「高嶺の花」最終回10話がとうとう放送されました。2人の恋の行方はどうなったのか?非常に気になりますよね。「高嶺の花」を見逃しを探している人が多いようですが、こういうとき、デイリーモーション、pandoraで動画を見るのはかなり危険なんです。

今回は、「高嶺の花」最終回10話をデイリーモーション、pandoraより安全に高画質で視聴できる方法を紹介します。

⇒huluの2週間無料トライアルはこちら

高嶺の花 最終回10話の予告動画!

高嶺の花 最終回10話の動画を、安全に見逃し視聴する方法

高嶺の花 最終回10話を、安全に見逃し視聴する方法を紹介しますね!

私は以前、pandora、dailymotionなどでドラマの動画を見ていました。
でもすぐに削除されてしまい、見られなくなってしまいますね。

しかも、画質が悪く、広告が出てきたりして、イライラしてました(-‘д-)

これらの動画共有サイトは、無料で動画を見れますが、危ないサイトに誘導されてしまう恐れがあります。

これらの動画共有サイトにアップされているドラマ動画は、違法動画なのです。
動画を見ることも違法になってしまうこともあるので、おススメできません!

そこで、「高嶺の花」最終回10話の見逃し配信動画を見るなら、動画配信サービスのhuluがおすすめです!

Huluでは今なら2週間無料トライアルを実施中!

2週間以内に解約であれば、お金は一切かかりません。

⇒huluの2週間無料トライアルはこちら

またHuluなら、高嶺の花以外の最新ドラマや映画や雑誌、アニメなど見放題♪
スマホで視聴が可能なので、通勤・通学中にも楽しめちゃいます。

2週間無料トライアルはいつまで続くかわかりません
お得に利用できるこの機会に無料登録しておくのがオススメです

⇒huluの2週間無料トライアルはこちら

高嶺の花 最終回10話のネタバレ!

ここからは高嶺の花 最終回10話のネタバレを紹介します!

