「高嶺の花」9話が放送されましたね。9話では、ついに主人公ももがある事実を知ってしまいます。見逃した人はオススメの視聴方法があるので今回はその方法をご紹介したいと思います。

もしかして見逃したドラマの動画をデイリーモーション、pandoraで探したりしていませんか?実はかなり危険なんです。

今回は、高嶺の花9話をデイリーモーション、pandoraより安全に視聴できる方法を紹介します。

⇒huluの2週間無料トライアルはこちら

高嶺の花 第9話の予告動画!

高嶺の花 第9話の動画を、安全に見逃し視聴する方法

高嶺の花 第9話を、安全に見逃し視聴する方法を紹介しますね!

私は以前、pandora、dailymotionなどでドラマの動画を見ていました。
でもすぐに削除されてしまい、見られなくなってしまいますね。

しかも、画質が悪く、広告が出てきたりして、イライラしてました(-‘д-)

これらの動画共有サイトは、無料で動画を見れますが、危ないサイトに誘導されてしまう恐れがあります。

これらの動画共有サイトにアップされているドラマ動画は、違法動画なのです。
動画を見ることも違法になってしまうこともあるので、おススメできません!

そこで、「高嶺の花」1話の見逃し配信動画を見るなら、動画配信サービスのhuluがおすすめです!

Huluでは今なら2週間無料トライアルを実施中!

2週間以内に解約であれば、お金は一切かかりません。

⇒huluの2週間無料トライアルはこちら

またHuluなら、高嶺の花以外の最新ドラマや映画や雑誌、アニメなど見放題♪
スマホで視聴が可能なので、通勤・通学中にも楽しめちゃいます。

2週間無料トライアルはいつまで続くかわかりません
お得に利用できるこの機会に無料登録しておくのがオススメです

⇒huluの2週間無料トライアルはこちら

高嶺の花 9話のネタバレ!

ここからは高嶺の花 9話のネタバレを紹介します!

千秋の正体

ももの部屋。

もも『全然進展ないってどういうことなの??!』

新庄千秋(香里奈)に文句を言うもも(石原さとみ)。

千秋はももの唯一の親友で、大病院グループのお嬢様で優秀な脳外科医だった。

千秋はももに頼まれ、直人(峯田和伸)に近づいていた。

もも『で、感想は?』

直人の感想を尋ねるもも。

千秋は直人が面白くて、チャーミングだと答え、『惚れちゃいそう』と漏らす。

千秋はハニートラップで、千秋に誘惑され、直人が他の女性になびいたことを知れば、ももは直人への未練を消せると考えていた。

華道界一の名門・神宮流の家元候補・兵馬(大貫勇輔)の自宅で、ももはもう1人の自分の正体が子供の頃の自分であることを知った。

兵馬『見えなくていい。あなた十分素敵な華道家ですよ』

兵馬『不思議なんだ。妹さんが指名された意味がわからない』

父・月島市松(小日向文世)が自分のうぬぼれを戒めようとしているのではないかと言うももに、それはあり得ないという兵馬。

兵馬『僕達を支えているのは、底知れぬうぬぼれだよ』

自分が家元に選ばれたことが納得できないなな(芳根京子)が、何か理由があるのでは?と市松に迫っていた。

市松『他言するでないぞ。ももは私の本当の娘ではない』

市松がそう明かし、ななも、そのことを知らなかったルリ子(戸田菜穂)も呆然とする。

千秋は、看護師になりすまし、手作りのお菓子を持ち、今村佳代子(笛木優子)のスナックへ。商店街の人々は、ももと違う家庭的な千秋のことを褒め、その会話を千秋のスマホを通じ、車中のももが聞いている。

ももは直人が自分のことをどう考えているのか?気になってならない。ももへの未練を尋ねられ、未練はないと直人は答え、聞くに堪えなくなったももは通話を切った。

ももが帰宅すると、玄関先に直人がいけたらしい生花が『初めたてですが、なかなか楽しいです。風間直人』というカードともに置かれていた。
もも『は?初心に帰れってか?なめてんじゃねえよ!素人が!』

