『グッドドクター』の9話が放送されましたね。ドラマもいよいよクライマックス。早速9話の見逃しをフルで無料視聴できる方法を探している人が多いみたいです。

無料動画はdailymotionやpandoraなどにもアップされていますが、かなり危険なんです。

今回は『グッドドクター』の9話の動画を無料でフル視聴できる方法とネタバレ感想を紹介します!

ここから安全でCMのない高画質な動画が、今なら無料で見れますよ!

↓ ↓ ↓

⇒FODプレミアム1か月間無料お試しはこちら!

『グッドドクター 』第8話の予告!

『グッドドクター 』9話を無料で安全に見逃し視聴する方法

『グッドドクター 』無料動画9話を、安全に見逃し視聴する方法を紹介しますね!
私は最近までdailymotionやpandoraなどでドラマの動画を見ていました。

でも、画質が悪く、広告が出てきたりして、正直不満でした。。。

これらの動画共有サイトにアップされているドラマ動画は、全て違法動画です。

そこで、『グッドドクター 』第1話の見逃し配信動画を安心安全に見るなら、フジテレビ公式の動画配信サービスの「FODプレミアム」がおすすめです!

「FODプレミアム」では今なら1か月間無料お試しを実施中!

⇒FODプレミアム1か月間無料お試しはこちら!

他にもFODプレミアムなら山﨑賢人さん出演のドラマが一気に見れちゃいます♪

私も無料期間中に登録して、1か月以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

完全無料で見れました!

今なら『グッドドクター 』1話から最新話まで一気に見ることができます!

ただ、1か月の無料お試しがいつまでなのかわからないので
今のうち無料登録しておかないと損ですね!

⇒FODプレミアム1か月間無料お試しはこちら!

*Amazonアカウントを使って登録するだけで1か月無料!

登録したら、FODの公式サイトから『グッドドクター 』で検索してくださいね♪

今すぐ登録できない場合は、このページをブックマーク(お気に入り)しておくと、あとで「あの方法なんだったけ?」となっても安心です!

『グッドドクター 』9話の視聴率

『グッドドクター 』第9話の視聴率は10・2%、2桁回復となりました。

第1話 11・5%
第2話 10・6%
第3話 11・6%
第4話 10・6%
第5話 12・2%
第6話 10・8%
第7話 13.0%
第8話  9.4%
第9話 10・2%

『グッドドクター 』9話のネタバレを紹介!!

『グッドドクター 』9話のネタバレを紹介します!

自分の本当の病

東郷記念病院の理事会で小児外科と産婦人科は年内に閉鎖することに決まった。

森下伊代(松風理咲)が小腸移植が必要とになった。これまでにたくさんの輸血を受けている伊代には複数の抗体ができていることから、他人の小腸が適合しない可能性が高いことが、伊代の姉・汐里(松井愛莉)に説明された。

汐里『家族が臓器提供する方法もありますよね?!』

夏美は臓器提供には合併症などのリスクが伴うことから、よく考えてから決断して欲しいと伝えた。

伊代と汐里は両親を事故でなくしていて、汐里が伊代の面倒を見ていた。

脳神経外科医・盛岡豊(東根作寿英)が小児外科の小児外科医・高山誠司(藤木直人)のもとを訪れた。盛岡が相談しに来たのは、伊代が恋をしている滝川亮平(萩原利久)の病状について。

バスケの練習中に頭を強打したことから水頭症を発症。

通常なら脳内に溜まった脳脊髄液を腹腔に流す手術を行うが、亮平には腹膜炎の既往で腹腔にひどい癒着があるため、その方法がとれないのだ。
また、亮平は腰髄も損傷していて、たとえ水頭症が治っても歩けない可能性が高いと、盛岡は説明する。亮平は小児外科に入院することになり、高山たちは至急治療法を探ることになるのだった。

亮平が隣の隣の病室に移ってきたことを知った伊代は、嬉しさを爆発させる。

『これって運命じゃない?!私に恋頑張れってことかな?!』

会話を交わすまでに仲良くなった伊代と亮平。病室でバスケットボールを磨く亮平に、

伊代『もし元気良くなったらさ、亮平くんのバスケの試合観に行っていい?』

楽しそうな2人の様子を見ていた研修医・新堂湊(山崎賢人)がその苦しい胸の内を夏美に明かした。

『伊代ちゃんも亮平くんもとても楽しそうに笑っていました。でも2人とも本当のことを知りません・・・』伊代にも、亮平にも、自分の本当の病については一切知らされていない。夏美は2人も辛いが、家族も辛いのだと湊に説明するのだった。