相続を拒否したなな

直人(峯田和伸)は千秋(香里奈)に誘惑されていた。

直人「これ、ドッキリですよね?」
千秋「ももさんのことですか?」

千秋バレないと誘うが直人は乗ってこない。

直人「ももの顔が浮かんでる」

直人は千秋に謝った。

千秋「浮気をされても動じないような女の方が良いんじゃないか」

と聞くが直人はそういう女性には魅力がないと答える。
そして、好きな男性に裏切られたら壊れてしまうような女性の方が魅力的だと言った。

スマホのマイクでその会話を聞いていたもも(石原さとみ)は泣き崩れる。

千秋は喫茶店「ボンソワール」で自分の正体を明かした。

なな(芳根京子)は月島の一切の相続を拒否して、月島を離れることを決めた。

その意思を弁護士を通じ伝えたが、市松(小日向文世)は尊重した。

ななはももの元に転がり込んだ。

ももが家元に

ななは市松が自分を破門にしたがその姿はとても穏やかだったと言った。
もしかしたら市松は「父親として」ななに重圧を背負わせることに抵抗があったのかもしれない。

市松は龍一(千葉雄大)と会っていた。
龍一はこうなってしまったことを詫びたが、こうなるように仕向けていた様子。

なな(芳根京子)には血の繋がりはあるが華道家としての才能が足りない。
そして、もも(石原さとみ)にはそれ以上の才能があると言った。

その才能が開花すれば神宮の兵馬(大貫勇輔)をも上回る才能だと言った。
そして、その才能を見たいと思わないか?と龍一に持ちかけた。

もも(石原さとみ)は正式な家元となった。

ももは直人を呼び出し、別れを告げた。

直人「待ちますよ」
もも「さよならです」

直人は納得がいかない。

もも「ありがとうございました」と頭を下げ去って行った。

直人はももが「最後に作った」という弁当を泣きながら食べる。

直人は山梨の山奥に咲いている「高嶺の花」を取りに行くと言い出す。

そして、その花を取ってももの部屋の前に置いた。
その花を見たももは気がついた。

以前は、人を好きになることは許されないと思っていたがそうではなく人を好きになってもいい、ありのままの自分でいれば良いと。

そして、月島流の襲名披露で月島の次期家元ではなく「新流派」を立ち上げたいと言った。

その席に臨むももの気持ちは晴れやかだった。

実の父親である高井(升毅)の「生き様を肯定するような生け花を全力で活ける」という気持ちで臨んでいる。

ももは穏やかな気持ちで静かに花を生けた。
その顔は笑顔に満ちていた。

そして、優しく花に語りかけながら、花を生けていく。高井はその姿を会場の外から覗き涙をこらえた。

もも(石原さとみ)の生け花は佳境。

最後は直人への気持ちを込めて「お慕い申し上げております」と声をかけ演舞を終えた。
本当に晴れやかで健やかな笑顔

そして、新流派として認めて欲しいと市松に「お父さん」と声をかけた。
ももは血の繋がらなかった市松から実の子と同じように愛情を注がれていた。

そして、市松も新流派を立ち上げることで「茨の道を進むことになる」ともものことを心配した。
そででもももの「支え合う人がいます」という言葉に新流派の立ち上げを許した。

一番大切なこと

龍一は華道を引退し、競走馬の世話をしていた。

そんな龍一を訪ねたなな

龍一「ストーカーかよ」

なな「もう、行くところがない」

一度もななに手を出さなかった龍一だったが初めてキスをした。

ケガから退院した直人が店に戻るとそこは花で溢れていた。
2階に上がるとそこにはももが待っていた。

ももは公園で「お花教室」を開いていた。

もも「一番大切なことは大切な人をことを思いながら」

と楽しく花を生けた。

⇒huluの2週間無料トライアルはこちら

高嶺の花の感想紹介【最終回10話】

感想①

主人公のももが回を重ねる度にどんどん病んでしまうように見えていたために、どんな結末を考えているのか気になっていましたが直人と結ばれるハッピーエンドになったのがとても良かったと感じましたが、ももが新流派を始めてしまうのが驚きでした。
恋愛ドラマのパターンで言えば、妹のななと龍一が結ばれる所が当たり前に感じられ、昔だとこちらがメインになっていた気がしました。
てっきり月島の家元になるのが妹のななで龍一が支えていくと考えていて、月島流のななと神宮流の龍一によって新流派になると思っていましたが、完全に別世界で生きるとは予想外でした。
あのイルカさんも生きていて誰一人欠ける事なく生きていたのも良い印象で、金と銀の名コンビの出番が少なくなっていたのが最終回で多くなり、ももについて来る展開は面白く笑えました。

(男性 30代 熊本県)

 

感想②

途中までは独特の「もう一人の自分が見えなくなった時は二度と取り戻せない」とか「色恋沙汰にうつつを抜かすとダメになる」とか月島流の理屈が全く理解できず何のメッセージを伝えたいのか理解できませんでした。
でも最終回でそれぞれ自分が一番大事にしたい物は何なのか分かり自分の選んだ道を歩もうと決心できて良かったと思います。
ななは華道家として生きる事より龍一と生きる事を選び、ももは最後の最後プーさんの生けた、たった一輪の高嶺の花で心を突き動かされたんだと思います。
結局は支え合って生きていこうとする、ももの生けた花こそが人に感動を与える生け花だったんですね。
今までのストイックな鏡部屋の稽古は何だったのかって思いますよね。
新しい流派を立ち上げると言ってましたが町の人にお花を教えてたももですが顔まで優しくなった気がします。
ストイックな気持ちで生けたお花より、きっとももの母が言ったように「私はお花」と優しい気持ちで生けたお花の方が見てる人には素敵に見えるのだと思います。

(女性 50代 福岡県)