神宮流の次期家元

神宮流の次期家元を選ぶ催事が行われる日。入院中の父親で家元は愛人の子である宇都宮への温情から、宇都宮に票を入れるであろうと兵馬は語り、家元の分の1票が勝負が始まる前に宇都宮に入れられた。

残りは6票。このうち、月島から参加したももとななを含む4票を宇都宮が握っている。宇都宮は勝利を確信。

公園で2人の千秋と直人。千秋は親からの愛情が受けられずに育ったことを、直人に明かした。

千秋『時々子供の頃のことを思い出すと、どうしようもない気持ちが湧き上がってくる。誰かを傷つけたくなっちゃう』

直人『心理学の本、たくさん借りられてますよね?最終的にその本にも書いてあるじゃないですか、あなたが悪いわけじゃないって』

直人『あなたが悪いわけじゃない』と微笑みながら伝えるのだった。

直人『大丈夫、あなたの父親になれる人にも出会えますよ』

直人はそう言い去っていった。

千秋『クマのぬいぐるみ。マジ惚れそう・・・』

と漏らすのだった。

宇都宮と兵馬が花を生け終わった。

『お気の毒ですが、次元が違う』すべての師範代が兵馬に票を投じ、5票を得た時点で兵馬の勝利が確定した。

兵馬『実は言うと、父は昨日なくなりました。この場に持って、家元を襲名いたします』

すると、なながおもむろに立ち上がり、宇都宮の前へ。

ななは菊の花を宇都宮の前に置いた。

なな『かわいそうに・・・』

神宮流にたてついたことから、宇都宮の新興流派は解散が決まった。ななから、かわいそうと言われた宇都宮は、ももに向かって、こう告げた。

宇都宮『かわいそう、俺からも言わせてくれ。上からではなく。あなたもだ。あなたは月島の娘じゃないのさ』

宇都宮はももが母親がどこぞの男との間に作った子供で、今まで隠されていたのだと明かす。

激しいショックを受けたももは、『信じない!』と宇都宮の頬を打った。

真実

鏡の間で花を生ける市松。市松は手の震えを止められなくなった。

『手の震えは心の迷い。お家元ももう1人の自分が見えなくなったから。残念だけど、一度見えなくなったら、もう見えないらしい』

背後から、ももが告げる。

市松『そうか・・・』

もも『いつから?私のせい?私はお家元の娘じゃないんですね・・・』

市松『どう思う?』

ももは不思議とどうも思わない、怒りも苦しみも湧いてこない、市松の心情を考えると、感謝の気持ちしか湧いてこないと答える。

もも『ママに裏切られたのよね?それでも私を娘として育ててくれた。何不自由なく。ありがとうございました』

ももは涙を流しながら、床に手をつき、礼を言った。

実家を出たももは抜け殻のようになりながら、街を歩き、気がつけばかつて風間と一緒に訪れた植物園にいた。

『どうしてこんな時でも、お花に囲まれてたいの?』ももは声をあげ、泣き崩れた。

駅前のスナック花のホステスに、ももが返り咲いた。

直人『何してるんですか?!』

呼び出された直人が駆けつける。

もも『花がかわいそう。綺麗にしてあげられる自信がないんだったら、触るなっつうの!』

もも『家元の娘じゃなかったの!』

ももは自分が亡き母とどこぞの男と作った子供だったことを明かした。

もも『私が1番嫌いな浮気、くそったれゲス不倫の末にできた子供だったの!笑って!』

直人が無理に笑うと、と一喝した。

ももは『人の不幸を笑うな!』。

自分は高嶺の花ではなく、道端の雑草だったと笑うももを、『帰りましょう!』と説得する風間。

もも『プーさんが嫌ならいいから!男なんて腐るほどいるの!』

ももは、直人が自分のストーカーだと助けを求める。

直人は外に連れ出され、男たちからボコボコにされる。

そこへ高井雄一(升毅)が現れ、直人は助け出された。

ももを車に乗せた高井。『もも様』と呼ぶ高井に、様付けはやめろとももは切り出す。『高井様は知ってたの?私がお家元の子供じゃないって』

