ついに「ディーリー」最終回8話が放送されました!

最終回8話のフル動画の見逃しを検索している人が多いようですね!

こういうとき、デイリーモーション、pandoraで違法動画を探したりすると思うんですが、実はかなり危険なんです。
今回は、dele (ディーリー)最終回8話のフル動画を見逃し配信で視聴する方法を紹介します!

「ディーリー」最終回8話を今ぐ見たい方はこちら!
↓ ↓ ↓
⇒ディーリーのフル動画を今すぐみる

ディーリー  最終回8話の動画を、安全に見逃し視聴する方法

ディーリー最終回8話を、安全に見逃し視聴する方法を紹介しますね!

私は以前、pandora、dailymotionなどでドラマの動画を見ていました。
でもすぐに削除されてしまい、見られなくなってしまいますね。

しかも、画質が悪く、広告が出てきたりして、イライラしてました(-‘д-)

これらの動画共有サイトは、無料で動画を見れますが、危ないサイトに誘導されてしまう恐れがあります。

これらの動画共有サイトにアップされているドラマ動画は、違法動画なのです。
動画を見ることも違法になってしまうこともあるので、おススメできません!

そこで、ディーリー 最終回8話の見逃し配信動画を見るなら、動画配信サービスのU-NEXTがおすすめです!

U-NEXTでは今なら最大31日間無料トライアルを実施中!

31日間もあれば、過去の人気ドラマも無料で一気見することもできちゃいますね♪

ここからが重要なんですが、

無料期間中に登録して、31日以内に解約であれば、お金は一切かかりません。

つまり、完全に無料で見れちゃいます。

でも私の場合また見たくなって、再登録しました。

⇒U-NEXTの31日間無料お試しはこちら

またU-NEXTなら、ディーリー 以外の最新ドラマや映画や雑誌、アニメなど見放題♪

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わってしまうのか、
わからないので、損しないためにも、この機会に無料登録しておいた方がよさそうです!

⇒U-NEXTの31日間無料お試しはこちら

U-NEXTに登録したら検索窓から「ディーリー」で検索してくださいね!

*ディーリー は見放題対象作品ではありませんが、無料登録時にもらえる600ポイントを利用してみることができます。

ディーリー最終回8話の感想!

ディーリー最終回8話の感想を紹介します!

 

感想①

今まで謎だった祐太郎一家と圭司・舞一家の過去がようやく明らかになりすっきり。3人は始まりから繋がっていた伏線の作り込みも良くできていた。初めて見る祐太郎の荒れた様子やクールな圭司が感情の揺らぎを何度も見せるところもよかったし、祐太郎のPCを使ったアクションや圭司の車椅子アクションもカッコよかった。またどこまでも透明で美しく、クールでハンサムウーマンな舞にも拍手。祐太郎が退職届を出して去った後、もうすっかり祐太郎の人たらしに魅了されてしまった感の圭司の喪失感に満ちた表情に萌え、そんな圭司の元に何事もなかったかのように戻ってきて子猫のようにいつく祐太郎に萌え。心がつながった2人は最強のバディ。続編、映画化強く希望。

(女性 50代 兵庫県)

 

感想②

最終回は祐太郎の妹の死の真相が明らかになる話だったけど、圭司の死んだ父も関係していて事件を公表したら舞の事務所や圭司の会社も打撃を受ける事になるにも関わらず証拠のデータを公表したところが良かった。独特な雰囲気のドラマだったから終わり方もモヤモヤした感じで終わるのかと思ってだけど、祐太郎の妹の事も解決して、圭司と祐太郎でまたディーリーを立て直そうという明るい感じで終わったので良かった。独特な雰囲気と音楽も好きだったし、人懐っこい感じの祐太郎と人を寄せ付けない感じの圭司とのコンビが好きだったのでまた続編があったらいいなと思った。

(女性 30代 千葉県)

感想③

祐太郎の妹の事件に関わっていた男性を嵌めることができたので良かったと思いました。祐太郎と圭司の二人で男性を陥れることができたので祐太郎もこれから心置きなく妹のことを思い出すことができるようになったと話していたので良かったと感じました。さらに、祐太郎が退職届を出していたため、圭司達とはお別れだと思っていたし、圭司とまいの二人でもう目の前には現れないと話したいたのですが、祐太郎がひょっこりと戻ってきて会社が立ち直ったらまた雇ってと話していたのがとても良かったと思いました。二人の最強なコンビが崩れずにこれからも一緒に働くことになってとても良かったと思えるラストでした。

(女性 20代 熊本県)

 

