『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ 』の1話が放送されましたね。

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ 』の1話を無料で見逃し視聴できる方法を探している人が多いみたいです。

早速1話を見逃してしまった、あなたのために、『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ 』の1話の動画を無料で視聴できる方法とネタバレを紹介します!

dailymotion/pandora/miomioにアップされている無料動画はかなり危険なんです。
dailymotion/pandora/miomioよりも、綺麗で安全に見逃し視聴できる方法を紹介しますね!

こちらのページでは、『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ 』1話から安全に見逃し視聴する方法を紹介します!

ここから安全でCMのない高画質な動画が、今なら無料で見れますよ!

↓ ↓ ↓

>>>FODプレミアム1ヶ月間お試しはこちら!

『絶対零度3』第1話の予告!

『絶対零度3』1話を無料で安全に見逃し視聴する方法


『絶対零度3』無料動画1話を、安全に見逃し視聴する方法を紹介しますね!

私も以前までdailymotion/pandora/miomioなどでドラマの動画を見ていました。

でも、画質が悪く、広告が出てきたりして、正直不満でした。。。

これらの動画共有サイトにアップされているドラマ動画は、全て違法動画です。

そこで、『絶対零度3』第1話の見逃し配信動画を安心安全に見るなら、フジテレビ公式の動画配信サービスの「FODプレミアム」がおすすめです!

「FODプレミアム」では今なら1か月間無料お試しを実施中!

>>>FODプレミアム1か月無料お試しはこちら!

1か月もあれば、過去の人気ドラマや映画も一気に見れちゃいます♪

私も無料期間中に登録して、1か月以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

完全無料で見れました!

今なら『絶対零度3』1話から最新話まで一気に見ることができます!

ただ、1か月の無料お試しがいつまでなのかわからないので
今のうち無料登録しておかないと損ですね!

>>>FODプレミアム1か月無料お試しはこちら!

 

*Amazonアカウントを使って登録するだけで1か月無料!

登録したら、FODの公式サイトから『絶対零度3』で検索してくださいね♪

今すぐ登録できない場合は、このページをブックマーク(お気に入り)しておくと、あとで「あの方法なんだったけ?」となっても安心です!

『絶対零度3』1話のネタバレを紹介!!

『絶対零度3』1話のネタバレを紹介します!

未然犯罪潜入捜査班

服役中の井沢は、刑事企画課特別捜査官・東堂定春(伊藤淳史)から呼び出され、面会室へ。

東堂『あなたにやってもらいたいことがあります』

『今の任務から離れることになった』桜木泉(上戸彩)から切り出された山内徹(横山裕)。教育係の自分がいなくても、もう山内は1人で大丈夫だと笑う桜木に、山内は桜木が今の任務を離れ、新たにどんな任務につくのか、不安そうな表情を見せた。

東堂に連れられ、山内は未然犯罪潜入捜査班のオフィスへ案内される。東堂はAIを使い、未来的に起こる犯罪を予測できるシステム、通称ミハンについて説明。山内は驚きを隠せない。

すでに東堂により、リーダー・井沢、小田切唯(本田翼)、南彦太郎(柄本時生)、田村薫(平田満)らが集められ、未然犯罪潜入捜査班として、今から起こる犯罪を阻止し始めていた。

早速、井沢たちはとある議員が、不正入札の証拠を消すため、秘書を抹殺しようとしているのを防いだのだった。

『で、何したの?』と尋ねる小田切は、ここへは何かをやらかした人間しかやってこないことを知っていた。山内は1年半前に失踪した桜木の再捜査を訴え、上司を殴り、未然犯罪潜入捜査班入りしていた。

山内は桜木が警察の捨て駒として使われたと確信していて、桜木のことをなかったことにしよとしている警察上層部へ怒りを抱えているようだ。
すると、そこへAIが新たな危険人物を予測したことを知らせる。井沢は『出た!新たな危険人物。止めに行くよ?これから起こる犯罪を』と部下たちに伝えるのだった。