ななの愛

高井が直人の自転車屋を訪れた。

直人『月島の家元の娘じゃなかったと・・・彼女が荒れていた理由はそれでしょう』

高井はももが戸籍上も月島であるため、他言はしないようお願いした。

『分配しませんか?彼女の痛みの分配です。あなたと俺で』

自分でよければと答えた高井に、

直人『お父さんですよね?あなたが本当のお父さんではないですか?』

以前、ももとの結婚を直人にはももに到底受け止められないと反対した高井。

その時の高井の様子に、父親を感じたと言う直人。もし高井が本当の父親なら、名乗り出たほうがいいという直人は言う。

しかし、高井は否定し、去っていった。

引越しの準備をする宇都宮の元を、ななが訪れた。家元にはならないとななは言い、自分は宇都宮と行くと決めているのだと語る。

宇都宮『俺は君に毒を盛ったはずだ』

もし自分が宇都宮と寝ていれば、簡単には毒が抜けきれないほど、もっと宇都宮のことを憎んだのに、なぜ寝なかったのか?と尋ねた。

宇都宮『汚したくなかった!お前、そんな経験をしてないんだろう?!クソ!俺みたいなやつ、まっすぐな目で見やがって!バカなんじゃねえのか!?』

ななは宇都宮を優しく抱きしめる。

なな『今もまっすぐに見てるよ。今日は帰らない。心配しないで。汚れたり、汚れたりなんかしない。逆に、あなたを戻してあげる。もとの綺麗なあなたに・・・』2人は固く抱き合った。

真実を明かした高井

ももの自宅。『最低よね、私・・・』そう漏らす、ももに最低なのは自分のほうだと、高井が切り出す。かつて、ももと同じく、もう1人の自分が見えなくなり、その原因が妻・チエコを愛しすぎたせいだと考えたと高井は語り始める。

市松はチエコを遠ざけ、寂しさを抱えたチエコはそのことを当時の本部長に相談していた。

高井がそこまで語った時、ももは自分の父親が高井であることに気づく。

もも『あなたのなのね・・・』

チエコと2人、市松に心からの謝罪をしたこと、チエコがどうしても産みたいと言って聞かなかったこと、娘の成長を見守りたいという思いから、運転手として雇ってもらったことを明かす。

しかし、ももは固く心を閉ざしていた。

もも『自分を正当化したいの?ふざけないで。出てって。私の前にもう二度と現れないで。私には父親なんかいない・・・』

ももはドアを激しく閉めるのだった。

直人の怪我を心配し、様子を見に来たという千秋が、土砂降りの雨の中、直人の自宅を訪れた。

千秋『なんか煮え切らない関係って、私苦手で・・・』

千秋はそう言い、風間といると落ち着くこと、ずっと一緒にいたいと思っていることを明かした。その様子を千秋のスマホを通じ、ももが自宅で聞いている。

そんな千秋を目の当たりにし、風間はかつて亡き母・節子(十朱幸代)が語っていた、(さみしいっていう感情は敵よね。そういう時は魔が刺しちゃう。近くで優しくしてくれる人に寄りかかっちゃう)という言葉を思い出した。

千秋『私ならプーさんの気持ち、わかってあげられる。傷つけたり、さみしい思いさせたりしない』

ももは1人ベッドの上で、涙した。

⇒huluの2週間無料トライアルはこちら

高嶺の花の感想紹介【9話】

感想①

石原さとみさんが演じるモモが家元の実の子供じゃなかったのは予想外の展開でハラハラしました。いつから妹のナナを次期家元にしようとしていたのか気になります。ふたりのお父さん(家元)が入院したときに言っていた、モモを家元に…というお母さんの遺言は本当なのか…?!ナナが次期家元と言われてからしっかりさが増している気がして、演技力の高さを感じます。やっぱりぷーさんとモモは最終的に惹かれあってしまうのだとそう思いました。モモが実の子供じゃないと知ったとき、実の父は予想通りでした(笑)どろどろの展開おもしろいです!