亮平の父親

『うるさい!もう出てってよ!』湊が伊代の病室を訪れると、伊代と汐里が言い争う声が聞こえてきた。

汐里の小腸が伊代と適合することを知らせる検査結果を、伊代が汐里のバッグから見つけ、見てしまったらしい。

伊代『もう全部知ってるから!私、手術は受けない!どれだけ私のお腹を切れば、気が済むの!?』

汐里『もし両親が生きてたら、伊代になんて声かけてあげるんだろう・・・』

湊『伊代ちゃんの担当医は僕です!伊代ちゃんのことは僕に任せてください!』

と言い、伊代を説得してみる。しかし、伊代は心を閉ざし、湊の目の前でカーテンを閉めるのだった。

『亮平、また来るね』亮平の病室を出た母親は、廊下で猪口と出会った。

母親『どうしてここに・・・』

高山はその現場を目撃してしまう。

亮平の母親から呼び出された高山と夏美。母親は有名なボストンの外科医を紹介されたため、そちらに亮平を転院させたいと希望を出した。

母親『それにこちらの小児外科は、年内でなくなると聞きましたので・・・』

夏美『どういうことですか?!』

何も知らない夏美は高山に尋ねた。

猪口は亮平の実の父親で、亮平の母親とは今は離婚していた。母親に転院を勧めたのは猪口だった。

今の亮平の状態で海外へ転院させれば、命の危険があることから、高山は猪口を説得しようとした。

しかし、猪口は息子の命を小児外科に任せることはできないと去っていく。

夏美に、高山は理事会で小児外科がなくなることが決まったことを告げた。

夏美『今ここにいる子供たちはどうなるんですか?!』

この地域に他に小児外科はないことから、子供たちがたらい回しにされることを夏美は心配していた。

高山『まだ時間はある。その間に、俺はここにいる子供たちを少しでも救う。力を貸してくれ』

伊代の真意

伊代のことを相談しに、湊は院長・司賀明(榎本明)の元を訪れた。

司賀『伊代ちゃんを毎日見てきた湊なら、きっと伊代ちゃんの気持ちがわかるはずだ。頑張るんだよ』

湊『はい、頑張ります!』

湊はそう元気よく言い、再び伊代の病室を訪れた。

湊『僕は考えました。でも僕が見てきた伊代ちゃんはいつも治療に一生懸命でした。でも今の伊代ちゃんは僕の知ってる伊代ちゃんではありません。どうして手術がしたくないのですか?本当のことを教えてください。お願いします!』

伊代『見たことあるでしょう?私のお腹の傷・・・』

伊代のお腹にはたくさんの手術痕があり、それを誰かに見られないよう、伊代は学校でも必死に隠し続けてきた。今回、汐里から提供を受ければ、汐里のお腹にも手術痕が残ることになる。

伊代『あんな惨めな思い、お姉ちゃんには絶対してほしくない・・・!』

伊代は涙を浮かべた。

汐里は音大進学を諦め、昼夜を問わずに伊代の治療費のために働いていた。

伊代『私、これ以上重荷になりたくない!お姉ちゃんを不幸にしてまで、生きたくないよ!』

伊代の言葉を、汐里は廊下で聞いていた汐里の目からも、大粒の涙が流れるのだった。

亮平の手術

翌日、亮平が母親とともに小児外科に別れを告げ、去っていく。すると、亮平が突然倒れた。その一報は高山や、夏美、伊代の病室にいる湊にも知らされた。『亮平くんが!?』湊が声をあげ、伊代は亮平の病状が急変したことを知るのだった。

亮平が意識障害を起こし、とても危険な状態にあることを知った猪口が、これから手術室へ向かう高山の元へ駆けつけた。『息子を、どうか助けてください!』高山の手を取り、深々と頭をさげる猪口。高山は力の限り、善処すると伝え、手術室へ飛び出していった。

