『モンテクリスト伯』最終回9話が放送されました!

『モンテクリスト伯』9話を見逃して動画を探している人が多いみたいですね!ここまで見てみないともったいないですよ!

youtubeやdailymotion、pandoraに動画が上がっていますが、
もっと綺麗で安全に見逃し視聴できる方法を紹介しますね!

こちらのページでは、『モンテクリスト伯』1話から最終回9話を、安全に見逃し視聴する方法を紹介します!

ここから安全でCMのない高画質な動画が、今なら無料で見れますよ!

↓ ↓ ↓

>>>FODプレミアムお試しはこちら!

『モンテクリスト伯』最終回9話の予告動画!


ついに最終回!真海の復讐劇は一体どんな結末を迎えるのでしょうか?

『モンテクリスト伯』最終回9話を、安全に見逃し視聴する方法

『モンテクリスト伯』無料動画9話を、安全に見逃し視聴する方法を紹介しますね!

私は最近までpandora、dailymotionなどでドラマの動画を見ていました。

でも、画質が悪く、広告が出てきたりして、正直不満でした。。。

これらの動画共有サイトにアップされているドラマ動画は、全て違法動画です。

そこで、『モンテクリスト伯』最終回9話の見逃し配信動画を安心安全に見るなら、フジテレビ公式の動画配信サービスの「FODプレミアム」がおすすめです!

「FODプレミアム」では今なら1ヶ月間トライアルを実施中!

⇒FODプレミアム1ヶ月間お試しはこちら!

1ヶ月間もあれば、見放題対象の人気ドラマが無料で一気見することもできちゃいますね♪

私も無料期間中に登録して、1ヶ月以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

でも、また見たくなって再登録しちゃったんです♪

今なら『モンテクリスト伯』1話から最終回9話まで一気に見ることができます!

ただ、1ヶ月間のトライアル期間がいつまでなのかわからないので
今のうち無料登録しておかないと損ですね!

⇒FODプレミアム1ヶ月間お試しはこちら!

*「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは2018年6月末に終了します。

『モンテクリスト伯』9話のネタバレを紹介!!

『モンテクリスト伯』9話のネタバレを紹介します!

復讐を止める条件

守尾信一朗(高杉真宙)がモンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)の別荘にやってきた。

信一朗『ふざけんな!なんで未蘭さんを!』

真海につかみかかる信一朗。

真海は信一朗にやがて幸せが訪れることを約束し、『どうか、どうかあなただけは、この酷い世界に足を踏み入れないでください!』と伝える。『絶対許さない!』と信一朗が言い、帰った後、真海は『許しなど求めていない』と低くつぶやくのだった。

刑事・入間公平(高橋克典)の妻・瑛理奈(山口紗弥加)は未蘭に毒を持った罪を、入間定吉(伊武雅刀)に着せ、自殺に見せかけ殺そうとしていた。

すると、そこに入間が突然帰宅し、未蘭の倒れた際の様子を尋ねる。

瑛理奈『最近、論文で徹夜が続いていたんじゃないですかね?』

入間は定吉と2人にするよう頼み、瑛理奈は出て行った。

そして入間は文字盤を取り出し、定吉が何かを伝えた。その瞬間、入間は激しく震え始め、部屋を出て行った。

『ずっと病院だったから疲れたでしょう?』料理中の瑛理奈の背後に立ち、入間はしばらく何かを考えていた。

監禁中の神楽清(新井浩文)。神楽は自分と政治家・木島義国(嶋田久作)に不正献金疑惑がかかっていることを、ニュースで知った。

直後、神楽は入ってきた男たちにより、拷問を受けることになる。真海がその拷問の様子を静かに見守っていると、江田愛梨(桜井ユキ)から電話がかかってきた。

愛梨『気をつけてください。きっと真海さんを狙ってきます』

真海の元へ向かう幸男とすみれ。しかし、愛莉から明日花(鎌田英怜奈)と一緒にいるという連絡が入った幸男は、すみれに愛莉がショーンの娘であることを明かし、病院へ戻るよう忠告。1人で真海のもとへ行ってしまった。

