「高嶺の花」6話の見逃しを検索している人が多いようですね!こういうとき、まだデイリーモーション、pandoraで動画を探したりすると思うんですが、かなり危険なんです。知らないうちに危ないサイトへ誘導されてしまうこともあるので、もっと安全な方法で見ませんか?

今回は、高嶺の花6話をデイリーモーション、pandoraより安全に視聴できる方法を紹介します。

今すぐ「高嶺の花」を見たい方はこちらをクリック♪
↓ ↓
⇒今すぐ「高嶺の花」を見る

高嶺の花 第6話の予告動画!

高嶺の花 第6話の動画を、安全に見逃し視聴する方法

高嶺の花 第6話を、安全に見逃し視聴する方法を紹介しますね!

私は以前、pandora、dailymotionなどでドラマの動画を見ていました。
でもすぐに削除されてしまい、見られなくなってしまいますね。

しかも、画質が悪く、広告が出てきたりして、イライラしてました(-‘д-)

これらの動画共有サイトは、無料で動画を見れますが、危ないサイトに誘導されてしまう恐れがあります。

これらの動画共有サイトにアップされているドラマ動画は、違法動画なのです。
動画を見ることも違法になってしまうこともあるので、おススメできません!

そこで、「高嶺の花」6話の見逃し配信動画を見るなら、動画配信サービスのhuluがおすすめです!

Huluでは今なら2週間無料トライアルを実施中!

2週間以内に解約であれば、お金は一切かかりません。

⇒huluの2週間無料トライアルはこちら

またHuluなら、高嶺の花以外の最新ドラマや映画や雑誌、アニメなど見放題♪
スマホで視聴が可能なので、通勤・通学中にも楽しめちゃいます。

2週間無料トライアルはいつまで続くかわかりません
お得に利用できるこの機会に無料登録しておくのがオススメです

⇒huluの2週間無料トライアルはこちら

Huluに登録したら検索窓から「高嶺の花」で検索してくださいね!

高嶺の花 6話のネタバレ!

ここからは高嶺の花 6話のネタバレを紹介します!

