「西郷どん」34話が放送されました。34話は「将軍慶喜」です。早速、「西郷どん」34話の動画を見逃し視聴できる方法を探している人が多いようです。

西郷どんの動画はデイリーモーション、pandoraにアップされてたりしますが、広告が出たり画質が悪かったりします。そんな無料動画に不満を持っているあなたに広告なしの高画質な動画を見るオススメの方法があるんです。しかもスマホやタブレットでも見れちゃいます♪

今回は、「西郷どん」34話を安全に見逃し視聴する方法を紹介します。

「西郷どん」34話を今ぐ見たい方はこちら!
↓ ↓ ↓
⇒西郷どんのフル動画を今すぐみる

西郷どん 34話の予告

西郷どんの動画34話を、フルで安全に見逃し視聴する方法!

西郷どんの動画34話を、安全に見逃し視聴する方法を紹介しますね!

私は以前、pandora、dailymotionなどでドラマの動画を見ていました。
でもすぐに削除されてしまい、見られなくなってしまいますね。

しかも、画質が悪く、広告が出てきたりして、イライラしてました(-‘д-)

これらの動画共有サイトは、無料で動画を見れますが、危ないサイトに誘導されてしまう恐れがあります。

これらの動画共有サイトにアップされているドラマ動画は、違法動画なのです。
動画を見ることも違法になってしまうこともあるので、おススメできません!

そこで、西郷どん第33話の見逃し配信動画を見るなら、動画配信サービスのU-NEXTがおすすめです!

U-NEXTでは最大31日間無料トライアルを実施中!

31日間もあれば、過去の人気ドラマも無料で一気見することもできちゃいますね♪

ここからが重要なんですが、

無料期間中に登録して、31日以内に解約であれば、お金は一切かかりません。

でも私の場合また見たくなって、再登録しました。

>>>U-NEXTの31日間無料トライアルはこちら

またU-NEXTなら、西郷どん以外の最新ドラマや映画や雑誌、アニメなど見放題♪

31日間の無料トライアル期間を利用しないなんて本当にもったいないです。
今すぐ無料登録がオススメです!

>>>U-NEXTの31日間無料トライアルはこちら

U-NEXTに登録したら検索窓から「西郷どん」で検索してくださいね!

*「西郷どん」は見放題対象作品ではありませんが、無料登録時にもらえる600ポイントを利用してみることができます。

西郷どん34話の感想を紹介!

ここからは視聴者の方から寄せられた「西郷どん」34話の感想を紹介します!

感想①

今回は慶喜が将軍に就任して徳川を守ることにしたため、遂に西郷どんが状況を変えるために武力によって討幕を決意したりして、歴史が動いていたので興味深く、とてもひき込まれました。
坂本龍馬は内戦を避け日本を守りたい思いが強く、慶喜に大政奉還を行わさせ、最後に武力によって幕府を倒したい西郷と対立することになってしまい、それぞれが正しいと信じることを他の人と分かち合うのは難しいなと思いました。
また西郷と慶喜もあんなに仲が良かったのに、互いに対立するようになって残念です。
ただ大政奉還の件があっさりしすぎていたので、もっとそこに至るまでの詳細を描いて欲しいと思いました。

(男性 30代 福岡県)

 

感想②

徳川慶喜が将軍になり、さらに西郷どんとの仲もお互いの立場や、考えの違いから昔が思い出せないくらいな犬猿の仲になってゆき、これからの薩摩と幕府の関係がどうなっていくのかがみどころで、ドキドキするが、おふきと西郷どんは昔のままの仲でとても良い。
そこにほっとさせられる。
ハリセンボン春名が演じるとらとの掛け合いもいつ観ても笑ってしまう。
そして、うなぎシーンはとても美味しそうだった。昔も今もうなぎはみんなからとても好まれるものなんでしょうね。
次回の予告の龍馬が心配。
西郷どんも今後どんな人になっていくのか…

(女性 40代 神奈川県)