(女性 20代 宮城県)

 

感想②

ももと千秋が友達で千秋がぷーさんにハニートラップを仕掛けていたという意外性にとても驚かされました。
また家元の実の娘ではないと知り落ち込むももにぷーさんが生け花を届けるシーンはとても心が温かくなり良かったです。
そして本当の父親についても運転手の高井さんだと気付いているぷーさんは本当にすごいと思いました。ぷーさんが言ってる言葉もとても心に響き、彼は一体何者なのかどんどん気になっています。
自分が父親だとももに告げた高井さんの心境を考えると切なくなり、今まで父親と名乗れず荒れたももをただ見守ることしかできなったのは辛かっただろうなと思いました。

(女性 30代 神奈川県)

 

感想③

京都神宮流はやはり兵馬が後を継ぎ、龍一は俎上で呆気なく敗れるという流れになりましたね。龍一があれこれと小細工に走る姿を見ていたので、華道家としてまともに正面対決したら勝ち目が無いのだろうとは思っていました。蓋を開けてみると、その実力差はやはり「次元が違う」とまで言われてしまうほどのもの。これではコンプレックスを抱えて歪んでしまうのも仕方なかったのかもしれませんね。同じような境遇の月島ななは色々あって次期家元の座を勝ち取ったわけですが、そんな彼女との交流が龍一の心に光を与えてくれるのを期待するしかありません。

(男性 30代 新潟県)

 

 

感想④

運転手の高井さんが、父親と名乗られ時のももの表情がとても良かったです。高井さんは辛いだろうなと思いました。
けどももも、自分が家元の娘じゃないと分かりとても辛いと思いました。
また、千秋とももが学生時代からの親友だったとは、驚きました。偶然出会ったと思っていたので、裏切られた気持ちでした。
ぷーさんはどうしてあんなにいい人なんだろうと思ってしまいました。人から傷つけられることはあっても人を傷つけることは絶対にないんだろうなと思いました。
千秋とももが、最後いい感じになっていましたが、きっとぷーさんは千秋を抱くことはないんだろうなと思います。

(女性 30代 大阪府)

 

 

感想⑤

家元の市松の考えていたよりも、龍一がももに父親と思っていた市松と血が繋がっていない秘密を暴露され、遥かに深く傷付いたももが、憎むべき市松に対して育ててくれた事への感謝の思いを伝える場面は切なくなりました。
龍一は神宮流の家元をかけた俎上に負けたものの、市松の指示だったとはいえ、純粋で無垢のななを傷付けたにも関わらず、ななは龍一を選び、ななが龍一の病んだ心を癒すという愛情に包まれた場面は良かったと思いました。
直人にももが仕掛けた千秋のハニートラップでしたが、千秋が直人をももから奪うためにスマホで聞かせるような所は怖く、ももの精神が持つのか心配になりました。

(男性 30代 熊本県)

 

 

感想⑥

今までの回のなかで一番良かったです。兵馬の華道への向き合い方も普通の人間では寂しさを感じると思いますが、圧倒的でむしろ潔さを感じて気持ちが良かったです。また対決で敗れた龍一の方も実はとてもピュアなことが分かり、ななとも和解出来たのでよかったです。最初は反発していましたが、それでも真っ直ぐに自分を見てくれるななが嬉しかったんでしょうね。龍一は幼少の時の寂しさが原動力でもあったと思いますが、やはり人を憎しみ続けるのはしんどいのだと感じました。それにしても一番びっくりしたのは、図書館で偶然出会ったと思っていた千秋が実はももの親友だったことです。しかも直人を誘惑することを二人で画策してるなんて。次回がどうなるのか気になって仕方がありません。

(女性 40代 滋賀県)

 

 

感想⑦

まず、千秋が直人の前に突然現れたのが、ももの思惑だったことに驚きました。視聴者の意表をつく設定でなるほど!と思いました。
その後、ももは自分が家元の本当の子どもでないことを知りますが、それで自暴自棄になってしまったももを見ていて切なくなりました。ももの荒れてしまう姿はもはやこのドラマの醍醐味です。
そんなももをよそに直人と千秋がいい感じになっていくのもハラハラします。直人にはもものことを真っ直ぐ思っていてほしい、千秋の誘惑に流されないでほしいと思ってしまいます。次回最後にももと直人がどうなるか楽しみで仕方ありません。

(女性 30代 埼玉県)

 

 

