「高嶺の花」7話の見逃しを検索している人が多いようですね!こういうとき、まだデイリーモーション、pandoraで動画を探したりすると思うんですが、かなり危険なんです。実はデイリーモーション、pandoraよりも安全に動画を見るオススメの方法があります。

今回は、高嶺の花7話を安全に視聴できる方法を紹介します。

⇒高嶺の花7話を今すぐみる

高嶺の花 第7話の予告動画!

高嶺の花 第7話の動画を、安全に見逃し視聴する方法

高嶺の花 第7話を、安全に見逃し視聴する方法を紹介しますね!

私は以前、pandora、dailymotionなどでドラマの動画を見ていました。
でもすぐに削除されてしまい、見られなくなってしまいますね。

しかも、画質が悪く、広告が出てきたりして、イライラしてました(-‘д-)

これらの動画共有サイトは、無料で動画を見れますが、危ないサイトに誘導されてしまう恐れがあります。

これらの動画共有サイトにアップされているドラマ動画は、違法動画なのです。
動画を見ることも違法になってしまうこともあるので、おススメできません!

そこで、「高嶺の花」第7話の見逃し配信動画を見るなら、動画配信サービスのhuluがおすすめです!

Huluでは今なら2週間無料トライアルを実施中!

2週間以内に解約であれば、お金は一切かかりません。

⇒huluの2週間無料トライアルはこちら

またHuluなら、高嶺の花以外の最新ドラマや映画や雑誌、アニメなど見放題♪
スマホで視聴が可能なので、通勤・通学中にも楽しめちゃいます。

2週間無料トライアルはいつまで続くかわかりません
お得に利用できるこの機会に無料登録しておくのがオススメです

⇒huluの2週間無料トライアルはこちら

Huluに登録したら検索窓から「高嶺の花」で検索してくださいね!

高嶺の花 7話のネタバレ!

ここからは高嶺の花 7話のネタバレを紹介します!

新たな出会い

教会を逃げ出した月島もも(石原さとみ)。ももが教会を出る直前、振り返ると風間直人(峯田和伸)は優しい微笑みを浮かべていた。

ももと拓真がももの自宅に帰ると、拓真の妻・真由美(西原亜希)が来ていた。

離婚するなら離婚するで、ここから先は2人で話し合うようにももは拓真に話した。

拓真『だったら、今日のことは!?』

もも『言うなら、儀式かな?1人で生きていく儀式』

と答えるもも。

拓真は意味がわからないまま妻と帰っていく。

ももは風間の笑顔を思い出し、つぶやいた

『ぷーさん、そこ笑うとこじゃないから』

今村佳代子(笛木優子)が営むスナック喫茶では、商店街の人たちがももへの怒りが爆発していた。

『風間くん、申し訳ない!!』

土下座する高井雄一(升毅)に、直人は構わないという。

それでは済まないと声を荒げる商店街の人々に、

風間『だから、俺がいいって言ってんだよ!!』

と怒鳴りつけた。

風間『もし1匹のかえるがモネの描く睡蓮が好きだったとします・・・』直人は語り始めた。

ももがモネで、直人がかえるだ。モネに睡蓮の絵を描いてほしいというかえる。モネが描いてもいいが、かえるにひどいことをする。それがかえるの許容範囲なら、何も問題はないと直人は言うのだった。

