『健康で文化的な最低限度の生活』(ケンカツ)の8話が放送されましたね。7話を見逃し視聴できる方法を探している人が多いみたいです。
ケンカツのドラマ動画はデイリーモーションやパンドラにアップされていますが、かなり危険なんです。

今回はデイリーモーションやパンドラよりも、綺麗で安全に『ケンカツ』を見逃し視聴できる方法を紹介しますね!

ここから安全でCMのない高画質な動画が、今なら無料で見れますよ!

↓ ↓ ↓

>>>FODプレミアム1か月無料お試しはこちら!

『健康で文化的な最低限度の生活』第8話の予告!

『ケンカツ』8話を安全に見逃し視聴する方法

『ケンカツ』動画8話を、安全に見逃し視聴する方法を紹介しますね!

私は最近までデイリーモーション、パンドラなどでドラマの動画を見ていました。

でも、画質が悪く、広告が出てきたりして、正直不満でした。。。

これらの動画共有サイトにアップされているドラマ動画は、全て違法動画です。

そこで、『ケンカツ 』第6話の見逃し配信動画を安心安全に見るなら、フジテレビ公式の動画配信サービスの「FODプレミアム」がおすすめです!

「FODプレミアム」では今なら1か月間無料お試しを実施中!

>>>FODプレミアム1ヶ月間お試しはこちら!

他にも人気のドラマや映画が一気に見れちゃいます♪

私も無料期間中に登録して、1か月以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

今なら『ケンカツ 』1話から最新話まで一気に見ることができます!

ただ、1か月の無料お試しがいつまでなのかわからないので
今のうち無料登録しておかないと損ですね!

>>>FODプレミアム1ヶ月間お試しはこちら!

*Amazonアカウントを使って登録するだけで1か月無料!
*『健康で文化的な最低限度の生活』の視聴は300ポイント必要ですが、毎月8の付く日(8日、18日、28日)にFODプレミアム会員限定でもらえるポイントで見ることができます。

登録したら、FODの公式サイトから『健康で文化的な最低限度の生活』で検索してくださいね♪

今すぐ登録できない場合は、このページをブックマーク(お気に入り)しておくと、あとで「あの方法なんだったけ?」となっても安心です!

『ケンカツ』8話のネタバレを紹介!!

アルコール依存症

赤嶺岳人が、酒を大量に飲み救命に運ばれた。

義経えみるは、ケースワーカーになって1年。
赤嶺が入院したと電話が来る。

お酒の飲みすぎで、膵炎だと言われる。

赤嶺「大丈夫です。もう大丈夫ですから」
えみる「ちゃんと治してもらわないと。」
赤嶺「はいはい。義経さんがそう言うなら」

数日後、赤嶺は、勝手に退院した。

赤嶺の家に行く、義経。
飲んでいる赤嶺。

赤嶺は弁当と缶チューハイを買ってきてくれと、えみるに頼む

えみる「なんで、もっと真剣に取り組まないんですか?」

赤嶺「昔は、俺にも家族がいて、頑張ってたんだけどね。」

と、家族写真を見せる。

えみる「赤嶺さん、禁酒しましょう。アルコール依存症の疑いがあります。このまま飲み続けたら・・・」

赤嶺「死ぬ?あんた、目元が娘に似ているんだよね。わかりましたよ。やめます。」

えみる「絶対ですよ」

娘に誓って酒をやめると言う

生活課で飲み会
アルコール飲料の対応は難しいと、半田と石橋。

赤嶺のアパートに、義経えみると七条竜一が行く
お酒が残っているようなので、今日は失礼しますと、七条がえみるを家から出す。

義経えみるは、アルコール依存症について本を読んで勉強する
半田が紹介したい人がいると言う

断酒会

断酒会に行く。アルコール依存症だった人たちの話を聞く

金森恭子は、お酒を飲むために旦那の財布からお金を取っていたと。
息子のお年玉にも手を出したと言う

金森「アルコール依存症は病気だから、お酒に対しては無力になってしまう。お酒を飲まなければ普通の人。その人に伝えてあげて、一人で闘っても勝てないよって。」

半田「断酒のきっかけをあげてあげられるのは、義経さんだけなんです。その覚悟はありますか?正しい知識を伝えてあげること、つながり続けて行くこと、チャンスが来たら逃さないことです。
と、義経えみるは教えてもらう