感想④

これまでは、デジタル遺品とその背景にある依頼人の人となりに全く興味がなかった圭司が、自分にも関わりのある過去の黒歴史を、祐太郎のために身を削る思いでさらけ出したところが意外でしたが、とても潔いと思いました。
父親の醜い部分を見てしまったことが、今の仕事に繋がっていったのは皮肉な話ですが、ラストで祐太郎が言った「死後に残したいデータを全力で守りたい」という考えに感銘を受けて、真逆の仕事にシフトチェンジできたところに、圭司の心の成長を感じました。
ぶつかり合っているようで、誰よりも圭司のことを心配する祐太郎もかっこよかったし、今回初めてお互いの全てを見せ合ったことで、より深い絆が結ばれたのが一番感動的でした。

(女性 40代 広島県)

感想⑤

墓参りをする祐太郎家族の会話が何処と無くおかしく聞こえていて、バラバラに帰っていく所で姿が不思議に思っていたら、祐太郎の妹の鈴の亡くなった事で世間からのバッシングで家庭が壊されたのがわかり、個人の批判でもそれが集まり押し寄せる祐太郎家族には相当なダメージになった事が伝わる表現に感じました。
また、何の落ち度もなかった病気だった妹の鈴を嫌ってしまった祐太郎の心の苦しみに人間らしい弱さが見えて、一方の圭司も父親の負の側面を見てしまった事で、見なくてもいい物を消し去ろうと削除の仕事を始めた理由で人間らしく、2人の共通点だった政治家の仲村と対峙する事で、全ての事を抱えながら前を向いて歩き出す所に人の成長を感じました。
圭司と祐太郎が仕事を再び始めて終わる、とても面白い内容だったので、相棒と同じようにシリーズ化される事を願っています。

(男性 30代 熊本県)

 

 

感想⑥

祐太郎と圭司、それぞれが自分より相手のことを思いやることができ、その信頼関係が最高でした。

自分の父親の不正データーをけじめとして祐太郎に渡した圭司(最後は自らマスコミに暴露したようですが)。
憎むべき相手のことより、圭司とその父親の関係や将来のことを考え、あえてそのデーターをリークしなかった祐太郎。
常に自分のことを優先に考える人が多い現在社会において、この二人の「思いやり」に心が温かくなりました。
特に、半生を、家族を台無しにした人物に復讐できる証拠を手に入れたのに、自己優先しない祐太郎は絶対に、友達になってもらいたいタイプ。

あとは、その二人を見守る圭司の姉・舞も良かったです。
偶然ではなく、父親の犯した罪の償いの意味もあり、素性を知りながら祐太郎を連れてきたその覚悟にも、人間としての尊厳を感じました。

(男性 40代 福岡県)

感想⑦

圭司が「迷惑をかける。」と言っただけで、舞が「とても嬉しい。」と応えるシーンは印象的でした。二人にだけしか分からないやりとりは、以前にもありましたが、今回はとても重く、静かなのに凄い緊張感でした。
それと、祐太郎の気持ちを考えると、辛くなりました。妹はやはり新薬を投与されていたと、知ったときのやり場のない怒りが、恐いくらいでした。妹は「真柴鈴」なのに「T023」と呼ばれて、まるでモルモットです。人を番号で呼び、管理するなんて、酷すぎます。
最後のシーンは良かったですね。退職願を見た時は悲しくなったけど、給料払わなくていいようにするための「退職」という形をとっただけだった、というオチに、やられた!と思いました。またこのコンビで続編が見たいです。

(女性 40代 大分県)

 

 

感想⑧

圭司は弁護士の父親の仕事での悪事を受け入れることが出来なくて、皆んなには見られないように他にうつしたが、データを前には最後まで見ることが出来なかったが祐太郎妹の事件から、祐太郎の言葉で父を受け入れる事が出来、最後まで見る事が出来た。圭司の姉が、自分の法律事務所が危機的状況になるかもしれないが、弟が父を受け入れられるならと父の悪事の公表を理解して、圭司に嬉しいわ、と言って背中を押す姿にカッコイイと思いました。
妹の事件の弁護士が死んで、葬儀所で弁護士の悪事が暴かれた、その時悪事をした弁護士の息子が祐太郎に謝罪する、祐太郎は貴方が思うお父さんが本当のお父さんだと、謝罪を受け入れた事ご圭司にも伝わった事が良かったです。

(女性 50代 栃木県)