すみれは、愛莉に幸男を助けてくれた礼を言う。

すみれ『暖はこれからどうするつもり?』

愛莉『薄汚れた宿で、毎日毎日汗まみれの男たちの相手をさせられていた時、真海さんがやってきた。私を救ってくれたの。』と語る。

未蘭の容態を心配し、病院にいる入間の前が現れた。

真海『本当は気づいていたんですよね?奥さんのこと』

真海『良いお知らせがあります。』

留美(稲森いずみ)と安堂完治(葉山奨之)が、2人で逃走中だと真海は言い、去って行った。

逃走中の留美は安藤に『お守り。あなたがいつまでも無事でいられるように』とブレスレットを差し出した。『なにこれ、ダセエ』と言いながらも、安藤はブレスレットを腕にはめる。

すると、入間から留美に電話がかかってくる。留美は入間に『私たちは一度の子を見殺しにした。今度は助けよう?』と言うのだった。

愛莉が別荘へ戻ると、そこには幸男の姿があった。

暖の母・恵の墓地をすみれが訪れると、そこに真海の姿があった。

すみれ『ねえ、もうやめたいんでしょ?お母さんはそんなこと望んでない!』

真海はすみれに復讐をやめる条件を話した。

真海『私と結婚してください。明日花ちゃんも、南条幸男も全て投げ出して、そうすれば、私は復讐をやめます』

真海は明日別荘で開かれる食事会にて、返事をしてくれとすみれに伝え、去って行った。

車に戻った真海は、秘書・土屋慈(三浦誠己)に明日から休暇を取るよう命じた

真海『休暇前、最後の仕事だ。頼んだぞ。』

土屋『承知いたしました』

二度殺された息子

留美と安藤の前に入間が現れ、自らが安藤の父親だと明かした。

安藤『どういうことだよ?!』取り乱す安藤に、入間は切迫早産で生まれた安藤を遺棄したことを打ち明け謝罪した。

安藤『嘘だろ、母親?』

かつて留美と関係をもったことを思い出しして吐いてしまった。

留美『私は、嬉しかった。あなたが生きたことがわかった時、本当に嬉しかったよ!』

こうなってしまったのは親である自分たちの責任だと入間は言い、安藤を海外へ逃すと語る。

安藤『どうりで俺の人生メチャメチャなわけだ!』自暴自棄に笑う安藤。

留美『最悪なパパとママでごめんね』

涙ながらに謝罪した。

留美『落ち着いたら連絡してね。ちゃんと食べるのよ?』

安藤『母親面すんなよ。うぜえんだよ。世話焼きばばあが』

留美も笑顔になり、安藤を抱きしめ、『元気でね』と安藤の手を取るのだった。こうして、安藤は入間と車に乗り、行ってしまった。

遠洋漁業の関係者に依頼し、安藤を逃がしてもらうことになっていると入間は語り、とある埠頭へやってきた。

入間『留美とは愛人関係だったが、妊娠した時あいつは喜んだ。私もだ』

これまで罪悪感に苛まれてきたと語る入間は、今回安藤が見つかりホッとしたと話した。

入間『これ以上、罪悪感が増えることはないんだからな』そうは言うと、安藤をナイフで刺した。

安藤『留美さんもグルか・・・』

安藤は息絶えそうになりながら尋ねた。入間が留美は何も知らないことを伝えた。

安藤『これを母さんに渡してくれ・・・』

ブレスレットをした手首を差し出し、そのまま息絶えた。

入間は穴を掘り、安藤を埋めてしまった。
その直後、土屋が車でやってきて安藤が埋められた地面を必死に掘り返した。

留美に渡された切り札

幸男は真海の別荘で、真海の帰りを待っていた。

愛莉『真海さんに会ってどうするつもり?』

幸男は暖が町に来て以来、暖にずっと劣等感を持ってきたと明かし決着をつけるという。

愛莉『死ぬつもりでしょ?すみれを真海さんに返してから』

立ち上がった幸男はそのまま意識を失った。

その頃、眠った明日花の傍で、真海からの招待状を眺めながら、すみれは真海の言葉を思い出していた。その時、目を覚ましたら明日花が抱きついてきた。

引き続き監禁中の神楽の前のテレビから、神楽が死亡した可能性が濃厚だということを封じるニュースが流れ始めた。

神楽『生きてるよ!俺ここにいるよ!助けてくれよ!』

神楽は部屋のドアを叩く。

閉ざされたドアの向こう側で、真海はディナーを楽しんでいる。空腹で気が狂いそうな神楽は、自分は悪くないと主張し始めた。『餓死ほど恐ろしいことはない。私の母もそれを経験しました』と淡々と語る真海。

