落としていた。

しかし朱鳥は秘策を用意。完璧に防いだ千曲川の給湯器や電気を止めた行為が、老朽化した屋敷の倒壊を自然に見せる伏線だった。通し柱を壊すつもりだ!

しかもを亜謄蛇や麻百合も残して、事故にみせかけるという。一華は母の件を許す、と千曲川と橋田に話す。しかし橋田たちはまだあきらめない
外に出た千曲川は、壬流古が貴人(前田公輝)だと気づいていた。貴人の朱鳥会長への復讐も千曲川が阻止。そして屋敷は倒壊。ポリシーどおり死者は出ず、数名重傷となった。

橋田は一華の元を去ろうとするが、「一緒にいてあげてもいいよ」と一華は告げる…。2人は引き続き暮らすことに。

一華は千曲川にまた雇ってもよいと話しかけるが、

千曲川「君はもう襲われない、トリック返しができないのはストレスになる」

「君は3日後に風邪をひく、私はそれを未然に防いだ」

風邪薬を渡して去っていった。

———以上、「探偵が早すぎる」最終回10話のネタバレでした!

⇒U-NEXTの31日間無料お試しはこちら

「探偵が早すぎる」最終回10話の感想

感想①

最後まで敵に対して容赦のない探偵でしたねえ、「最速探偵」こと千曲川光は。まあ襲ってくる大陀羅一族は碌でもない連中なので、彼らが破滅する事になっても自業自得と言えるでしょう。ですが、それでも屋敷から脱出する時のやり取りなどは容赦が無さ過ぎて笑ってしまいました。「ここは協力しよう!」みたいな事を言っておいて、用が済んだらあっさり見捨てるのが凄いですよね。結局この探偵が作中で一番恐ろしい人物だったような気がします。そんな風に敵と同じくらいにえげつない性格をしている千曲川が、心の底から楽しそうに「トリック返し!」とドヤ顔で言い放つ姿に毎週楽しませてもらいました。

(男性 30代 新潟県)

 

 

感想②

一華を大陀羅一族から守ろうとして、ツンデレ家政婦の橋田政子が刺されましたが、死ぬどころがぴんぴんしていて、うれしい誤算で良かったです。そして、最後のほうで、大陀羅のボス?の朱鳥に、早すぎる探偵も苦戦したように見えましたが、最終的に一華を大陀羅一族から守り切って、すっきりできて良かったです。最後の場面で、家政婦の橋田政子が一華のところに残ることになったのが、ちょっと意外な展開でした。その流れで、早すぎる探偵も一華のところに残ると思ったら、予想外に離れてしまいました。それにしても、遺産5兆円とは、びっくりする金額です。
(男性 40代 長野県)

感想③

今までの伏線を全て解決し、すっきり終わらせたことが良かったです。橋田と一華の関係も、ただの雇い雇われではなく、家族として再開できたのにも安心しました。城之内くんはそのままフェードアウトでしたが、ラブレターが残されていたのが良かったです。全てがハッピーエンドとはいきませんが、おさまるところにおさまった無難な結末だったと思います。また、再登場した貴人が良い人になってるわけではなく、朱鳥に巻き込まれて終わったのも因果応報を感じました。最後まで小ネタもわんさか、ストーリーのテンポもよく、千曲川探偵のキャラもたっており、見易いドラマでした。

(女性 30代 千葉県)

 

 

感想④

千曲川探偵が朱鳥を懲らしめるまでの展開も面白かったですが、最後で一華が橋田に今後も一緒に暮らしてほしがるシーン、また探偵とのお別れのシーンが結構感動的でした。「トリック返しができないのはつまらない」と別れを言う探偵が、後姿なのにそれでも少し涙ぐんで声が震えている感じが出ていて、さすがの演技力だな、と思いました。
顔中包帯人間が、貴人か城之内かどちらだろうと思い、少しわくわくしたところも良かったです。
大陀羅一族が一網打尽になったのはいいのですが、これでは一華の遺産も株下落などで目減りしてしまうのではないか、社員はどうなるんだろう…というあたりが気がかりです。