脳外科・盛岡と高山による亮平の手術が始まった。盛岡が脳内に溜まった脳脊髄液を、カテーテルを使って排出し、それから先は高山たちの仕事だ。

しかし、予想通り、亮平の腹腔内は癒着が激しく、脳髄液を排出できそうにない。

夏美『肝臓の裏側に転換してみてはどうでしょうか?』

高山が亮平の肝臓の裏側を展開してみると、癒着がそれほどなかったため、そこに排出スペースをとることができると判断。

その後の高山たちの善処の結果、亮平は命を取り留め、水頭症は改善した。しかし、両足が動かないことに亮平が必ず疑問を持つことから、真実を亮平に伝えてあげて欲しいと母親に伝えた。その様子を、伊代が聞いていた。

意識が戻った亮平は、1番に布団をめくり、足の状態を確認した。しかし、足は動かないまま・・・亮平は拳で足を打ち始めた。

母親『ごめん!足はもう・・・・』

決意した伊代

伊代『私、バカみたい。浮かれて、バスケの試合観に行くとか言っちゃって・・・最低だよ』

湊『伊代ちゃんにどうしても見せたいものがあります』

湊が病室の外へ連れ出した。

湊と伊代は、亮平が病院の屋上で、車椅子に乗りながらバスケの練習をしているのを目撃する。

湊『亮平くんはずっと諦めていません。ずっとずっと、諦めていません』

もっと早くに足が動かないことを知っていたことを亮平は湊に明かしていた。

亮平『こんなになってまで、バスケがやりたいなんて、笑っちゃうよな・・・』

湊『笑いません!』

湊『僕は応援します!ずっとずっと応援します!』

再び亮平は手首にリストバンドをつけ、バスケの練習を始めた。

再び、現在。いつか、車椅子バスケットの試合にでれるようになれば、亮平が伊代に試合を見に来て欲しいと言っていたことを湊は伊代に明かす。
汐里が病気に立ち向かう伊代に勇気や希望をもらっていたと語っていたことを明かす。

そこに、汐里が現れる。

汐里『私は不幸になるためドナーになるんじゃない。伊代と2人でもっと幸せになるためになるんだよ。早く元気になって、亮平くんのバスケ、観に行くんでしょ?』

伊代は手術を受けることを決意するのだった。

高山の前に、猪口が現れた。『今回はあなた方に助けられました。ですが、採算性の悪い科を抱えていたら、いつかこの病院が潰れる。それは、事実です。ただひとつあなたに言い忘れていたことがあります。息子の命を救っていただき、ありがとうございました』

猪口はそう言い、頭をさげた。

伊代の組織検査の結果が高山から夏美に知らされる。

『伊代ちゃんの肝臓は肝硬変の状態だ。この状態では小腸移植はできない』

—————-以上ここまでが『グッドドクター 』9話のネタバレでした!—————-

ここから安全でCMのない高画質な動画が、今なら無料で見れますよ!

↓ ↓ ↓

⇒FODプレミアム1か月間無料お試しはこちら!

『グッドドクター 』9話の感想!

感想①

先生達の諦めずに治療法を見つける所、そして患者さんの生きる希望が生まれる所、家族の愛、絆、進藤先生の言葉に毎回感動します!患者さんの諦めずに何でも頑張ってみようとする姿に、自分も頑張らなければと考えさせられます。ドラマ内のスタッフのチームワークがどんどんよくなっていって、進藤先生もどんどん認められて行って凄いし、良かったなぁと思います。最終回の院長先生がどうなってしまうのか、いおちゃんの移植が成功するのか次回がまた気になって早く続きがみたいです!来週で最終回となってしまうのも残念です。進藤先生のアイスをホッペに当てられてキャッと驚いて立つ姿、しぐさがとっても可愛かったです!進藤先生が大好きです。

(女性 30代 埼玉県)

 

感想②

前向きに頑張ると必ず報われるということを教えてくれた。手術や入院生活から姉妹の絆、友達の絆、患者と医者の絆を感じさせてもらえた。
亮平はバスケの練習中に頭を強打したことから水頭症を発症。通常なら脳内に溜まった脳脊髄液を腹腔に流す手術を行うのだが、亮平は腹膜炎の既往で腹腔に酷い癒着があるためこの方法が取れない。また、盛岡は亮平が頭を打った時に腰髄も損傷したため、水頭症が改善されても歩行が困難になることも話す。それは両親の希望で亮平には伝えていないと言う。高山は自分たちに出来ることをするだけだと、小児外科チームにまずは水頭症の治療法を見つけることを指示する場面から、患者を助けるために全力を、尽くすための努力を感じさせてもらえた回でもあった。
最後の終わり方で、最終回も見たいと思わされた。