危険人物の死

新たな危険人物だと予測された人物は、富樫伸生(武井壮)。クラブを経営している会社の経営者だ。富樫の会社では、背後で裏で出会い系サイトやアダルトサイトを運営していて、グレーな商売を行っているらしい。

そんな富樫が最近銃を購入したことが判った。

また、同時に富樫の口座に会社の給料とは別収入の多額の金が振り込まれていることもわかる。

『何をするかはわからないんですか?』富樫がどんな犯罪を起こすか探るよりも、富樫を銃の所持で逮捕してしまった方が早いと主張する山内。
しかし東堂は今銃の所持で逮捕しても富樫の殺意は消えず、いずれ犯罪を起こす可能性は残ることから、今その芽をつむべきだと説明。なお不満げな表情を浮かべる山内に、

井沢『いつ、どこで、誰を、なぜ殺すのか?を突き止めて、未然に阻止する。それが俺たちの任務だから』

山内と井沢が富樫らが経営するクラブに潜入した。女性に絡んだ井沢を、山内が諌めるという設定で、殴り合いを始めた2人。コテンパンにやられた井沢は、店の外へ。山内は店が募集しているバーテンダーの面接に来たという設定になっているらしく、酔っ払いの客をつまみ出した山内は、店の人間から気に入られ、早速カウンターの奥に入ることになる。山内は店内にそっとカメラを置いた。

店を山内に任せ、井沢を含めた他のメンバーは会社の事務所へ。元窃盗犯と知り合いだったという田村が、ピッキングで事務所の鍵を開けた。事務所に入ると、『この応接セットの配置変じゃない?』と井沢が気づいた。

鑑識の技術も持っているらしい田村が、早速血液反応を調べる。すると、事務所の床からは、血液の反応が・・・それを見た井沢は『すでに事件は起きている・・・』と呟くのだった。

『仲間内のトラブルではないのかもしれませんね?』従業員全員の生存が確認され、田村はそう推測する。そこへ『誰が殺されたのか、判ったよ』と井沢がオフィスへ入ってきた。殺されたのは、富樫本人だった。誰が富樫を殺したのか?を探れば、なぜAIが富樫を危険人物として割り出したのかがわかるんじゃないという井沢。

未然犯罪潜入捜査班は、経営者仲間の西田が怪しいと目星をつけた。西田と従業員が乗った車を尾行した井沢たちは、西田たちがスーツ姿の男性2人を拉致し、店に連れてきたのを目撃した。

疑惑の2人

バーテンとして潜入中の山内はカウンターで酒を作りながら、様子を伺う。拉致されてきたのは、商社と貴金属会社に勤める男性たちであることがわかった。

西田は、富樫が男たちと別収入を得ていたと推測していて、どんなビジネスなのか?を知りたがっていた。話さない男たちに、従業員が殴る蹴るの暴行を加える。助けようとする山内に、井沢が無線でと釘を刺した。

誰かが店に連れ込まれたという通報を受けた警官が店を訪れた。『仲間内の喧嘩ですよ?民事に頭突っ込みます?』山内が警官を追い払い、西田は『使えんな?』と西田に褒められた。

商社と貴金属会社に勤める男たちとグレーゾンビジネスをする富樫がどのようにつながっていたのか?全く共通点がわからないといったように、車のシートに身体を投げ出す小田切。『とにかくこの2人探ってみよう!』と井沢は明るく声をかけるのだった。

取引先とともに寿司店を訪れた商社マン・須藤のもとへは、客を装った小田切と山内が潜入。貴金属会社の前川のもとへは、同じく客を装った田村が潜入。2人は野球部でバッテリーを組んで以来の長年の親友だった。

そこへ南彦太郎(柄本時生)が『重大な情報、ゲットしちゃましたよ!』と井沢に知らせる。GPSにより、須藤が長時間奥多摩の山中に滞在していることが判った。

その場所を掘った結果、富樫が掘り出され、富樫が西田にではなく、須藤と前川に殺された可能性が高まった。

新たな危険人物

捜査一課では、富樫の殺害容疑が西田にかかり、西田は早川らから事情聴取を受ける。しかし、西田は須藤らの情報を漏らさなかった。、どうやら西田は須藤らがやっているビジネスに興味津々の様子。