帰宅した直人は、かつてももが生けた花を見つめる。すると、直人の目から大粒の涙が溢れてきた。

華道界一の名門・神宮流の家元候補・兵馬(大貫勇輔)と会食の機会を持った月島市松(小日向文世)、ルリ子(戸田菜穂)、そしてもも。

兵馬『あなたが後ろ生けで有名な?・・・でも今は見えないようだ』

とももの不調を一瞬で見破った。

宇都宮龍一(千葉雄大)のショーを訪れたなな

なな『お姉ちゃんと競うことになったの!』

なな『あなたのために、できるだけ頑張る!お姉ちゃんにはかなわないかもだけど・・・精一杯頑張る』

そこにななの携帯に着信が・・・

宇都宮『出ないの?』

宇都宮の表情が変わった。

市松が、次期家元を姉妹で競い決めることになったことを、兵馬に語ると、兵馬は身を乗り出し、

兵馬『見たいな!是非とも私に見学させてもらいたい』

ルリ子『それは・・・・』

もも『宇都宮龍一という男を知っていますか?』

兵馬『弟ですよ』

父親と愛人との間に生まれた子供だと、兵馬は答えた。

市松の画策

風間の自転車屋では佳代の娘・今村芽衣(田畑志真)と肉屋の娘・原田秋保(高橋ひかる)に、自分は本当はあの時、悲しむべきだったと風間が話していた。

しかし、誰にも見向きもされない自分が、ももに捨てられて悲しむのは当たり前。ならば、笑ってやろうと考えたと直人は続ける。

風間『俺はいずれ彼女に忘れられちゃうことが、あの瞬間耐えられなくなった・・・だから、種を蒔いちゃったんだ』

なながももの家を訪ねた。

ななはももと風間の婚姻届が受理されていなかったことを話し、風間が捨てられることを知っていたことをももに話した。

もも『だから、笑ったの!?』

しかし、直人の笑顔の真意はわからず、ももは苦しむのだった。

ある日、直人は図書館で千秋(香里奈)という女性に出会った。手に取ろうとした本が、たまたま一緒だったのだ。

市松に呼び出された宇都宮は、今日あのことを決行するよう、命じられた。

宇都宮『ななさんはショックで壊れてしまうかもしれない』

市松『それでいい』

この世の汚れを知らない人間に道を極めることはできないと語たった。

ももは兵馬とゲームセンターでデートをしていた。

もも『兵馬さんは見えなくなったことはないのですか?』

後ろ生けする自分が見えなくなったことはないと答える兵馬に、

もも『それは私には人を愛したことがないと聞こえます』

兵馬は答えない。

ななが宇都宮とお揃いの腕時計をプレゼントしようと、宇都宮が滞在するホテルを訪れた。

部屋に入ったななは、ベッドの上で愛し合っている宇都宮と母・ルリ子を目撃してしまう。

ルリ子『なな!?どうして!?』

ななは部屋から走り出ていった。

宇都宮『ああ、そうだ。ドライブ行く約束してたんだっけ』

ルリ子ははかられたことを察し声を上げた。

通過儀礼

宇都宮とルリ子の関係をななが知ったことを知ったももが宇都宮のもとに駆けつけた。

宇都宮『通過儀礼だったんですよ・・・』

宇都宮はななが華道家としての才能を呼び覚ますための月島の通過儀礼だと答えた。

ももは市松が仕業だと気づいた。

もも『あなたの方の要求って?』

宇都宮は神宮流の次期家元だと答え、兵馬と競い合おうと考えていて、そのための票集めであることを明かした。

もも『卑怯者!』

宇都宮『卑怯者はあいつだ!』

自分と母がひどい暮らしをしてきた一方で、正妻の子供というだけでぬくぬく暮らしてきた兵馬のことが許せないと話した。

もも『じゃあさっさと消えればいい』

言葉を詰まらせる宇都宮。

ももは宇都宮がななのことを好きになっていることに気づいた。

もも『哀れな人間だね・・・私も人のこといえないけど』

ななが蔵に入ったことを聞きつけたももが、蔵へ駆けつけると、鏡の間でななが呆然と座り込み、その周りには粉々となった鏡が飛び散っていった。

鏡の破片で、怪我をしたらしいななは流血しながらも、ただただ一点を注視している。