真海『自分の手は一切汚さない。それが1番残酷だ。だから私の復讐も全て他人任せです。安心してください。そう簡単には殺しませんよ』

真海が去っていった直後、天野たちが食事を持って、神楽の部屋に入ってきた。

『タダとはいきませんよ』神楽は融資された3000万円を使って、食事を買おうとするが、天野はパンとスープのセットで1000万円だと、真海に厳しく言い付けられていると明かす。

神楽は金を差し出し『ください!!』と土下座した。

教会で待つ留美の前に入間が現れ、安藤から託されたブレスレットを差し出した。安藤は無事船に乗せたという入間だったが、留美は入間の嘘を見破った。『嘘なのね!?あの時、あの子は本当に息をしてなかったの?庭に埋める時、本当は気づいていたんじゃないの?!』

しかし、入間はいい加減にしろと留美を怒鳴りつけ、去って行ってしまう。

残された留美は、『あの人はあの子を二度殺した・・・』と泣き崩れるのだった。

そんな留美の前に真海が現れた。

留美『すべてを知っていたんですね?・・・ありがとう。息子に会わせてくれた』

真海『これは感動をいただいた感謝の印です。神の裁きを』

真海はひとつの封筒を差し出し、帰っていく。

中身を確認した留美は『神様・・・!感謝します』

破滅した入間

『隠し子がいるの?』帰宅するなり、瑛理奈に詰め寄られた入間。瑛理奈のもとには、入間と留美の間に安藤という隠し子がいるという内容のメールが届いていた。

入間『未蘭を殺しても、また遺産が減ることになるもんな!?』

未蘭に毒を盛った犯人が瑛理奈であることに気づいていることを明かす。

また、入間は瑛理奈との結婚が未蘭のためだったと語り、瑛理奈のことを愛していないと続けた。

『瑛人を置いて、とっととこの家から出て行け!!』入間に怒鳴りつけられ、瑛理奈は呆然とした。

安藤の公開捜査に踏み切った警察。テレビ中継中の記者会見に、突然留美が乱入してきた。留美は自分が安藤の妻で、父が入間であることを明かす。

留美『ここに DNAの鑑定書があります。間違いありません!』とカメラの前に、1枚の書類を突きつける留美。留美は生まれたばかりの安藤を入間が生き埋めにしたこと、また今回も安藤が入間に殺されかけたことを明かした。

安藤は現在病院に入院していると留美は語り、『彼は生きています!』と笑顔で言うのだった。

記者会見を見ていた入間は顔面蒼白に。顔を隠しながら慌てて帰宅し、瑛理奈に早く荷物をまとめるよう、声を荒げた。

瑛理奈『あなたは家族のために頑張ってくれたじゃないですか?!』
入間『どこか遠くに行ってやり直そう!』

瑛理奈『嬉しい・でも、もう遅い・・・』とはつぶやき、次の瞬間吐血、息耐えた。

『瑛人はどこだ!瑛人!!』入間が定吉の部屋を開けると、そこには真海の姿があった。

真海『いいんですか?もうすぐ警察が来ますよ?』

入間は気が狂ったのか、突然笑い始め、庭をスコップで掘り返し始めた。

定吉の車椅子を居間まで押してきた真海。定吉の目の前には、正気を失い、笑いながら地面に這いつくばり穴掘りをする入間の姿と、血にまみれ亡くなった瑛理奈の姿があった。

そして、その様子を目の当たりにし、無表情な瑛人。真海はそんな地獄絵図を一瞥すると、入間家から去って行った。

病院の廊下にて、1人頭をかかえる信一朗。そこにしっかりとした足取りで、未蘭がやってきた。

未蘭『信一朗さん、もう大丈夫です』

信一朗は未蘭を抱きしめ、謝罪。

未蘭『信一朗さんと真海さんが、私を守ってくれたんです』

真海が信一朗に手渡したのは、解毒剤だった。真海から、瑛理奈が未蘭を毒殺しようとしていることを聞いた医師は、真海に協力することを決意。面会謝絶にすることで、未蘭の命を守ったのだという。

また、未蘭は入院中に真海が自分の元を謝罪に訪れたことを明かす。

真海『一時的にであれ、未蘭さんと信一朗さんを苦しめてしまったことをお詫びします』と未蘭に頭を下げたのだった。

復讐の終わり

真海の別荘をすみれが訪れた。幸男と神楽、真海がテーブルを囲んでいる。『こいつら俺たちを道連れにするつもりだ!逃げろ!』という幸男。
『すみれ、座れって!』という神楽。すみれが椅子に座ると、真海は『これで全員揃いましたね?乾杯!』と乾杯し、『まずはこの余興を楽しみください』とある映像を再生する。