私に必要なもの

もも『全部!』

そう言うと、突然泣き始めた。

もも『私、もう見えなくなっちゃった・・・何も見えないの』

プールの宇都宮龍一(千葉雄大)のもとを、月島ルリ子(戸田菜穂)が訪れた。

ルリ子は月島なな(芳根京子)が家元になることを支援してくれる月島流の人間のリストを手渡した。

病院の月島市松(小日向文世)のもとを訪れた高井雄一(升毅)に、

市松『ももの母親のことを、ももに話した』と明かした。

高井のことを伏せ、事実を脚色して話したと市松は語る。

高井『ルリ子様が古参の師範を集めておられるみたいです』

市松はルリ子が自分のことを裏切るわけがないと相手にしないのだった。

もも『後ろ生けに必要な、もう1人の自分が見えなくなった』

と明かし、妻と別れると言っている元婚約者・古池拓真(三浦貴大)を受け入れたことを報告する。

現れた拓真に驚き、

なな『お姉ちゃん、何やってるの?!だって、ぷーさんと結婚・・・』

もも『罪悪感よ。私に必要なもの』

と自分の才能を再び目覚めさせるためには、自分が罪悪感を感じることが必要なのだと語るのだった。

風間の自転車屋を訪ねた高井。

高井『今さら、言いづらいのだろうか?』

高井はももが今さら風間との結婚を断りづらいのでは?と切り出す。

高井は市松がももの誕生の秘密を明かし、ももが家元を目指すことを決めたことを説明した。

風間『それは良かったです。才能があるなら続けたほうがいい。俺みたいな凡人は特にそう思います』

高井『君は物分りがいい。結婚はなしになる。恨まないでくれ』

風間『俺のことは気にしないでください』

衝撃の計画

風間が佳代子の店で、ももと風間の婚約パーティーが開かれた。

『書いて』ももは婚姻届の空欄を、風間に埋めるよう可愛く促すのだった。

パーティーの終了後、ももは今から婚姻届を出しに行くと言って聞かない。

もも『気分いいの!今日がいい!』

風間は応じ、もものことをおぶって区役所へ向かって、歩き始めた。

宇都宮と会ったななは、ももが華道のために罪悪感が必要だと言っていたことを告げる。

なな『結局お姉ちゃんは何をしようとしてるの?』

宇都宮『ひどいこと。とてもひどいことをして、その罪悪感に1人で向き合っていこうとしてるんだろう』

ももが結婚直前で風間との関係を断とうとしているのではないか?と宇都宮は考えていた。

ももと風間は区役所の夜間受付に、婚姻届を提出した。ももが嬉しそうに『夫婦ね』と笑う。

ももの自宅。

拓真『ありがとう。僕を受け入れてくれて』

拓真が料理中のももに抱きつこうとするが、ももは拒否した。

拓真『そうだよね、まずは妻と別れてからでないと・・・』

もも『そんなことより、食べて!』

ももは誤魔化すように、食事を拓真に出した。

ももは婚姻届を提出したことを高井に明かした。驚く高井に、

もも『高井さん、ちょっとドライブしよっか?海が見たい・・・』

風間の愛情

市松『紫陽花の花言葉は何だったかな?』

見舞いに訪れたルリ子に、市松が尋ねた。

姉と妹が家元を争うのは、体裁が悪いことから、極秘に月島流の人間を数人呼び、どちらが家元にふさわしいかを投票で決めることにすると話した。

市松『思い出した、紫陽花の花言葉。・・・冷酷』

風間の自宅をななが訪れた。風間は昨晩、籍を入れたことを明かす。

なな『間に合わなかったのね・・・』

風間『え・・・?』

なな『姉はあなたにひどいことをする予定です』

ななは、ももが風間との結婚を直前で破談にする予定であることを明かした。

さらに、ななはももが華道家としてのもう1人の自分を取り戻すためには、罪悪感が必要だと言っていたことを風間に明かす。

風間『それで、もう1人の自分を呼び戻すっていうか凄まじいですね!やっぱ、アーティストって!』

芸術家としてのももが、それをしなければいけないのであれば、仕方ないと風間は答えた。

海に到着したももは高井に

もも『私が家元にならなかったら、何のためにママは死んだの?!だから必ず家元になる』

と宣言。そのために、風間を踏み台として利用することをももは明かした。

『そしたらもう会わないし、会えないけど。私はずっと罪悪感を抱えて生きて行く!』

ももは華道のために誰とも結婚せずに、生涯独身を貫くことを語った。

もも『お願いがあるの。バージンロードは父の代わりに、高井さんが』ももはそう頼み、『私は家元・・・』と座った目つきでつぶやく。

『大丈夫、もう1人の自分が現れて、私を慰めてくれる』ももはそう思い込み、自分を納得させようとしているように見えた。

再び風間の自宅。

なな『結婚式で捨てられるんですよ?それでいいなんて、信じられない』

風間『甘えてくれてると思えばいい』

風間『俺を選んで、甘えて仕掛けてくるって思えば、それすら可愛らしい・・・』

なな『二度と会えなくなるんですよ!?』

風間『当然、そうでしょうね。彼女はその罪悪感でスーパーな華道家に・・・』

風間『これ、朝一で回収してきました』

風間はななにももとの婚姻届を差し出した。

夜間窓口に提出した婚姻届は翌日受理されるため、朝一で婚姻届回収していた。

いつも、最悪の事態を考える癖がついている風間は、ももの計画に気づいていた。

結婚式

宇都宮は、ルリ子から受け取った身内のリストを市松に手渡した。

市松『これが謀反人のリストか』

このまま何もしなければ、家元の血を継ぐななが次期家元となり、それは市松の望み通りだが、あえてそうしない市松の真意がわからないと宇都宮は明かした。

市松『家元の娘が運転手の娘に劣るなど、あってはならん!』

公正な投票で次期家元を決めることを宇都宮に告げるのだった。

とある教会に、高井にエスコートされた花嫁姿のももが入場してくる。その先にはタキシード姿の風間が待っていて式が始まった。

『では、誓いのキスを』神父に促され、風間がももにキスをしようとしたその時、突然拓真が乱入してきた。

もも『ごめんなさい・・・』

涙まじりにそう言うと、拓真と教会から出ていく。

教会を出る瞬間、振り返ったももは、風間が優しい笑顔を浮かべていることに気づいた。

⇒huluの2週間無料トライアルはこちら

「高嶺の花」6話の感想を紹介!