食事を共にした風間と千秋。千秋は看護師をしていることを風間に明かした。

千秋『あの、あなたは・・・?』

自転車屋だと答える風間。

千秋「難しい本をお読みになってるから、大学の先生かと』

2人は自己紹介をし、風間がぷーさんと呼ばれていることを明かすと、千秋は無邪気に笑った。

兵馬と食事をしたもも。妹・ななが怪我をしたことを知しった。

兵馬『龍一が関係ありますか?』

ある人にひどいことをして、取り戻せるつもりだったとうつむくもも。

兵馬『その人に種を蒔かれたのでしょう。知らぬ間に。心に』

もも『あの時の私を取り戻したいんです!』

兵馬『なら迷うことはない。また恋愛感情のない相手と結ばれればいい』

ななの心に燃え上がった炎

ななが目を覚ますと、市松が看病してくれていた。ななのことを追い詰め過ぎていたかもしれないという市松に、ななはルリ子が市松のことを裏切っていることを報告。

市松『かわいそうに・・・でも、私はお前の味方だからね』

なな『私は許しません。絶対に・・・』

鏡の間で1人花を生けるもも。もものもう1人の自分は、まだ戻ってきていなかった。ももは直人からもらった婚約指輪に目を落とし、その蓋を閉じた。

佳代の店をももが訪れた。

もも『こんばんちゃ!』

何事もなかったように、直人に挨拶をしたももは、直人からもらった婚約指輪を返しに来たと差し出した。

直人『わざわざすいません』

直人は指輪を受け取った。

もも『私みたいなめちゃくちゃな女じゃなくて、ぷーさんにはもっといい人が現れるよ!』

直人『ありがとうございます。俺のことは心配しないでください』

ももはあの日のことを謝罪した。

直人『あなたは高嶺の花。どこかで咲いてくれるだけで、生きてくれるだけでいいんです』

もも『だからあの時笑ったんだってそう思っていい?』

ももは帰りの車中で大粒の涙を流していた。

⇒huluの2週間無料トライアルはこちら

高嶺の花の感想紹介【7話】

感想①

ももが式場から脱走したその後の物語になりますが、今回よかったのは、千葉雄大さんではないでしょうか。ももが京都の由緒正しい華道家と知り合い、千葉雄大さん演じる宇都宮龍一がその華道家の弟であること、そして婚外子であることが発覚します。月島家の母子を巻き込んだどろどろの不倫もななに発覚し、宇都宮龍一のねらいは、実は京都の華道家の継承者になることで、婚外子としての屈辱的を晴らしたいためでした。これまでのやりすぎ、くらいの捨て身の復讐劇と野心に納得の展開で、闇が深そうです。宇都宮龍一の不倫を知ってななも華道に目覚め今後が楽しみです。

(女性 30代 東京)

 

感想②

ももは罪悪感を得るために直人との結婚式の最中に逃げ出しました。しかし、直人が笑顔を見せたことで動揺しているようでした。直人はももの心に残るようにわざと笑顔を見せたのだと思います。
ももは直人に指輪を返しに行きますが、きっとそれは口実で単純に直人に会いたくなったのだと思います。本気で直人のことが好きだったのが伝わってきました。直人もそれを理解して全てを受け入れているようでした。帰りのタクシーで泣くももは本当に切ない表情でこちらまで苦しくなりました。恋愛の辛さがよく出ていてとても共感でき、面白かったです。

(女性 30代 東京)

 

感想③

汚れを知らないナナが彼と自分の母親が寝ているところを目撃して鏡の間で血だらけになり壊れてしまったところは面白かったです。それまで純粋で疑うことを知らないお嬢様から一転、落ちぶれた姿、それからのナナが別人のようですごい演技だなぁと思いました。
自分の母親が相手というところがなんともエグいし気持ち悪いけど、面白いです。また、モモがプーさんに指輪を返すシーンはモモの心情をプーさんの母親が回想で代弁しているのが共感し、面白かったです。モモが指輪を返しに行った気持ちすごくわかるなぁと、一人になって泣いてしまう気持ちに共感しました。

(女性 30代 埼玉県)

 