(女性 20代 山口県)

 

感想③

ある男の子りょうすけ君足はもう麻痺して動かない。諦め自暴自棄の彼だったかが、手術しないと命が危ないこと、そんなバスケットが好きな男の子に恋をした女の子いおちゃんもう手術はしないと頑として揺るがない。いおちゃんにはお姉さんがいる
医療費の為にバイトをしたりと自分のせいでみんな不幸になっているとから手術はしたくないと思っていた。でも男の子の諦めない気持ちがいおちゃんの気持ちを動かした。しかし、手術する為の状態ではないと検査結果で分かる。手術できない状態のいおちゃんだと分かった。そして滋賀先生はがんで倒れる。来週は同時移植どうなる?滋賀先生は助かるのかなと。また来週も気になる。

(女性 30代 茨城県)

感想④

湊がドナーのことをすぐ患者に言わず、患者や家族のことを考えられるようになっていることに驚いた。
知識だけでなく、少しずつ小児外科として成長していた。
移植が必要な家族やドナーについて考えさせられた。
患者だけでなく、家族のフォローも必要な大変な仕事だと思った。
小児外科の先生たちが湊に良い意味で影響をうけて、湊のことを理解してチームとしてまとまってきていてよかった。
湊のことを理解して支えてくれるのが、医院長や瀬戸先生以外にもいてよかった。
高山先生がいろいろと苦悩しているのが見ていてつらかった。
医院長と小児外科がどうなるのかとても気になるので、早く次回が見たい。

(女性 20代 東京都)
感想⑤

しんどうみなとが電話をでて、走って行ったら院長先生が倒れていて最終回の予告に行ったところと、女の子が実は肺に病気がありもう治らないとわかったところで口から血を出して倒れたら、次回予告にいったため、最終回がかなり気になる内容だったと思い出ます。
しんどうみなとが自閉症なのに女の子の手術をしたほうがいいと言っていたところや、しんどうみなと先生が、かっこよかったです。
キャストのみなさんそれぞれが役とすごく合っていて、いいです。
高山先生もかっこよかったと思います。
あと、瀬戸内先生もかわいかったと思います。

(女性 20代 山口県)
感想⑥

今回も湊の素直なところがよかった!
いおちゃんとお姉さんがどうなるかと思ったけど、途中でいおちゃんが湊にお姉さん対する思いを告げていたことに泣きそうになった。
りょうすけくんが本当は、足が動かないことを知っていて驚いた!お母さんの言えないでいる葛藤をりょうすけくんもわかっていたのかなと思った。
高山先生の「医者はただこの手を動かして、患者を助けるしかない」ってセリフにいい先生だなと改めて思った。
最後にりょうすけくんに湊がバスケを応援するし、練習を一緒にする姿にさすがやなと思った。
次回、医院長といおちゃんがどうなるか気になった!

(女性 20代 奈良県)

 

感想⑦

いつも湊の一生懸命な姿が好ましく思っています。
上野樹里の先輩先生の見守りも微笑ましくみております。
副院長が我が子のために大変な手術をしたのに、自分の政略のために小児外科病棟をなくそうとしている事は考え直すこともないのには腹が立ちました。
いつも嫌味な役で少しイライラします。
もう少しその下りを掘り下げて欲しい気もしました。
副院長が事務長を丸め込んでいるあたり、何か展開を期待します。なんかいつも思い悩んでいるだけの事務長というのも情けないし、あのパーティーにでも行くような洋服も病院らしからなくって現実離れしています。
今回は若い2人の二本立ての話の展開だったので仕方のない事かもしれませんが。ゆっくりとした展開か最終章に向けてバタバタと進んで行く感じが否めませんでしたが、今後の展開が気になります。

(女性 50代 埼玉県)

感想⑧

しょっぱなに倒れてしまいビックリしました。
姉を慕う妹、妹を支えに思う姉
母親や父親が足が動かなくなってしまった
息子と向き合う姿
そしてそれぞれの思いと葛藤の描写が
凄い細かくでも視聴者に分かりやすく描かれて
いるところが良かったです。
第9話に限らず毎回涙しながら観ています。
板尾さん演じる院長の憎たらしさも最高??
そして藤木直人さんが最終に
「それが小児外科の仕事ですから!」
のひと言はめちゃめちゃ素敵で最高でした。
あえて不満を言うならば、来週まで待たなくてはいけないのが
凄?くストレスです。
はやく観たくて観たくてたまりません。