彼らがどんなビジネスをやっていたのかを探るため、須藤が勤める商社に、新人派遣社員を装った小田切が潜入。須藤とぶつかった際に、須藤の手帳を奪い、それを撮影。井沢らの元へ送る。

須藤の会社に西田が訪ねてきた。井沢に言われ、2人の会話を押さえに、コーヒーを手に応接室へ入った小田切。そこには盗聴器が仕掛けられている。西田は『富樫と何やってたの?金はどこにあんの?』と脅迫するが、須藤はシラを切る。また来ると言い、西田は帰って行った。

須藤の手帳から、須藤が月に一度香港と韓国を往復していること、須藤が会社の金を横領していることがわかる。沸き立つ未然犯罪潜入捜査班のメンバーたちとは裏腹に、山内は1人冷たい表情を浮かべていた。

山内は未然潜入捜査班が不確かなAIの情報に翻弄され、盗聴、プライバシー侵害、その他諸々の犯罪を重ねていることを批判。『考えられない』と言い、17時になったと早々に帰って行ったのだった。

『警察は気づいていない。でも西田は富樫が俺たちのビジネスがらみで死んだと思ってる・・・』そう須藤に切り出した前川。『最後は大きくやろう!』先が長くないことを察した須藤が、自分の分も金を出して欲しいと依頼。前川は渋々応じた。

須藤『あいつのことは俺がなんとかする!』

彼らがやっていたのは、金塊の密輸だった。韓国から香港経由で税金を免れた状態で、国内に運び込んだ金塊を、再び香港へ戻すと、永遠に儲かり続けるシステムとなっていた。

密かに単独捜査を行っていた山内に接触した井沢。井沢は『新たな危険人物が導き出された』と須藤が危険人物と判断されたことを報告。もともと須藤のことを殺そうとしていた富樫。正当防衛の結果、富樫が死んだ。

そして今、西田を消そうとしている須藤が危険人物と判断されていた。

オフィスに帰った山内は、東堂から『桜木泉、もし彼女がいればミハンの捜査に関わってもらいたいと考えていました』と切り出された。優秀な刑事だった桜木とバディを組んだ経験を、ミハン捜査に生かして欲しいと語る東堂。

『桜木さんは桜木さん、俺は俺。自分で決めます』山内は去って行った。

その頃。海外の部屋で1人潜んでいる桜木。少女に食料を持ってきてもらった桜木は、バナナを口にするが、すぐに追っ手が部屋に迫ったため、桜木は窓から逃走した。

井沢の狂気

須藤と前田が雇った金塊の運び役が成田に入国することになった。空港へ、井沢と小田切が。須藤に田村が。西田に山内がそれぞれ付く。

西田の車の後を追っている山内が、西田が空港へ向かっているらしいと告げてきた。

西田はやはり金塊回収場所へ到着した。西田はなぜか全ての計画を知っていた様子。

須藤に盗聴器を仕掛けようとした田村が、須藤に襲われ、負傷した。田村の元へ小田切が。井沢は金塊改修ポイントへ向かう。

『強奪じゃないね?西田は普通に金塊を受け取っている・・・』と驚く井沢。須藤は前川を裏切り、西田と組んだらしい。『須藤が殺そうとしているのは西田じゃない。前川だ!』気づいた井沢が叫んだ。

前川と須藤の接触ポイントに急ぐ未然犯罪潜入捜査班。しかし、捜査員たちが到着した際、2人の姿はすでにそこになく、前川の割れたメガネが落ちているだけだった。前川は須藤に襲撃され、拉致されたらしい。