感想④

結婚式から逃げた時はどうなるかと思いましたが、案の定直人は怒っていませんでした。
いっそブチギレてくれた方が、ももからしてもどこか安心できたのではないかと思うほど直人は優しすぎるし、色々考えてるんだなあと。
お互いに新しい相手っぽい人が出てきたので2人が一緒になれるのかどうか不安です!
華道に専念すると決めた矢先にこんな人と出会ったらそりゃあ心惹かれますよね…。

あと、ななちゃんがかわいそうすぎました!
まさか親とのベッドシーンをみてしまうなんて一生のトラウマものですね。

姉妹の華道対決の行方も気になります!来週も楽しみにしています!

(女性 20代 奈良県)

 

 

感想⑤

色んなことが入り乱れている感がありましたが、今までのことが色々明らかになっていく感じがして面白かったです。ももとななの姉妹対決がメインだと思っていましたが、新しく登場した兵馬と龍一が異母兄弟で京都の名家、神宮寺家の家元対決をしているとは驚きでした。ななとその母との二股をかけていたように思っていた龍一が家元対決の票集めで月島の家元に協力していたのも分かって驚きでした。しかも家元は自分がななの心を壊しておいて優しくするとは正直、底知れぬ怖さを感じます。ももにも画策して、ななにも憎しみを持たせていったいどうして行きたいのか謎が深まるばかりです。とにかく続きが知りたいので見逃せません。

(男性 20代 滋賀県)

 

 

感想⑥

ドロドロ感が強すぎて見ていて本当にしんどいからです。家元になるためにももとななが対決するという展開は良いのですが、美しい物と向き合うためにななに穢れたものを見せて覚醒させるという内容が正直かなり嫌でした。もものぷーさんに対する行動も、理解しがたい部分があって納得がいかないというか、正直イライラしてしまいました。そして、すべての黒幕がお家元にあり皆が転がされている感じも、見ていてもやもやしてしまいました。それと、毎回入る宇都宮龍一こと千葉雄大の裸のシーンが最近はうざったくてしょうがないです。何がしたいのか分からない展開で、今後見るのをためらう内容に感じてしまいました。

(女性 30代 埼玉県)

 

 

感想⑦

私は粘土でお花を作るというクレイクラフトを極めるため教室をしながら、日々技術を磨いています。
しかしたくさんされている方がいる中で、自分らしい作品というものを作りたいと思い悩んでいます。
華道家に関わらず、こういった芸術はただ練習すれば良いという訳ではなく、ドラマでは少し非現実的なところもあるものの、心の中の世界観みたいなものはあると思い共感します。とても興味が湧きました。
私は平々凡々な生活をし、特別なモノをもっているわけでもないので、そのモノが生まれるようなレベルまで極めれたらと心が熱くなり、意欲的な気持ちにさせてもらいました。

(女性 40代 愛知県)

 

感想⑧

家元の妻と宇都宮の関係を家元は疑っているのだと思っていましたが、家元がさしむけたというのには驚きました。そして、そこまでするなんて伝統の家はよくわからないと思いました。平凡な家庭に産まれて良かったです。けれど、こういう理由があったということが分かってすこし安心しまし、良かったです。出てくる人はクズばかりとイライラしていたので。
宇都宮は、ななを心配していたけど、ももの言うとおりずるいし、愚かだと思います。そんなことで京都の家元にはなれないと思います。
ななを演じている芳根京子さんがとても可愛く、傷ついた表情などとてもうまかったです。

(女性 30代 大阪府)

 

感想⑨

また芸術家出てきた。凡人からするとある種変人なんだけど、変人すぎてすごいと思ってしまうところがやっぱり芸術家なのかも…。もも・なな・龍一、家元は彼ら全員を芸術家(怪物)にしようとしているのか、どうにも予想を裏切る展開で次話の予測ができないところに面白さを感じる。でも龍一にも甘さがあって、今回の悪人になりきれないところがすごく上手く表現されていて、もどかしくもあり、この何とも言えないすっきりしない感じがたまらなかった。龍一は今まで人間味より、自分だけの悪人サイドだったから余計に。凡人が変人になるのって大変なんだ。だって普通の人だもん。最後、プーさんのお母さんの言葉が、ももは普通の女なんだよーって優しい語りかけで、でもももは普通じゃいちゃいけないんだっていう切なさが涙の中にあったなぁと思う。しかしイルカさん良かった!宗太の去り際、良かった!プーさんは看護師とどうにかならないでほしい!