感想③

何より鰻が美味しそうでした。
「お隠れになる」と言う言い回しを初めて聞きました。天子様の崩御に今がチャンスと考えた吉之助と一蔵に最高潮に怒りが達した岩倉具視が我に返るシーンがおかしかったです。
しかし慶喜もしっかり諸藩への根回しが出来ていて吉之助の考えを見抜いての、しかも将軍の立場を使った久光への行動は見事に食わされた感じでした。
久光の慌てふためいた顔、無念、無惨な顔も良かったです。
あと慶喜には「大政奉還」のイメージが強かったので「征夷大将軍」と言っていたことに珍しさを感じてしまいました。
「倒幕の詔」を気軽に言うけど、と言った岩倉に「確かに…」と岩倉同様頷いてしまった場面でした。
長州に向かった一蔵を迎えた桂小五郎の「待っちょったぞ」の中に笑みが含まれていた表情が良かったです。
龍馬もしっかり噛んでいた「大政奉還」。
話し方が龍馬らしくなかったです。
全体的な見方をしていたのはやはり吉之助だったように思いました。

(女性 40代 福岡県)

 

感想④

鶴瓶の演じる岩倉具視が感情表現豊かで可笑しいです。
とても公家に見えず、彼が「麻呂」と言うと笑ってしまいます。

天子さまが亡くなり、半分狂った状態になり自害しようとするシーンが滑稽でした。
思わず「子供か!」と突っ込みました。また、「実際に、ここまで、岩倉具視って精神年齢低かったのか?」と疑ってしまいました。

ドラマの本筋は大政奉還までがちょっと早い。回数の都合もあるのだろうが、あっと言う間に進んだ感が否めない。

慶喜が日本(薩摩)を外国に切り売りしようとしていたというのは史実なのだろうか?
すごく考えさせられました。もし、切り売りしていたら、どんな日本になっていたのか?考えさせられます。
アナザー日本も見てみたい気もしますが、それは、もはや「日本」といえる国ではないのでしょうね。
フランス領「九州」とかいう風に、どこぞの植民地みたいになっているのかなと想像しました。

(女性 40代 福岡県)

感想⑤

慶喜は将軍にはならないと決めていましたが、孝明天皇から直接頼まれてはさすがに断りきれなかった気がして、本心は不本意だったように感じました。
ただ、ここから各国の要人を招いて最高権力を持ったとアピールする慶喜の先を見据えた策略は凄く、家康の末裔らしいなと思いました。
吉之助の事を心配したお虎が2人で出掛けられると思っていた所に、邪魔な新八が護衛としてついて来た上に、ふきまで現れて完全に脇に追いやられ嫉妬した姿は面白く笑いが止まりませんでした。
ふきから慶喜とフランスとの会話の中で薩摩が出てきたのを教えてもらった事が吉之助を動かしましたが、この知らせが吉之助になかったら今の日本とは全く違った世の中になっていたように感じました。
龍馬の考えは見事でしたが、吉之助たちの考え方は変わらず、どんどん手を組んだ人々がバラバラになっていくのが辛く感じます。

(男性 30代 熊本県)

 

感想⑥

時代が動きはじめると思わせる内容の回だったと思います。動きはじめているのに、なんとか留まらせようと考える人、関わりたくないと考える人、その動きに逆らわず乗ろうとする人。何百年も続いたものを壊し、世界を見据えて日本をまとめるのは、忍耐強く粘り、説き伏せ、考えを変えてもらわなくてはならない。少し前に進んだと思えば、ダメだったりで大変だったんだなと、簡単な歴史の教科書で勉強しただけの自分には、驚くことが沢山ありました。幕末から明治にかけての話は、時代劇にはよくある話なのに観たことがなかったので、今回このドラマで改めて勉強している気持ちです。

(女性 30代 千葉県)

感想⑦

ついに将軍になった慶喜と、かつて慶喜の盟友であった西郷の戦略のぶつかりあいがとても面白かったです。命がけで守ったはずの慶喜(ヒー様)を、「慶喜を殺さなきゃ終われん」と言い切る西郷のその胸中を想うととても複雑な気持ちになりました。もうあの頃の西郷からは遠いところに来てしまったのだと実感します。今回西郷は考え込んでる場面が多かったですが、そんなことを考えてるとは思いもよりませんでした。一方、将軍として思い切ったかじ取りをする慶喜も、底知れない怖さを感じさせます。板倉一人だけが天皇崩御に悲しんでいる姿がとても印象的な回でした。