感想①
「実の娘が、運転手の娘に劣るなどとはありえない」という家元のセリフに、これが家元の本心なのか?この先どうなるのか?とても気になります。千葉君が演じる宇都宮龍一の過去のトラウマが垣間見えて、そちらも気になります。

それにしても一番わからないのは、自分の妻が浮気をしている相手と協力関係にある家元です。妻に浮気をするように仕向けたのも家元なのか?と怪しんでしまいました。

月島の運転手であり、モモの本当の父親である高井さんが、偽りとはいえモモとバージンロードを歩いているシーンは、ちょっとウルッとしました。最後の直人の笑顔も気になりますが、来週の予告も視聴者の気になる!を最大限に煽ってくれる予告で、すっかりTV局の思惑にハマってます。
(女性:40代 千葉県)

 

 

感想②
ぷーさんがももの妹の奈々との会話ですべてを見越して、婚姻届けを回収した事にかなり驚きました。また式の最中にタクマが乱入し逃亡するももちゃんを最後に見つめた笑顔には涙が止まらなくなり本当に良かったです。本当にももちゃんの事を愛し才能の為に身を引いたプーさん姿にはイケメンにしか見えなかったです。

最初にプーさんを見た時は冴えないおじさんだと思いましたが、回を重ねる事にいい男だとわかりすっかりプーさんの大ファンです。また途中から出演してきたイルカさんがまさかの脳腫瘍だと言う事にも今回ある意味一番驚きました。さすが予想外な展開を作るのがうまい野島伸司の作品だと思いました。

(女性:30代 大阪府)

 

 

感想③
家元はずっとももの華道家としての才能を評価していて、実の子供ではないが次期家元にしようとしていると思っていました。しかし、6話で本当はななを次期家元にと考えていることを知ってとても驚きました。ももをななのかませ犬にするために、ももの結婚を破談にしてまで月島家に留めていました。

ももは母親が自分を家元にしたがっていることを知って直人との結婚を諦めました。普通の女性としての幸せを諦めてまで家元になる決意をしたのに、それが全て無駄になってしまうのはとても可哀想だと思いました。家元の策略が想像を超えていて驚くとともに面白いと思いました。

(女性:30代 東京都)

 

 

感想④
ももがわざと結婚式で振るために自分と付き合っていたこと、華道家としてずっと罪悪感を抱えながら生きていくことを目的にしていることを知った直人がそれを受け入れていたところが普通の人にはなかなかできないと思いよかったです。結婚式のシーンはすごく切なかったですが、直人が最後に笑っていた表情はちょっと違和感があって怖いものを感じました。

アーティストとして生きていくためには、孤独とかいろんな感情を抱えて幸せになったらダメ!というももの考え方は何となくわかるけれど、これからも直人のやさしさに惹かれてずっと気になると思うので、早くラブラブになってほしいです。

(女性:30代 兵庫県)

 

 

感想⑤
結婚式で花嫁が逃げてしまう、これってある種のベタですよね。しかしこのドラマはさすが野島伸司さんの脚本だけあってひと味違います。事前に花嫁であるももが、自分との結婚を壊してしまうことを気づいている直人。

しかも、そのことに関して甘えてくれていると思えばいい、と。自分を選んで、甘えてしかけてきてると思えばかわいらしいとまで。これってなかんか言えませんよね。

きっと、ももにとって直人は唯一の理解者なのだと思います。家元はももの才能を引き出そうとあれこれと手を回します。しかし、直人に比べればももについて何もわかってない。

にもかかわらず、だからこそももと離れた直人。これからいったい物語がどのように転がるのかとても楽しみです。

(男性:30代 岡山県)

 

 

感想⑥

婚姻届け出しに行ったシーンがキュンキュンきました。酔っているとはいえ、おんぶして出しに行くというラブラブ感がすごく伝わってきたのと、初めてお互いを名前で呼んだところが特にキュンキュンでした。自分が婚姻届けを出した時の幸せな感じを思い出しました。
また、ななちゃんがふーさんに、ももちゃんが結婚式でしようとしていることを伝えに行った時のふーさんの対応にもキュンキュンしました。結婚式でひどいことをされるとわかっていても、それでもももちゃんが好きだから、それがももちゃんのためになるなら…ってゆう一途さにもキュンキュンでした。
最後の結婚式のシーンで、お互い好きなのに離れ離れになる時の2人の顔がなんだか切なくて、今後の2人の関係が気になりました。
(女性:30代 茨城県)

 

 

感想⑦

ももがぷーさんと結婚することになったが、実はそれは自分が華道家であるために、罪悪感をもつため、自分がされたことと同じことをぷーさんにすることで、ずっとぷーさんに対して罪悪感を持ち続けていくために考えられた策略だったことがわかり、それを知った妹がぷーさんに考えを伝えに行きます。でも、そこには実はすべてを知っていたぷーさんがいます。自分のことを傷つけて、罪悪感を持ち続けるためにそういうことをしないといけないのであれば、仕方ないとまでいうのです。ぷーさんの深すぎる愛に心が打たれました。そして、結婚式の日、誓いのキスの目前で、ごめんなさいとぷーさんの前を去るもも。それをなんと優しい笑顔で送り出すぷーさん。これからどうなるのか楽しみです