(女性 30代 山口県)

 

感想⑩

ももに去られた直人の笑顔が、切ないです。しかし、直人の「あなたは、高嶺の花。どこかできれいに咲いてくれてるだけで、生きてくれてるだけで。」という言葉に、神なのかと思うほどでした。なぜそこまで、優しくなれるのか、相手の幸せを心から思えるのかと。泣けてくるほどです。直人の方が、ももから見れば、高嶺の花なのかもしれないと思ってしまいました。ももの亡き母親の思いを知らなければ、きっと直人の元で、幸せになれたのかなと。でも、ももが選んだのは棘の道。傷付くことがわかっていながら、進まなければならないのでしょう。そして、ななも、龍一も。とても辛いてすね。

(女性 50代 岡山県)

高嶺の花 7話のあらすじを最後にチェック!

見逃し視聴を見るまえに、あらすじをチェックしておくと、
高嶺の花 5話の内容が理解しやすくなりますよ!

直人(峯田和伸)との結婚式の途中で、現れた吉池(三浦貴大)とともに式から逃げ出したもも(石原さとみ)。ももは、吉池を妻・真由美(西原亜希)のもとへ返し、直人を痛めつけた罪悪感を背負って、一心に華道と向き合うつもりだった。しかし、別れる時になぜか笑った直人の「笑顔」が、ももの頭から離れない。
高井(升毅)は、ももが自ら結婚を壊した思いを説明しようとするが、商店街の人々は理解できないと憤る。だが直人だけは、高井の謝罪を受け入れた。直人には、ももへの怒りはまったくないのだ。

ももは、市松(小日向文世)、ルリ子(戸田菜穂)とともに、京都にある華道界の名門・神宮流の次期家元と目される兵馬(大貫勇輔)と会食する。兵馬は、ももが「もう一人の自分」が見えず苦悩していることを、瞬時に見抜いた。華道家として圧倒的な存在である兵馬に、ももは敬意を抱く。ももは兵馬に、龍一(千葉雄大)のことを尋ねた。すると、兵馬と龍一の意外な関係が明らかになった…

直人は、図書館で同じ本を借りようとする女性・千秋(香里奈)と出会い顔見知りになる。そんな中、旅を続ける宗太(舘秀々輝)から電話が入った。一緒にいる坂東(博多華丸)が倒れたというのだ! たまたま居合わせた千秋の車に乗せてもらい、直人は千秋と、宗太を助けるため山梨へ向かう。
そしてなな(芳根京子)は、龍一とドライブの約束をしていてホテルの部屋を訪ねる。そこには、密会中の龍一とルリ子がいた…! 目の当たりにしてショックを受けたななは飛び出していき、そのまま行方不明になってしまう。知らせを受け、必死に探すもも…。

出典:「高嶺の花 」公式サイト

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

いかがでしたでしょうか?
安全・安心で高画質な見逃し配信を楽しんでくださいね♪

⇒huluの2週間無料トライアルはこちら

*本ページの情報は2018年8月時点のものです。最新の配信状況は huluサイトにてご確認ください。

 

■関連記事

⇒高嶺の花【6話】見逃し配信無料動画!まだデイリーモーション、pandoraで見ているの?

⇒高嶺の花ドラマ動画8話の見逃し無料視聴方法!【8月29放送】

⇒峯田和伸の全裸事件がヤバイ!?人気の理由がブサイクでかわいい?