感想⑨

今まで伏線ででてきた祐太郎の妹の事件のことが、ちゃんと出てきたと思ったら、弁護士だった父がそこに絡んできたことが、意外でした。ケイの姉の事務所にも迷惑がかかるので、公表することをためらうと思ったのですが、まさかの公表。普通に公表しただけでは記事を握りつぶされたりしてしまうので、お葬式でみんなに聞かせるやり方は感心しました。これでやっと二人とも前をむいて進んでいける気がします。もしかしたらケイは 車いすじゃなくて歩けたりして?なんてどんでん返しも期待してたのですが、それはなかったですね。事務所に暴漢がきたときは、迫力があってよかったです。

(女性 40代 兵庫県)

 

感想⑩

「ディーリー(dele)」は、皆が何かしら闇を抱えていたので、何かしら暗い雰囲気でした。最終回では皆の闇が明らかになります。最終回で、伏線の回収が忙しくて、種明かしだらけで無理矢理感があるドラマもありますが、「ディーリー(dele)」の最終回は、無理矢理感がなくてよかったです。
菅田将暉演ずる真柴祐太郎は、最終回で自分の妹が新薬の治験で亡くなった事実をもみ消した政治家に対して、今までにない強さで立ち向かい、今までの抑えた優しい雰囲気から一転する場面は とても印象的でした。
日ごろは冷静で冷たい雰囲気をもつ山田孝之演じる坂上圭司は、隠していた父親の闇を自分に降りかかる事を恐れずに表に出し、本来の優しさを取り戻したように思えました。最終回の対照的な二人の演技はとても引き込まれました。
ラストシーンはいつもと同じ仕事なのに、闇を乗り越えた二人の雰囲気は確実に違うものになっていて、やはり演技力のある俳優さんのドラマは面白いと つくづく感じました。

(女性 50代 福岡県)

 

—————以上、ディーリー 最終回8話の感想でした—————

見逃した人「ディーリー 」を1話からまとめて視聴できる「U-NEXT」がオススメです♪

⇒U-NEXTの31日間無料お試しはこちら

ディーリー 最終回8話のあらすじを最後にチェック!

見逃し視聴を見るまえに、あらすじをチェックしておくと、
ディーリー 最終回8話の内容が理解しやすくなりますよ!

 「dele. LIFE」にデータの死後削除を依頼していた辰巳仁志(大塚明夫)が死亡。パソコンの動作停止を知らせる信号が、「dele. LIFE」の社長・坂上圭司(山田孝之)の端末に送られてきた。その報告を受けた相棒・真柴祐太郎(菅田将暉)は怒りを抑えた表情を浮かべ、依頼人は弁護士の辰巳仁志なのかと確認する。いつもは朗らかな祐太郎の豹変ぶりに、驚きを隠せない圭司。その矢先、さらに想定外の出来事が起こる。何者かが「dele. LIFE」のシステムにクラッキングを仕掛けてきたのだ!

まもなく圭司は、辰巳が祐太郎の妹・真柴鈴(田畑志真)の死をめぐり、入院先の弁護を担当していた人物だと突き止める。当時、鈴の死には不審な点があったが、病院側の主張が通り、祐太郎ら遺族は筆舌に尽くしがたい心の傷を負っていたのだ…。身を切り裂く過去に共鳴した圭司は、祐太郎に促されるまま、辰巳が遺した音声データを再生。そこには“祐太郎の無念を晴らす真実”を示唆する、大物政治家・仲村毅(麿赤兒)との黒い会話が記録されていた…!

相手が相手だけに慎重に動き、確実に仲村を追い詰めようとする圭司。だが、データの即時公表を切望する祐太郎は、圭司への不信感をあらわに「dele. LIFE」を飛び出し…!? そんな中、圭司とその姉・坂上舞(麻生久美子)の間にも、これまで互いに語ることのなかった“過去の出来事”をめぐり、不穏な空気が流れ始める――。

出典:「ディーリー 」公式サイト

dele (ディーリー)ドラマ【最終回8話】フル動画を見逃し配信で視聴する方法まとめ

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

いかがでしたでしょうか?

今回はdele (ディーリー)最終回8話のフル動画を見逃し配信で視聴する方法と視聴者から感想を紹介しました。

安全・安心で高画質な見逃し配信を楽しんでくださいね♪

⇒U-NEXTの31日間無料お試しはこちら

*本ページの情報は2018年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

■関連記事
⇒dele (ディーリー)ドラマ【7話】フル動画を見逃し配信で視聴する方法

⇒dele (ディーリー)ドラマ【6話】フル動画を見逃し配信で視聴する方法

⇒dele (ディーリー)ドラマ【5話】フル動画を見逃し配信で視聴する方法