霧深い山中。そこには大きな穴を掘る須藤の姿があった。『どうして、どうしてだよ!?須藤』と叫ぶ前川を前に、須藤は銃にサイレンサーを装着し始める。『家族がいるんだ!頼む殺さないでくれ!!』命乞いをする前川に、須藤がスタンガンを突きつけ、前川が大声をあげた。『聞こえないんだよ!大声を出しても!』と怒鳴りつける須藤に、『俺には聞こえているけどね!』と井沢と山内が現れた。前川の車のNシステムから居所が判明したのだ。

前川と須藤、富樫は高校時代の同級生。

その頃、西田の元へ向かった小田切と田村が、西田から金塊をすべて回収していた。

『君はどこから道を間違えてしまったんだろうね?横領した時?密輸を始めた時?それとも、正当防衛とはいえ、富樫を殺した時?』

そう言いながら、銃を構える須藤に近づいていく井沢。須藤が発砲したため、山内は途中で止まるが、井沢はそのまま進み続けた。須藤から銃を奪った井沢は、須藤に狙いを定める。

井沢の目に狂気を感じた山内が『井沢さん!?』と止めに入るが、井沢はそのまま須藤に向かって続けざまに発砲。銃弾は須藤のすぐそばをかすめた。

事件の解決後。『山内君からきになる報告がありました』井沢が本当に須藤のことを撃ち殺すのではないかと思ったという報告を受けたという東堂から、そう切り出された井沢。

『あなたはこの未然捜査班において、諸刃の剣・・・あなたご自身が一線を越えることのないよう、お願いします』と東堂から頼まれ、井沢は『わかってますよ!』と銃を須藤に向かって構えた時とは別人のような明るい表情で答えるのだった。

—————-以上ここまでが『絶対零度3』1話のネタバレでした!—————-

ここから安全でCMのない高画質な動画が、今なら無料で見れますよ!

↓ ↓ ↓

>>>FODプレミアム1か月無料お試しはこちら!

『絶対零度3』1話のあらすじを最後にチェック!

『絶対零度3』1話の見逃し視聴の方法と、感想を紹介したところで、
視聴前にあらすじをチェック!

公安外事第二課のエリート刑事だった井沢範人(沢村一樹)は、ある事件がきっかけで総務部資料課分室への異動を命じられる。

資料課分室のメンバーは、痴漢容疑者への必要以上の暴行で異動させられた小田切唯(本田翼)、入庁以来ずっと資料課にいる人づき合いが苦手な南彦太郎(柄本時生)、さまざまな部署をたらい回しにされてきた田村薫(平田満)という、警察内のトラブルメーカーばかり。だが、実はこの資料課分室には、刑事企画課特別捜査官・東堂定春(伊藤淳史)が中心となって秘密裏に進められてきたある重要プロジェクトが託されていた。それは、日本国民のあらゆる個人情報――通信記録や金融機関の出入金記録、監視カメラの映像といったビッグデータを解析し、過去15年分の犯罪記録と照らし合わせることによって、AIがこれから起こる重大犯罪、主に殺人を犯す可能性が高い危険人物を割り出す未然犯罪捜査システム、通称『ミハン』システムの実用化プロジェクトだった。

一方、特殊捜査班のメンバーだった山内徹(横山裕)は、バディを組んでいた桜木泉(上戸彩)の失踪事件がきっかけでチームが解散になった後も独自に彼女の行方を追い続けていた。だが、やがて捜査は行き詰まり、その無力感と警察組織への不信感から上司を殴ってしまい、資料課分室への異動を命じられる。

ミハンシステムが割り出すのは殺人を犯す危険性のある人物。しかし、いつ、どこで、誰を、なぜ殺すのかはわからない。山内は、冤罪を生み出す可能性もあるミハンシステムに対して疑念を抱いていた。「公にはできない捜査で、あなたたちの身に何かが起きても警察は助けてくれない。切り捨てられて終わりだ」。山内は、そう井沢に告げる。

そんな中、ミハンシステムがテストケースNo.5の危険人物を割り出し……。

出典:フジテレビ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ 』公式サイト

いかがでしたでしょうか?
安全・安心で高画質な見逃し配信を楽しんでくださいね♪

>>>FODプレミアム1か月無料お試しはこちら!