赤嶺のアパートに行くえみる。と、赤嶺が倒れていた。

半田は、ここからアルコール治療につなげるチャンスだと。

精神科で診察してもらうと、アルコール依存症だと診断されるが、赤嶺は否定する。
えみるが説得すると、赤嶺はわかったと。専門の病院に転院することになった。。

定食屋に、同僚と一緒に行く義経えみる
えみるは恋愛より、仕事に燃えてると。

断酒会

赤嶺「アルコール依存症ってなんですか?俺はそんな病気じゃないんです。」

京極に報告すると、時間がかかりそうだなと。

と、石橋五郎が、義経えみるに声をかける

石橋「私も、昔、アルコール依存症の人の担当したことがあるんです。若かったから、一生懸命やりましたよ。けど、死んでしまいました。アパートのトイレで。正直、楽になりました。でも、今でも思い出します。飲んで死ぬか、飲まずに生きるか。」

それ以来、石橋は、利用者に感情移入しないようになったと言う

石橋「義経さんならできるんちゃいますか。義経さんなら、できるような気がするんです。」

3ヶ月後。えみると七条たちは、赤嶺のアパートの掃除に行く。

赤嶺「ありがとうございます。俺、心を入れ替えて、頑張りますよ。そしていつか娘に」

次は自助グループだと、えみる。

赤嶺が居酒屋でアルバイトを始めた。

自助グループにも行っていると言う。
娘に会いに行きたいと言う

赤嶺は、夢を見る。
妻が、あんた、また飲んだんでしょ?覚えてないんだ。最低。

赤嶺は、客にお酒をかけられてしまう。
残りのお酒を見ている。

赤嶺が自助グループに来てないと、えみるに電話が入った。
赤嶺は自宅にもおらず行方不明に。

失踪のため、生活保護を廃止も検討しなくてはならないかもしれない。

大家さんにアパートに入れてもらうえみる。
酒の空き瓶が散乱している。

えみるは、釣りをしながら、酒を飲んでいる赤嶺を見かける。

逃げる赤嶺

赤嶺「なんの用ですか。もう生活保護切れてるんですから」

義経えみる「切れてませんよ!」

赤嶺「俺のことクズだと思ってるんでしょ。娘と再会なんてできないんだよ。俺には、酒以外に何もない。家族もいない。俺なんか生きてたって」

と、義経えみるが、赤嶺の手を握る
えみる「私は、赤嶺さんのこと信じてましたよ。それは、生きていて欲しいからです。私は、まだ終わってないと思ってますよ」

えみる「もう勝手にしてください。知りません」

赤嶺「義経さん。もう一度やり直してみます」

クラブで働いている阿久沢の娘・麻里が、倒れた連絡が入った。

—————-以上ここまでが『ケンカツ』8話のネタバレでした!—————-

ここから安全でCMのない高画質な動画が、今なら無料で見れますよ!

↓ ↓ ↓

>>>FODプレミアム1か月無料お試しはこちら!

『ケンカツ』8話の感想を紹介!!

視聴者の皆様から寄せられた『ケンカツ』8話の感想を紹介します!見どころを語ってくれているので、ぜひチェックしてくださいね!

感想①

第8話はアルコール依存の方との関わりがテーマの回でした。主人公のえみるが何とかお酒から立ち直らせようと奮闘する姿はいいなと思いました。しかし、話の中で少し違和感を覚える部分が多々ありあまり良い話だと感じられませんでした。私はケースワーカーではないのですが、福祉の仕事をしています。ご本人の前で病院や支援者の方が「中毒」という言葉を使うということは配慮に欠けるなと思い、共感できませんでした。また、アルコール依存の疑いがあり暴れた経験のある男性利用者の方の自宅に若いケースワーカーを一人で向かわせることも近年は少なくなっているように思います。これを見て学生の方が怖いと感じ、ケースワーカーを目指したいという気持ちを削いでしまわないか少し不安になってしまいました。利用者さんのことを自分の事のように考え一生懸命なえみるは素敵ですが自分の思いが強すぎて少し勇み足担っているように感じます。えみるの熱い想いは少し控えめにして、もっとゆったりした流れでも良いように思いました。

(女性 30代 三重県)

 