(女性:40代 山口県)

 

 

感想⑧

ももと、ぷーさんが普通に結婚すると思いきや、実はももは、自分のためにぷーさんに残酷なひどいことをするという計画を立てていた。
けど、そんな、もものことをかっこいいと言ったぷーさんは素敵だった。
自分の為に、ももがバツを2つつけることはないって言って、婚姻届をかえしてもらっていたぷーさんも素敵だった。
結婚式で、ももが連れ去られる時に、ぷーさんが笑顔だったのが、すごく気になった。
自分の母親からきいた父親の話と同じになって、ぷーさんも笑顔でももを見送っていた理由は、何なのか、次回がすごく気になって、はやくみたいと思った。

(女性:30代 大阪府)

 

 

感想⑨

ももは結婚するのかと思ったけれど、吉池のことを匿っていて直人のことを振ることに決めたところに驚いてしまいました。直人は全てを分かっていて結婚式をすることにしたのですが、直人を置いて出ていったもものことをすごく笑顔で見ていたのでももがとても驚いているのがびっくりしました。笑顔だった直人の意味が一体何なのかとても気になるところだと思いました。直人はもものことを考えて罪悪感を持たせようと思っていたと思っていたはずなのに、笑ってしまっていたのでももは罪悪感を持つことができないのではと感じてしまいました。これから二人がどうなるのかとても気になったのでとてもおもしろかったです。
(女性:30代 熊本県)

 

 

感想⑩

ももが酷いことをしようとしているのに、ぷーさんはそのことを受け入れようとしており、切なさが溢れるストーリーだったが、ぷーさんの表情が絶妙で視聴者も感情移入しそうになった。ももの魂胆とは裏腹に、花嫁を略奪されても笑顔で見送ったぷーさん。それに驚きを隠せないももの表情も絶妙だった。また、あの驚きの表情から次回以降、ももがどういう行動に移すのか、そしてぷーさんはそれをどう受け止めていくのか楽しみになる回だった。ただし、仏の顔も三度までというくらいなので、常に温和なぷーさんは もついには切れてしまうのではないかと心配にもなった。どちらにせよ、次回も見たくなる思いをくすぶる内容だった。

(女性:20代 兵庫県)

 

 

高嶺の花 6話のあらすじを最後にチェック!

見逃し視聴を見るまえに、あらすじをチェックしておくと、
高嶺の花 6話の内容が理解しやすくなりますよ!

市松(小日向文世)から出生の経緯を聞かされ、母が命に代えて自分を生んだのだと知ったもも(石原さとみ)は、母のためにも、必ず家元にならなければと決意する。しかし、ももは満足のいく作品を創れなくなっていた。出来栄えに満足できず、直人(峯田和伸)の前で泣いてしまうもも。直人には告げなかったが、ももは、それは恋をして普通の生活を望んだことで、芸術家として大切な何かが失われたからだ、と考える。
その頃、龍一(千葉雄大)は、ルリ子(戸田菜穂)をそそのかし、月島の後継者選びに介入しようと画策していた。
なな(芳根京子)はもものマンションを訪れ、そこでももから、吉池(三浦貴大)との結婚を壊したのは市松だったと聞かされる。そして、ももが直人との結婚を控えながら、逃亡中の吉池を匿っていることを知り、愕然とする…!

そんな中、ももと直人の婚約パーティーが佳代子(笛木優子)のスナックで開かれる。商店街の人々はにぎやかに、ももと直人を祝福。ももは幸平(袴田吉彦)と太郎(吉田ウーロン太)を証人に婚姻届を書くなどして、はしゃいでいた。その晩、ももと直人は、一緒に区役所に行って婚姻届を提出する。
ももが何をしようとしているのかわからないななは、龍一に相談、龍一はももの真意を察していた。ななは、ももの驚くべき計画を理解し、直人との結婚を止めなくてはならないと考える。

ななは、意を決して直人に会いにいく。ななから「ももの驚くべき計画」について聞いた直人の答えは、意外なものだった。
そして、ももと直人は、結婚式の日を迎える…!

出典:「高嶺の花 」公式サイト

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

いかがでしたでしょうか?
安全・安心で高画質な見逃し配信を楽しんでくださいね♪

⇒huluの2週間無料トライアルはこちら

*本ページの情報は2018年8月時点のものです。最新の配信状況はhuluサイトにてご確認ください。

■関連記事

⇒高嶺の花【5話】見逃し配信無料動画!まだデイリーモーション、pandoraで見ているの?

⇒高嶺の花ドラマ動画7話の見逃し無料視聴方法!【8月22放送】