感想③

恋愛のストーリーはやっぱりモモとぷーさんが結ばれて終わったら良いなぁと期待していました。それが見事にはまったのでとても嬉しかったです。また、妹のナナも今までにすごく傷ついたと思うので、最後に笑顔が見れて良かったです。最終プランはまさかの馬で驚きました!
華道家としてのストーリーは、新流派の立ち上げはまったく予想していませんでした。生け終えた後に家元に対してお父さんと呼んだシーンは涙が出ました。
予想が当たった嬉しさと、まったく予想していなかったことが起きた驚きと、最後にどちらも味わうことができて楽しかったです

(女性 30代 滋賀県)

 

 

感想④

ドラマ「高嶺の花」第10話、話の展開に見ごたえがあって、とても面白かったです。やはり最後は自転車店主・風間直人の天才的な心理誘導が見事でした。龍一とななの関係もなかなかのドキドキ感があって、息を飲んで見ていました。第一話からずっと見てきて、ももの人間性の変わりようには目を見張るものがありました。華道家とキャバクラ嬢の振り子の振り幅が大きく、いつもワクワクしながら見ていました。最後に、ももの親友の千秋が出てきてかき乱されましたが、話の展開から、「まっ、ないな」と思ってしまったのは私だけではないと思います。総合的に見て、なかなかスピーディーなドラマ展開で楽しむことができました。

(男性 40代 大阪府)

感想⑤

ももとぷーさんが結ばれたことが、本当によかった。
10話も石原さとみの演技力はすごいと思った。
家元になってぷーさんとの縁を完全に断ち切ろうとしたときの決意の固さが感じられる気迫ある演技と、新しい流派を立ち上げるための花をいけているときから、ぷーさんの退院してくるところの優しい、柔らかい表情のギャップにとてもひきつけられ、見入ってしまった。
あとは、ぷーさんの今までの何でも受けとめてくれる感じではなく、ももと最後になってしまうことに対する必死さが、すごく切なかった。
最後までハッピーエンドを、願ったドラマでした。

(女性 30代 埼玉県)

 

感想⑥

これで 本当に終わってしまうのかと私もショックでした。ぷーさんが花を取りに行くといったとき、もしかしてここから落ちて転落死。この脚本家ならありえるかもしれないとぞっとしたのですが、まさかの新流派立ち上げ!!しかも幸せいっぱいのとても素晴らしい愛にあふれる華道。そしてまさかの母親そっくりの華道。お花を見たとき、あまりのすばらしさに鳥肌が立ちました。ずっと月島のことというより自分の思うようにしたいとしていた家元も、最後は改心して、ルリ子に愛を打ち明けるシーン。まさかこんな日が来るなんて。子供を産んで見せます!にはルリ子の愛をとても感じました。こんなにハッピーエンドになるとは思っていなかったので、見終わった後に感動でボーっとしてしまっています。

(女性 40代 兵庫県)

感想⑦

ここ何回分化の高嶺の花はとても観ていても辛く哀しそうなしーんがとても多くどうなってしまうだろう。と話の展開が気になっていました。
今朝から情報番組で石原さん峯田さんの最終回の見どころを見ていたので、どんなラストが待っているだろうとドキドキしながら夢中出みました。
冒頭から心温まるシーンがとても多く、桃がいけるお華がますます明るく美しく仕上がっていくシーンに大きな安心感に包まれる想いです。
どこを切り取ってもハッピーエンドで、またどこのシーンも美しく見惚れる場面が多く(牧場のシーンの色合いと爽やかさと2人の初々しさも新鮮でした)とても良かったです。ももちゃんのいける花を見て、またももちゃんのひらくお花の教室を見てお花に携わりたいと思う想いが湧いてきた事にも驚きました。皆様お疲れ様でした。素敵な作品をありがとうございました。

(女性 30代 長野県)

 