感想②

アルコール依存の恐ろしさと言いますか、それを本人にきちんと自覚させる難しさというものがよく描かれていて少しゾッとさせられました。お酒を飲んでいる間は気持ちいいのでしょうし、飲まずにいた方が離脱症状などでかえって具合が良くないような状態になるそうですからね。それだとなかなかお酒からは離れられないのかもしれません。えみる以外のケースワーカー……特に男性陣が「どうにもならないから放っておいた方がいい」となるのも無理はないですね。しかし、そこで諦める事なく治療を勧め続けたえみるのおかげで、今回の受給者は生活再建に舵を切る事が出来ました。彼も今度こそ断酒を続けられると良いですね。

(男性 30代 新潟県)

 

感想③

赤嶺はアルコール依存症で、アルコールを辞めようと思えば思うほど苦しくなってやめることができないのでどうなることかと思ってしまいました。えみるには辞めると約束してくれるのですが、全く辞めれないため病院に運ばれてしまったところはどうなるかとひやひやしてしまったところです。しかし、えみるはチャンスだと思い赤嶺に病気を克服してもらうことができるように寄り添ったため、とても良かったと思いました。病気はすごく辛くてやめたくても一度手を出したら辞めることができなくなってしまうため、とても辛そうでした。えみるは諦めずに赤嶺に付きまとって助けたためとても良かったと思いました。

(女性 20代 熊本県)

 

 

感想④

アルコール依存症のことが少し理解できた気がします。国のお金でお酒飲んで…と複雑でしたが、病気なんだと理解しました。
お酒好きで毎日飲む人とどう違うのか判断が難しいなと感じました。人の人生を左右するケースワーカーという仕事はすごいなと感じました。
義経さんと赤嶺さんとの川でのシーンに感動して、とても良かったです。
赤嶺さんは確かに今はお酒しかないかもしれないけど、人生やり直していくうちにまた大切なものが見つかるんじゃないかなと思えたことも、良かったです。
また、義経さんのとんかつを食べているシーンが美味しそうでとんかつが食べたくなりました。

(女性 30代 大阪府)

感想⑤

8話はアルコール中毒受給者問題で、生活保護受給者の中にはアルコール中毒や病気や認知症などの様々な疾患を抱えている方もいて、そんな大変な状況にも立ち向かって自立に向けて生活のサポートをしなきゃならないケースワーカーの仕事は想像以上の苦労があるなと関心してしまい、めげずに裏切られても受給者に向き合う義経に感動してしまい良かったです。私なら心折れるし、投げたすよなと考えさせられました。毎回色々な人生の受給者のパターンがストーリーになっているから、その度に仕事としてのやり方もも人としての向き合い方も違うので一話完結編型で毎回面白くて良いです。

(女性 40代 栃木県)

 

感想⑥

新年度を迎えて係長の京極とケースワーカーたちの飲み会で乾杯をした時に、京極だけがストローつきのアップルジュースを飲んでいるのを可愛いと愛しいように言っていた七条を見ると意外と男性の方が好きなのかと思ってしまい、京極と七条が付き合い始める展開を想像してしまいました。
アルコール依存症の赤嶺は、担当していたえみるとの会話を楽しんでいるようで軽い人だなと思っていましたが、えみるに会えない娘を重ねて見ていたようで、最後の川の中でえみるが赤嶺の手を握り説得しても変わらない意思を見たときに、手を離して知りませんと去っていく方法は1番効果的だったと感じましたが、えみる自身はこの事に気付いていないように思われて赤嶺に娘がいてくれて良かったと思いました。
赤嶺を演じられた音尾琢真さんの演技力が高く、アルコール依存症の恐怖がよくわかった物語でした。

(女性 30代 東京都)

 

感想⑦

第8話は、えみるの担当がアルコール依存症の市民でした。本人には自覚がなく依存症ではないと言い切りますが、現実社会にもこのような人がいるのかと想像しました。えみるは、上司とよく相談して段階を踏んで進めていったところは、とても効率的だと感じました。市民がアルコールを断つ過程はうまく描かれており、断酒というものが大変なんだなと感じました。えみるは、ケースワーカーとして成長しているのが前回よりも、画面を通して伝わったのが良かったです。えみるたちは、市民の部屋の片付けもしたりして、とても丁寧な対応だと感じました。

(男性 40代 埼玉県)