(女性 40代 東京都)

感想⑨

毎話楽しく見ていますが、大体が1話完結の最後には心がホッとするような内容になっていますが、今回は最終話に向けての起承転結の転だった気がします。9話は姉妹のつながりがテーマだったように思います。湊先生が言っていたようにみんな大事なものが違うと、それはとても心がぐっときました。その通りだなぁ、と。みんなそれぞれ大切に思っているからこそ、1番に優先したい人は人それぞれなんだと思います。伊代はお姉ちゃんに迷惑をかけたくないし、だけどお姉ちゃんは伊代を助けたい、とても難しい問題でそれを理解し夏美先生に話した湊先生にグッときました。毎話成長している湊先生ですが、今回もしっかり伊代ちゃんのことも理解しお姉ちゃんのことも理解し成長が目に余るほどみえて視聴者としてもほっこりしています。全ての子供を大人にしたい、と訴えてきた湊先生の想いがしっかり伝わってきます。最後には伊代ちゃんの肝硬変が見つかってしまいこれからどうなるのかと、わかってはいましたが医院長のガンが悪化して倒れていました。しっかり最終話にも湊先生が湊先生でありますようにと思っています。来週とてもたのしみにしています。

(女性 20代 埼玉県)

感想⑩

湊が担当している伊代が想いを寄せている車椅子のイケメン青年の亮平は、病院の改革を進める副院長の猪口の息子という繋がりにビックリしましたが、高山たちが手術をすることで小児外科が残ると簡単に考えましたが、猪口は経営側の人間らしくプラスの数字を重要視する姿勢が変わらないず、高山は猪口から礼を言われて小児外科医として当然の事をしたと言った姿勢と、共にそれぞれの立場の仕事にぶれない感じを受けました。
伊代の姉の汐里がドナーになることを湊が2人で幸せになる事と表現していたのがとても素晴らしく、夏美から貰った半分のアイスを夏美と食べるともっと美味しいと言っていた所から、湊の初恋なのかなと感じました。

(男性 30代 熊本県)

『グッドドクター 』9話のあらすじを最後にチェック!

『グッドドクター 』9話の見逃し視聴の方法と、感想を紹介したところで、
視聴前にあらすじをチェック!

新堂湊(山﨑賢人)は、瀬戸夏美(上野樹里)や高山誠司(藤木直人)たち小児外科チームの一員として認められてきた。 東郷記念病院の経営を立て直すために、病院を高齢者向け療養施設にする改革案が会議で可決される。小児外科と産婦人科の年内廃止も決定されてしまった。
湊が担当する森下伊代(松風理咲)が倒れた。湊は夏美とともに伊代の姉、汐里(松井愛莉)に病状を説明。伊代には小腸の移植が必要と聞いた汐里はドナーになると言う。また、汐里は湊たちに伊代には自分から説明したいと頼んだ。

高山は脳神経外科の盛岡豊(東根作寿英)から患者の滝川亮平(萩原利久)についての相談を持ちかけられる。亮平はバスケの練習中に頭を強打したことから水頭症を発症。通常なら脳内に溜まった脳脊髄液を腹腔に流す手術を行うのだが、亮平は腹膜炎の既往で腹腔に酷い癒着があるためこの方法が取れない。また、盛岡は亮平が頭を打った時に腰髄も損傷したため、水頭症が改善されても歩行が困難になることも話す。それは両親の希望で亮平には伝えていないと言う。高山は自分たちに出来ることをするだけだと、小児外科チームにまずは水頭症の治療法を見つけることを指示する。

出典:フジテレビ『グッドドクター 』公式サイト

いかがでしたでしょうか?
安全・安心で高画質な見逃し配信を楽しんでくださいね♪

⇒FODプレミアム1か月間無料お試しはこちら!

■関連記事

⇒グッドドクターの動画(最終回10話)見逃しをフルで無料視聴する方法【9月13放送】
⇒グッドドクターの動画8話見逃しをフルで無料視聴する方法【8月30放送】