感想⑧

千秋と直人は偶然出会ったのか思っていましたが、実はももが仕組んだことだと知って驚きました。直人が色仕掛けに引っかかったらきっぱり忘れる事ができると思って千秋に頼んだと知って納得しました。直人が最低な男だったらそれまでの人だと思って忘れる事ができるかもしれません。しかし、直人はももへの気持ちを残したまま千秋には行かないと思います。直人はそれくらい純粋に一途にももの事を思っていると思います。千秋の色仕掛けによって逆にお互いがどれだけ思い合っているかを確認する事ができると思います。
最後のシーンは千秋が直人を挑発しているところで終わりました。直人がどんな対応をするのか楽しみです。

(女性 30代 東京都)

 

 

感想⑨

今までは、少し現実ばなれした設定に動揺することもあったもものの、「お嬢様の家や名門の家柄ではこれが常識なのかな」などと考えてストーリーを楽しんできました。しかし、9話では市松が自分の実の親でないことをモモは龍一から聞かされて知ってしまいます。現実であれば、大変なことをたくさん経験してきたモモは、精神が崩壊してしまうかもしれないと思います。しかも、現実にはこんなひどい出来レースみたいなことをする人がいるのかなと少し冷めてしまいました。ももと風間は結ばれるのかな?と楽しい気持ちでドラマを見ていましたが、モモが自暴自棄になる様子があまりにも悲しくなってしまいました。

(女性 20代 東京都)

 

 

感想⑩

今回一番の個人的なヒットは、千秋がももの親友だったことです。香里奈がイメチェンして役に挑んでいるのかと思ったので、大いに騙されました。
もものエキセントリックな考え方はよくわかっているつもりでしたが、それにしても結婚式場でふった挙句、ハニートラップを仕掛けるとは、まさに自分がやられて嫌だったことのオンパレードです。意味が分からないです。「芸術に色恋は最悪の組み合わせ」というのは分からないでもないですが、人を傷つけて自分が悪者になることを糧にするなんて、狂っているとしか言いようがないので、なながピュアなままでいるのがバランスが取れていて嬉しいです。

(女性 40代 静岡県)

高嶺の花 9話のあらすじを最後にチェック!

見逃し視聴を見るまえに、あらすじをチェックしておくと、
高嶺の花 9話の内容が理解しやすくなりますよ!

堂湊(山﨑賢人)は、瀬戸夏美(上野樹里)や高山誠司(藤木直人)たち小児外科チームの一員として認められてきた。 東郷記念病院の経営を立て直すために、病院を高齢者向け療養施設にする改革案が会議で可決される。小児外科と産婦人科の年内廃止も決定されてしまった。
湊が担当する森下伊代(松風理咲)が倒れた。湊は夏美とともに伊代の姉、汐里(松井愛莉)に病状を説明。伊代には小腸の移植が必要と聞いた汐里はドナーになると言う。また、汐里は湊たちに伊代には自分から説明したいと頼んだ。

高山は脳神経外科の盛岡豊(東根作寿英)から患者の滝川亮平(萩原利久)についての相談を持ちかけられる。亮平はバスケの練習中に頭を強打したことから水頭症を発症。通常なら脳内に溜まった脳脊髄液を腹腔に流す手術を行うのだが、亮平は腹膜炎の既往で腹腔に酷い癒着があるためこの方法が取れない。また、盛岡は亮平が頭を打った時に腰髄も損傷したため、水頭症が改善されても歩行が困難になることも話す。それは両親の希望で亮平には伝えていないと言う。高山は自分たちに出来ることをするだけだと、小児外科チームにまずは水頭症の治療法を見つけることを指示する。

亮平は伊代の隣の病室に移されて来る。大喜びの伊代だが、自分の症状やドナーの件は、まだ汐里から知らされていなかった。一方、夏美は担当となった亮平の病状を猪口隆之介(板尾創路)から聞かれる。

出典:「高嶺の花 」公式サイト

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

いかがでしたでしょうか?
安全・安心で高画質な見逃し配信を楽しんでくださいね♪

⇒huluの2週間無料トライアルはこちら

*本ページの情報は2018年9月時点のものです。最新の配信状況はhuluサイトにてご確認ください。

■関連記事

⇒高嶺の花ドラマ動画8話の見逃し無料視聴方法!【8月29放送】

⇒高嶺の花ドラマ動画(最終回10話)の見逃し無料視聴方法!【9月12日放送】