[写真]=Getty Images

ワールドカップのポーランド戦で本田選手の同点ゴールを演出した岡崎慎司選手ですが、これまでの海外リーグでの活躍で高い評価を得ていてその年俸推移が凄いんです。また岡崎慎司選手には兄がいてどうやらアムウェイの成功者という情報がありました。

今回は岡崎慎司選手の年俸推移と兄とアムウェイの関係について調べてみました。

スポンサーリンク



岡崎慎司の年俸推移

岡崎慎司の年俸推移がスゴいと言われています。実際にどのような年俸推移だったのでしょうか。岡崎慎司の年俸推移と移籍経歴を追っていきましょう。

清水エスパルス
2005年 約450万円
2006年 約900万円
2007年 約1,500万円
2008年 約2,500万円
2009年 約3,500万円

シュトゥットガルト
2010年 約1億4,500万円
2011年 約1億4,500万円
2012年 約1億4,500万円

FSVマインツ05
2013年 約3億8000円
2014年 約3億8000円
2015年 約3億8000円

レスター・シティFC
2016年 約4億5,000万円
2017年 約4億5,000万円
2018年 約4億5,000万円
2019年 約4億5,000万円

プレミアリーグでプレーすることが夢だった岡崎慎司選手は、4年契約でレスターへ移籍します。

岡崎慎司選手が2019年までに獲得する年俸は約34億6000万円!

スポンサーリンク



岡崎慎司の移籍金額がヤバイ!?

岡崎慎司選手が現在のレスタ-・シティに移籍したのは2005年6月。この時の移籍金はなんと1000万ユーロ。日本円に換算しなくても、かなり高額なことがわかりますね!

ちなみに現在のレートで換算すると、約12億7758万円!移籍金が支払われたた当時は13億とも14億とも

これにプラス年俸ですからね。お金がすべてではないですが、岡崎慎司選手のヨーロッパでの評価の高さが分かるのではないでしょうか。

スポンサーリンク



岡崎慎司の兄はアムウェイ成功者?

岡崎慎司選手には2歳年上に兄の岡﨑嵩弘(たかひろ)さんがいます。ネットではアムウェイと関係が噂されていますが、どうやら兄の嵩弘さんはとアムウェイと直接の関わりはないようです。

岡崎慎司選手がサッカーを始めるきっかけになったのが、兄の岡﨑嵩弘さんの影響だったと言われています。

兄も高校はサッカーの強豪校である滝川第二高校に進学し、3年生の時には1年生の岡崎慎司選手と2トップを組んでベスト4に入る活躍をしています。

ただ、兄はその後関西外国語大学へと進学し、そこのサッカー部に所属してサッカーを続けますが、日本のプロサッカーチームから声はかかりませんでした。

そうしている内に、弟の岡崎慎司選手は高校を卒業して「清水エスパルス」に入団し、そこで活躍するようになります。

その姿を見て、嵩弘さんは大学卒業と同時にパラグアイへと移りプロのサッカー選手を目指しました。

パラグアイの2部リーグのテスト生となって厳しいテストを受けますが、残念ながら年齢などがネックとなり合格とはならなかったようです。

その後、帰国した兄はフットサルなどのイベント企画を行う会社の代表として現在も活動しています。

調べた限りでは、兄の岡﨑嵩弘さんはアムウェイと関係ないようです。

岡崎慎司の両親もアスリート

岡崎慎司の両親もサッカーではありませんが、それぞれスポーツを打ち込んでいたそうです。岡崎慎司選手はスポーツに対して理解のある両親のもとで、サッカーに集中できる環境で育つことができました。