それは、かつてすみれへのプロポーズが、すみれへのドッキリで撮影された映像だった。

『俺と結婚してください!』真海にプロポーズされ、それを受けたすみれ。やがてそれがドッキリだとわかり、皆に祝福され、すみれは最高の笑顔を浮かべた。『幸せそうですね。これ、幸男さんが作ったんですよね?親友だったから。・・・でも本当に幸せそうだ』そう真海がつぶやき、すみれは無言で涙を流した。

真海が切り出した。『神楽さん、紫門暖が船長に決まった時、祝福したのは嘘だったんですか?』暖が町に来た時から、疎ましく思っていたと神楽は明かす。さらに真海は幸男に尋ねる。『紫門暖が警察に連れて行かれた時、どんな気持ちでしたか?』すみれを奪われないで済み、正直ホッとしたという幸男。

『これで終わりにしよう?』すみれが立ち上がった。『それはあなた次第だと言ったじゃないですか?』真海はすみれがすべてを投げ打って、自分と一緒になるならば、復讐をやめる約束をすみれとしたことを、神楽と幸男に明かした。

『あなたを必ず幸せにします。私と結婚してください』真海は再び、すみれにプロポーズした。

『はい。私は真海さんと結婚します』と答えたすみれ。真海は一瞬かつて紫門暖と名乗っていたときのような屈託のない笑顔を浮かべようとしたが、自制するかのように大きく一つ息を吐き、すぐに元の真海の顔つきに戻った。

真海『これで私の復讐はすべて終わりです。そうぞお引き取りください』

お開きに。神楽と幸男、また幸男に促されたすみれは帰って行く。

誰もいなくなった部屋で、1本のマッチに火をつけた真海。『ああ・・・楽しかった』そうつぶやき、真海は一瞬で炎に飲み込まれた。

すみれが『暖!!』と泣き叫ぶ。バイクに2人乗りした愛莉と土屋が、別荘へ向かっていた。

その後、入間・幸男・神楽の罪を暴いた真海の復讐は、マスコミにて大きく報じられた。

—————-以上ここまでが『モンテクリスト伯』9話のネタバレでした!—————-

ここから安全でCMのない高画質な動画が、今なら無料で見れますよ!

↓ ↓ ↓

>>>FODプレミアム1ヶ月間お試しはこちら!

『モンテクリスト伯』9話のあらすじを最後にチェック!

『モンテクリスト伯』9話の見逃し視聴の方法と、感想を紹介したところで、
視聴前にあらすじをチェック!

南条幸男(大倉忠義)、神楽清(新井浩文)、入間公平(高橋克典)へのモンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)の復讐は、彼らの家族たちも巻き込みながら結末を迎えようとしていた。
真海が守尾信一朗(高杉真宙)に渡した薬を飲んだ未蘭(岸井ゆきの)は未だに昏睡したままで面会謝絶。信一朗は入間からも促され、真海の別荘を訪ねる。詰め寄る信一朗に、真海はもうすぐ死んで償うと詫びた。
未蘭を排除した瑛理奈(山口紗弥加)は、いよいよ貞吉(伊武雅刀)を殺害しようとする。だが、そこに入間が帰ってきてしまう。すると貞吉は眼で話があると入間に合図。入間と2人きりになった貞吉は、真海が残していったボードを使って会話を始める。

庫に閉じ込められた神楽は、国有地売却の件で議員と自分に闇献金疑惑がかけられ東京地検特捜部が捜査に動いたことを知る。そこに天野満(栁俊太郎)が手下を連れて現れた。天野は神楽に拷問を始めるが、それはかつて柴門暖が受けたような過酷なものだった。
幸男とすみれ(山本美月)は真海に会いに行こうとしていた。だが、その途中、愛梨(桜井ユキ)から明日花(鎌田英怜奈)と一緒にいると連絡が入る。自分に恨みを持つ愛梨と娘が一緒だと知った幸男は、すみれを帰して独りで真海に会いに行くことに。
その頃、真海は入間と会っていた。真海は入間に留美(稲森いずみ)と安堂完治(葉山奨之)が一緒に逃げていると教える。

出典:フジテレビ『モンテクリスト伯』公式サイト

いかがでしたでしょうか?
安全・安心で高画質な見逃し配信を楽しんでくださいね♪

>>>FODプレミアム1ヶ月間お試しはこちら!