 

感想⑧

アルコール依存症の恐ろしさが赤裸々で、怖かったですが、「自覚が大事」「生きていればやり直せる」ということが、とても勉強になりました。
赤嶺役の音尾琢真の演技がすごくリアルで良かったです。先日「ヒモメン」で脱ヒモの塾を開いておきながら、結局ヒモに戻った人ですよね。
この話は真剣な中にも笑いの要素もあって、そこが好きです。えみるの男性上司が彼女を心配しているときに半田は「自分不器用ですから」と言ったり、石橋が「プリン冷めてしまう」と言ったり。
定食屋でのやり取りも心が和みます。順風満帆な阿久沢がつまづくエピソードが来るそうですが、笑顔をなくさないでほしいです。

(女性 40代 静岡県)

 

感想⑨

アルコール依存症を取りあげてくれてことに感謝です。お酒を止めれば治ったと勘違いしてしまう人が多くて、社会復帰するまでに、多くの時間を費やします。また、社会の理解が得れない部分の社会復帰に遅れてしまうのが現実です。そういう点を踏まえてドラマでやっていただいていたので大変よかったと思いました。半田さんがえみるちゃんを信用してきている姿もほのぼのとしてよかったように思いました。しかし、アルコール依存症だけでなく、他の病気で働けなくなっているなかにも、多くの偏見から起きているものがあるのではないかと思いました。もっと国全体で皆が働きやすい社会を提供してくれればいいと思いました。

(女性 40代 大阪府)

 

感想⑩

生活保護者、またアルコール中毒者が立ち直ることがいかに難しいか、そのこころの葛藤が、ありがちな展開でしたがよく表現されていました。またそれを支える立場のひとたちがいかに強く根気を持ち接する必要があるのかということも、おもしろいほどきれいに描かれていて良かったと思います。反面、この主人公でなければ対象者は立ち直れないのではないか、という印象も強くしました。主人公と対象者が川のなかで語り合うシーンでは、家族を失うことの悲しみの深さがとても伝わってきて、おもわず涙してしまいました。絆こそが人間を支える唯一のものであるということがストレートに伝わる、良い回でした。

(男性 30代 東京都)

『ケンカツ』8話のあらすじを最後にチェック!

『ケンカツ』8話の見逃し視聴の方法と、ネタバレを紹介したところで、
視聴前にあらすじをチェック!

ケースワーカーとして2年目を迎えたえみる(吉岡里帆)のもとに、利用者の赤嶺岳人(音尾琢真)が病院に搬送されたと連絡が入る。過度な飲酒で膵臓(すいぞう)を壊し、アルコール依存症の疑いもあるという。しかし、当の本人は治療する気ゼロで、このまま飲み続ければ間違いなく死んでしまう。もう二度と利用者を死なせたくないえみるは、必死に説得し、何とか禁酒を約束させるが、数日後、赤嶺は再び酒を飲んで大暴れする。約束をいとも簡単に破られたことにショックと怒りを覚えるえみるだったが、調べてみると、アルコール依存症はれっきとした病気で、自分の意思では治せないことを知る。

まずはアルコール依存症について知らなければ…と考えたえみるは猛勉強を開始。半田(井浦新)のアドバイスで、断酒を目指す人たちが集まる“断酒会”を訪ね、驚くべき実態をまざまざと見せつけられる。アルコール依存症患者と向き合うのは、ケースワーカーとして最も困難な作業だと知る半田から、「その覚悟はありますか?」と問われたえみるは、治療のきっかけを与えられるのは自分しかいないと奮起し、早速、そのチャンスが訪れる。

再び病院に搬送された赤嶺は、「次は、命はありませんよ」という医師の言葉と、えみるの熱い説得でようやく治療に専念することを承諾。ところが、結局本人はいまだに自分が病気だという自覚がないままで…。えみるはアルコール依存症が“否認の病”と言われる理由を思い知る。どうしたら病気だと自覚させ、治療につなげられるのか――。思い悩んでいると、見かねた石橋(内場勝則)がえみるに声をかけ、ある出来事を話し出す……

出典:フジテレビ『ケンカツ』公式サイト

いかがでしたでしょうか?
安全・安心で高画質な見逃し配信を楽しんでくださいね♪

>>>FODプレミアム1か月無料お試しはこちら!