岡崎慎司の父親

岡崎慎司選手の両親は、父親が岡崎弘晃さんと言って職業は会社員と言う事です。年齢などの正確な情報が出ていませんでしたが、65歳前後という事です。

また、父親は学生時代に野球部に所属していた事から、子供にも野球をやるように勧めたそうです。

しかし、岡崎慎司選手の兄がサッカーに興味を持ってやりだした事で、自然と岡崎慎司選手もサッカーの道へと進むようになったと言います。

正直、父親としては野球をやらせたかったかも知れませんが、結果的に世界で活躍するサッカー選手になったのですから、それで良かったのかも知れません。

岡崎慎司の母親

岡崎慎司選手の母親・岡﨑富美代さんは、高校時代はテニスでインターハイに出場の経験があり、かなりの実力者でした。

また、母親は結婚後もコーチとしてテニスを続けていたそうです。岡崎慎司や兄がテニスをすることはなかったようですね。

テニスのコーチを辞めてから新たな仕事としてアムウェイのディストリビューター(販売代理店)を選んで活動しました。

アムウェイの噂があったのは、兄ではなく母親の方でした。

すると、そういう仕事が向いていたのか、たちまち成績を上げて「エメラルドDD」というタイトルを獲得するなど、経済的にも相当成功していると言う事です。

噂では年収1,000万円は稼いでいるとの事なので父親よりも収入が多いかも知れません。ただ、現在も続けているかは不明です。

岡崎慎司の嫁の情報

岡崎慎司選手は、2008年7月に結婚しています。

結婚した嫁は、夢美さんと言って岡崎慎司選手よりも5歳年上の一般人女性です。

そして、岡崎慎司選手との馴れ初めは、2007年7月頃に友人の紹介で知り合い11月頃から交際が始まったと言います。

2008年7月に結婚した当初は嫁のお腹には妊娠5ヶ月の赤ちゃんがいたので、結婚したのは恐らく子供が出来たからだと言えるでしょう。
とは言え、岡崎慎司選手は「子供を早く欲しがっていた」と言う情報もあるので、最初から結婚するつもりで交際していたのかも知れません。

また、岡崎慎司選手は結婚してからそんどん調子を上げて行ってるので、現在の大活躍は嫁のお陰も少しはあるのではないでしょうか。

とにかく現在も、夫婦仲は良いそうなので岡崎慎司選手にとって嫁の夢美さんとの結婚はベストだったと言えるでしょう。

岡崎慎司の子供は何人いるの?

岡崎慎司選手の子供は、現在男の子が2人います。

一人目は、結婚した翌1月に長男が生まれました。そして、その後2011年には次男が誕生していますが、次男に関しては名前などの情報は出回っていないようです。

また、当然、岡崎慎司選手が清水エスパルスからドイツの「シュトゥットガルト」へ移籍した際は、家族で移住しています。

子供たちも生まれてからはほとんど海外暮らしとなっていて、現在はイギリスチーム「レスター」に所属しているので、家族もイギリスに住んでいるようです。

ただ、岡崎慎司選手が所属する「レスター」は田舎町と言う事で、子供の教育を考えて現在は嫁と子供はロンドンに住んで普段は別居しているとの事です。

しかし、試合のある日は嫁が2人の子供を連れて見に行っているとの事なので、家族仲は相変わらず良い関係を築いていますね。

そして、岡崎慎司選手の子供がサッカーをしているとの情報は出ていませんが、やはり子供は父親に憧れる所があるので、ひょっとするとすでにサッカーを始めてるかも知れません。

岡崎慎司のプロフィール

プロフィール

生年月日 1986年4月16日
出身地  兵庫県宝塚市
身長   174cm
利き足  右
学歴   滝川第二高校卒
所属   レスター・シティFC

岡崎慎司選手は、小学校2年生の時に兄の影響でサッカーを始めました。
中学生になるとどんどん実力がついて、県の選抜選手に選ばれるなどすでに才能を開花させています。

また、高校はサッカー強豪校である滝川第二高校に進学し、そこでも1年生からレギュラーを獲得して全国大会でベスト4に入る活躍をしました。
そして、高校を卒業すると清水エスパルスに加入し、2005年から2010年までの5年間で42得点と言う活躍をした後、2011年からドイツの「シュトゥットガルト」へ移籍しました。

「シュトゥットガルト」では、岡崎慎司選手の活躍もあり、降格圏をさまよっていたチームが最終節を待たずに残留を決めるようになりました

その後、2013年からは同じドイツのチーム「FSVマインツ05」へ移籍し、香川真司選手が持つ日本人最多得点記録を更新するなどの活躍をしています。

さらに、それ以降もゴールを挙げ続け、奥寺康彦さんの持つ日本人ブンデスリーガ最多得点記録をも更新しました。

そんなすごい活躍をする岡崎慎司選手は、2015年からはイングランドの「レスター・シティFC」に4年契約で入団し、初のプレミアリーグ優勝を経験するなどの活躍をしています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は岡崎慎司選手の年俸推移と兄とアムウェイの関係について調べてみました。

・岡崎慎司選手の年俸推移から見ていくと2019年には約35億円の年俸を獲得

・アムウェイで成功したのは兄ではなく母親である可能性が高い

岡崎慎司選手についてまた気になる情報があれば紹介します!

スポンサーリンク