感想⑧

生け花の師範争いを妹としなくてはいけなくなり
こっちの人間とあっちの人間と使い分けて
ストレスが酷くそんななかで、プーさんという人に出会い、友達や周りの人に癒され精神的に落ち着きをとりもどそうとしていたのに、
師範に本当の子供では無いことを打ち明けられ
運転手の人が父親ということがわかり、本当の父親と思ってた人が違う事がわかったり、妹との生け花の対戦をして、やぶれてしまい、精神的に追いこまれてしまい
部屋を花だらけで生け花を続けて荒らしてしまったり、
バイト先で飲んだくれて荒れていたけど、プーさんや周りの人のおかげて見事、復活し幸せになれたこと

(女性 40代 埼玉県)

感想⑨

はじめはももが結婚寸前に破談になる衝撃的なお話から始まり、ももがどん底に落ちていたところにぷーさんと出逢い、プーさんとももの間に広がる独特な雰囲気や会話が興味深かった。そんな考えもあるんだな、と色々と気付かされる場面もあったので良かった。ぷーさんと出逢いたくさんの出来事が起こった中で、
ももの華道家として、そして女性としての成長がみられて凄かった。また、月島の家元にももが認められたシーンには感動した。最終的に月島夫婦も円満に納まったり、妹のななも好きな人を許さないといいながら好きな人を一途に追いかけて自立していたシーンがあるなど、最後まで目が離せない展開だった。

(女性 20代 兵庫県)

 

感想⑩

ハッピーエンドなのがよかった!
みんなそれぞれのドラマがあってそれぞれ笑顔で終われたので気持ちがいいドラマだと思いました。
とにかく石原さとみさんが可愛くて、ももちゃんの『私はお花』というのがとても印象的でピッタリでした。
今までのももの作品とは全く違う、若い女性らしい作品をみて素敵だなぁと思いました。生まれ変わったももちゃんに見惚れてしまいました。
家元とるりこさんの最期のシーンもとても素敵でした。
ただ、脚本の意図を感じとるのがとても難しいなぁとも思いました。自転車の旅・・・彼の成長にとても感動したけど、最後にみんなでお出迎えの意味がよくわかりませんでした。
龍一もももちゃんとってところから最後の馬の世話へが急展開で、最終回詰め込みすぎて理解が追いつきませんでした。
でもとにかくももちゃんが可愛すぎて、癒されました。よかったです!

(女性 30代 熊本県)

高嶺の花の最終回10話のあらすじを最後にチェック!

見逃し視聴を見るまえに、あらすじをチェックしておくと、
高嶺の花 最終回10話の内容が理解しやすくなりますよ!

もも(石原さとみ)は、千秋(香里奈)が直人(峯田和伸)を誘惑する様子を電話で聴いていた。ももを忘れられなくてもいい、最初は浮気でいいから、と迫る千秋。そんなやり取りに傷つきながらも、ももは電話を切れない。あの手この手で誘いをかける千秋に、直人は……。
すべてを失った龍一(千葉雄大)と、ともに生きていくと決めたなな(芳根京子)。彼女は、次期家元の座を降りて月島家を離れたいと市松(小日向文世)に申し出る。市松は、なぜかその望みを聞き入れて、ななを即座に破門する。ななの決断を知ったももは思いとどまらせようとするが、ななの決意は固かった。

その頃、龍一は市松と会っていた。ななが家元になりたがらないことすら、市松には織り込み済みだった。市松は龍一に、ももとの縁談を持ち掛ける。ももと結婚して月島流を支えれば、神宮流を率いる兵馬(大貫勇輔)に勝つことさえできると言われ、龍一は……。その直後、龍一は姿を消し、ななにも連絡が取れなくなる。そしてななは、ルリ子(戸田菜穂)から、市松がももと龍一の縁談を進めていると聞かされる。

出典:「高嶺の花 」公式サイト

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

いかがでしたでしょうか?
安全・安心で高画質な見逃し配信を楽しんでくださいね♪

⇒huluの2週間無料トライアルはこちら

*本ページの情報は2018年9月時点のものです。最新の配信状況は huluサイトにてご確認ください。