(女性 40代 静岡県)

感想⑤

毎週楽しく拝見していました。
広瀬アリスさんの変顔がおもしろすぎる!探偵さんといちかちゃんのやりとりがほんとに笑えるし、役者さんの演技がとにかく面白かった!
最後まで主人公をどうやって仕留めるのか…
お金が関わると人ってこんなにも悪になれるんだなと思ったし、ボス怖すぎる!
次はどんなトリックがあるんだろうとドキドしながら見ていました。
トリック謎解き、トリック返しもとにかく面白かった!特に接着剤のシーン。紙芝居のシーンも面白かった!笑える要素が入っているところ!
最後はどうなるかと思ったけど、てこの原理で屋敷を脱出する事ができた。
最後の別れのシーンはちょっとうるっとしてしまった。

(女性 30代 神奈川県)

 

 

感想⑥

最終回ではこれまで全ての事件を未然に不正できた探偵がその完璧さを逆手にとられて初めてピンチに陥ります。そこでも探偵は冷静に状況を判断し、トリック返しをしながらその窮地を脱するところがこれまでストーリーと少し異なって面白かったです。また、主人公を取り巻く人たちと主人公の関係も少し明らかになって、主人公が両親を失ってしまって、どうして育ての親に育てられるようになったか等の背景が分かって面白かったです。また、遺産を手に入れてもこれまで通りの生活を続けていきたいといった主人公の今後の生活が気になる最後になっていました。

(男性 30代 広島県)

感想⑦

何だかんだ雑な感じの終わり方でした。和室の密室トリックのカラクリが最初全く分からなかったし、その後変なタイミングで説明があり観ていて謎でした。もう少し興味を惹かれるトリックにして欲しかったです。元々ソコを狙っていないコメディドラマだったのかもしれませんが他のお話では個性的な面白いトリックもあったので残念です。
濃いキャラクターに豪華なキャスティング、主演の広瀬アリスもコミカルな演技で俳優陣には文句ナシです。クスッとなるような間をおく演技はコント見てるみたいで地味に笑えます。広瀬アリスの顔芸もすごかったです。あれだき綺麗な女優さんの高度な顔芸は貴重かも。
探偵コメディなので、せめてトリックを最後まで丁寧に描いて欲しかったです。

(女性 40代 三重県)

 

 

感想⑧

最終回も、やっぱり探偵が早すぎる解決を次々としていて、爽快な気分になりました。
全編を通して、出演者全員のコミカルな演技も楽しめました。
大陀羅一族の全くもって馬鹿らしいありえない殺人の仕掛けを陳腐にならずに楽しく見れたのは、大陀羅朱鳥を演じた片平なぎさの演技力だと思います。
また探偵、千曲川光を演じた滝藤賢一の演技力も素晴らしく、ちょっとした微妙な表情などは、とても面白かったです。
滝藤賢一演じる探偵と広瀬アリス演じる十川一華の橋の上で語りあうシーンは、セリフではなく表情で感情を表していて、釘付けになりました。
(女性 50代 福岡県)

感想⑨

怒涛のトリック合戦で息もつかせぬ展開でした。もうダメだと思ったら千曲川が先手を打って敵の攻撃を防ぐ。ホッとしたところでまた攻撃されまた防ぐ。普通の人だったら三回は死んでそうです。トリックだけでなく応急処置までできて命を救う事ができる千曲川はめちゃくちゃ有能ですね。片平なぎささんの危機せまる演技は流石だなと思いました。演技上手い俳優さんで固めてますね。事件が終わっても橋田と一緒に居る事を選んだ一華はやはり本当に橋田の事を慕っていたんですね。最後に千曲川が一華に風邪薬を渡して去って行く場面が泣けます。こんな時でも先手を読むんですね。本当はみんなと一緒に居たかったでしょうにかっこ良すぎます。

(男性 40代 大阪府)

「探偵が早すぎる」最終回10話のあらすじを最後にチェック!