(女性 30代 愛媛県)

 

感想⑧

この1話でいろいろなことが急展開していき、流れに付いていけないような感覚でした。特に、西郷吉之助の性格の変貌ぶりには、驚きと言うより、恐怖さえ覚えました。今までの温厚で優しい吉之助に帰ってきて欲しいです。今後、この性格の変貌ぶりに関して何かしらストーリーの中で触れてくれ、説明がつくのならそうであって欲しいと願います。変貌ぶりでは徳川慶喜もそうですが。短時間の大政奉還にと本当に急展開でした。様々な出来事が、ナレーションによる説明でどんどんばっさばっさ物語が進んでいき、えーッッ!?って感じでした(笑)

(女性 30代 静岡県)

感想⑨

時代の流れが変わるときで、西郷側からの視点でとらえられているので、急に大政奉還でびっくりした。視点が変われば悪者も変わる。それぞれの人物の思惑も交わって、疑り深く見ていました。
土佐藩での山内容堂と坂本龍馬のやりとりはあんなに龍馬は横柄な態度でいけたのか気になります。岩倉具視は演技が大げさでわざとらしく見えます。
今まで西郷が戦を好まず話し合いながら事を進めてきたのに、やはり武力しかないと思う思考をもう少し見てみたかったです。この後の展開に大きな影響を与える回だっただけに残念です。そうはいっても時代の流れに入ってこない話より、教科書に載っているような大きな事件がある回は復習しながら楽しんでます。

(女性 30代 山形県)

 

感想⑩

最初のほうの西郷どんが罠にかかったところが、面白かったです。
大きな体で、いつも網の罠にひっかかってしまい、周りのみんなに笑われてむすっとしている表情と、
人柄を表しているちょっとした出来事が軽快な場面だったと思います。
対照的に、徳川慶喜との仲はますます悪くなっていき、裏切りなどもあり、複雑な気持ちになりました。
個人的には、時代劇のセットや衣装にも興味があるので、今回は将軍になった徳川慶喜の衣装がピシッとしていて
刺繍など綺麗だなと思いました。和服も品があって、美しかったです。
外国との話し合いの場面の、赤い蝋燭と蝋燭立ても美しく印象に残りました。

(女性 40代 長崎県)

—————以上、「西郷どん」34話の感想でした—————

見逃した人「西郷どん」を1話からまとめて視聴できる「U-NEXT」がオススメです♪

>>>U-NEXTの31日間無料トライアルはこちら

西郷どん34話のあらすじを最後にチェック!

見逃し視聴を見るまえに、あらすじをチェックしておくと、
西郷どん34話の内容が理解しやすくなりますよ!

将軍家茂が21歳の若さで亡くなる。慶喜(松田翔太)は周囲の予想を覆し将軍の座につく。間もなく孝明天皇が崩御。吉之助(鈴木亮平)と一蔵(瑛太)は岩倉(笑福亭鶴瓶)と共に有力藩主たちで四侯会議を開き幕府をけん制しようとするが、慶喜にうまくあしらわれてしまう。さらに慶喜はフランス公使ロッシュと結び軍事支援を取りつける。その裏側に慶喜の危険な取り引きがあることを知った吉之助は、ついに武力討幕を決意する。

出典:「西郷どん」公式サイト

西郷どんの動画34話をフルで広告なしで見逃し視聴する方法!まとめ

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

いかがでしたでしょうか?

今回は、西郷どんの動画34話をフルで見逃し視聴する方法と感想を紹介しました!

安全・安心で高画質な見逃し配信を楽しんでくださいね♪

>>>U-NEXTの31日間無料トライアルはこちら

*本ページの情報は2018年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください

■関連記事

⇒西郷どんの動画33話をフルで安全に見逃し視聴する方法【9月2日放送】

⇒西郷どんの動画35話をフルで安全に見逃し視聴する方法【9月16日放送】