見逃し視聴を見るまえに、あらすじをチェックしておくと、
「探偵が早すぎる」最終回10話の内容が理解しやすくなりますよ!

ナイフで刺され、命の危険に冒された橋田(水野美紀)。激怒した一華(広瀬アリス)は、朱鳥(片平なぎさ)のもとへ乗り込んでいった。「あなたのバカ息子が刺したのよ」と、血が付いた橋田のブラウスを朱鳥に投げつける。「これだけ血が出てたら、危険な状態ね」と朱鳥。一華は、壬流古(桐山漣)が持っていたナイフを机に突き刺した。「……今、ここで殺してみなさいよ」鬼気迫る一華に対し、「コーヒーはいかが?美味しいわよ」と朱鳥は余裕の微笑み。一華は「あなたたちに私は殺せない。大切な人をもうこれ以上失いたくない。やるならとことんやりなさいよ。それは必ずあなたに戻ってくる」と吐き捨て、立ち去った。
さらに一華は、命を狙われたときに助けに来なかった千曲川(滝藤賢一)のことを責めるが、相手にされない。そして、千曲川と橋田の知られざる過去の真相を聞き、驚きを隠せない一華。
その後、一華は、「話がある」と亜謄蛇(神保悟志)に呼び出された。亜謄蛇は「私は降参する。これ以上の争いは無意味だ。私は十川一華が亡くなろうとも、大陀羅瑛が残した遺産の全てを放棄する」と、押印された書類を一華に差し出した。朱鳥が一華の命を狙おうとした証拠まで見せ、「これは取引だ。私が欲しいのは会長の座。この話に乗ってくれるなら、これを君に渡そう」と亜謄蛇。――だが、……!
さらに、朱鳥が3人の刺客を立て続けに送り込んでくることに――
その後、一華と千曲川のもとに現れた朱鳥。千曲川と朱鳥は、初めて対面を果たした。「本当にお見事だわ。探偵さん。私の下で働いてみない?」「お金を出してくれるなら、今すぐにでも」と千曲川。朱鳥は財布から現金で100万円の束を出す。千曲川は吸い寄せられるように歩み寄ろうとするが、「はしたない」と止められてしまう。「言ったでしょ。必ずあなたに戻ってくるって」と朱鳥に言う一華。「……実を言うとね、もう打つ手がないの。もう事故に見せかけてあなたの命を狙うことを諦めるわ」朱鳥は一華の前に行き、土下座する。「どうか、私たちを許してほしい。お願い。遺産の一部でいい。大陀羅グループに投資してほしいの」そんな朱鳥に対する一華の返答は――
「皆、あとは任せたわよ」と出ていこうとする朱鳥。が――「やっぱり腑に落ちねぇな。大陀羅朱鳥さんよ」と朱鳥を引き止める千曲川。「あら、そう?」と先程の殊勝な態度から一転、ニヤリと笑う朱鳥。「探偵さん。あなたは大きなミスを犯した。さあ、クイズです。あなたの犯したミスはなんでしょう?」動揺する千曲川。「早く探しなさい。死へのカウントダウンは始まっている」と朱鳥。「……何が起きるの?」と不安げな一華。朱鳥の計画は、千曲川より一枚上手だった――。「これぞトリック返しのトリック返し」勝利の笑みを浮かべる朱鳥。
そのとき…!予期せぬ人物の登場により、戦場はさらなる怒涛の展開を迎える……
千曲川に為す術はないのか――!?このまま一華は殺されてしまうのか――!?
“早すぎる探偵”、ついに万事休すか――

出典:「探偵が早すぎる」公式サイト

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

いかがでしたでしょうか?
安全・安心で高画質な見逃し配信を楽しんでくださいね♪

⇒U-NEXTの31日間無料お試しはこちら

*本ページの情報は2018年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

■関連記事

⇒探偵が早すぎるのドラマ動画【9話】見逃し配信でフル視聴する方法【9月13日放送】