『モンテクリスト伯』7話が放送されましたね!

『モンテクリスト伯』7話を見逃して動画を探している人が多いみたいですね!

youtubeやdailymotion、pandoraに動画が上がっていますが、
もっと綺麗で安全に見逃し視聴できる方法を紹介しますね!

こちらのページでは、『モンテクリスト伯』7話を、安全に見逃し視聴する方法を紹介します!

ここから安全でCMのない高画質な動画が、今なら無料で見れますよ!

↓ ↓ ↓
>>>FODプレミアム1ヶ月間お試しはこちら!

『モンテクリスト伯』無料動画7話を、安全に見逃し視聴する方法

『モンテクリスト伯』無料動画7話を、安全に見逃し視聴する方法を紹介しますね!

私は最近までpandora、dailymotionなどでドラマの動画を見ていました。

でも、画質が悪く、広告が出てきたりして、正直不満でした。。。

これらの動画共有サイトにアップされているドラマ動画は、全て違法動画です。

そこで、『モンテクリスト伯』7話の見逃し配信動画を安心安全に見るなら、フジテレビ公式の動画配信サービスの「FODプレミアム」がおすすめです!

「FODプレミアム」では今なら最大1ヶ月間トライアルを実施中!

⇒FODプレミアム1ヶ月間お試しはこちら!

1ヶ月間もあれば、見放題対象の人気ドラマが無料で一気見することもできちゃいますね♪

私も無料期間中に登録して、1ヶ月間以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

でも、また見たくなって再登録しちゃったんです♪

「FODプレミアム」なら、『モンテクリスト伯』以外にも、過去の人気ドラマや映画、雑誌、アニメが充実♪

ただ、1ヶ月間のトライアル期間がいつ終わってしまうのか、
わからないので、今のうち無料登録しておかないと損ですね!

FODプレミアムを登録したおかげで、私は嫌だった長時間の電車通勤が、楽しくなりました♪

⇒FODプレミアム1ヶ月間お試しはこちら!

*「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは2018年6月末に終了しました。

『モンテクリスト伯』7話のネタバレを紹介!!

『モンテクリスト伯』7話のネタバレを紹介します!

回る歯車

南条幸男(大倉忠義)の自宅にヴァンパの一味が乗り込んできた。

ヴァンパのボス・ダニー・ウォン(葉山ヒロ)は幸男に、近々香港警察に事件についての証言をすることになっているのは、人身売買で売り飛ばした有名俳優・ショーン・リー(ジョー ナカムラ)の娘・エデルヴァであること、エデルヴァがとある日本語を話す男に買われていったことを報告。

『お前誰かに狙われてるだろう?』と言い、15時までに幸男自身がそれが誰なのか?突き止めなければ、妻・すみれ(山本美月)と娘・明日花(鎌田英怜奈)を魚の餌にすると脅した。

真海が神楽清(新井浩文)のオフィスを訪れた。真海は神楽の妻・留美(稲森いずみ)に紹介した安堂完治(葉山奨之)が詐欺師だったことを告げ、謝罪した。

また、真海は近々、幸男の罪が暴かれることを話した。、

神楽『全て真海さんのシナリオですか?』

真海『因果応報ってやつです』

その頃、留美は安藤と共に闇金業者を訪れ、借金を全額返済していた。留美が用意した金は旦那の金なのか?と気にする安藤に、留美はそんなことは気にしないでいいから、美味しいものでも食べに行こうと笑顔で誘った。

『この男を覚えていますか?』刑事・国見悠馬(森岡龍)から、地上げ屋・寺角類(渋川清彦)の写真を差し出された刑事・入間公平(高橋克典)。国見は寺門が遺体で見つかったこと、寺門がかつて紫門暖を逮捕した際の関係者であることを報告した。

ラデル共和国からは暖の死亡報告書が届いているが、『もしかして、と思いまして・・・』と念のため、報告したという国見。

その頃、入間は暖についての資料を調べていた。その中で、暖と一緒に投獄されていたラデル共和国の元大統領がファリア真海(田中泯)という名であることに気づいた入間は訝しげに『真海・・・?』とつぶやく。

入間の妻・瑛理奈(山口紗弥加)が毒を盛っていることを察していた入間定吉(伊武雅刀)。定吉がお手伝いの女性に、キッチンを調べさせていたことを知った瑛里奈はお手伝いを解雇。定吉のもとに向かい、自らの計画を話し始めた。

瑛里奈『ロミオとジュリエット気分で、今時馬鹿ですよね?あの2人』

瑛里奈『お父さんは孫娘を取られまいとして、美蘭ちゃんを毒殺します。そして、お義父さんは後を追って、自殺します』

瑛里奈は言い、自らの描いたシナリオ通りに、定吉の遺産を自分と入間、瑛人が手に入れることになると笑うのだった。

幸男の罪を知ったすみれ

幸男が神楽のオフィスを訪れた。

神楽『真海は、お前を潰すために近づいてきたんだよ』

神楽は、幸男と真海に潰し合いをさせる心算らしい。幸男がオフィスを駆け出て行った後、神楽は『真海はいずれ俺のことも潰しに来る。元漁師の勘ってやつだよ』と秘書・牛山直紀(久保田悠来)に告げるのだった。

幸男は真海の別荘を訪れた。

幸男『エデルヴァを買い取ったのはあなたですね?!』

真海『それは美術品か何かですか?』

幸男『俺にどんな恨みがあるっていうんだよ?!』

自宅に戻った幸男は、自分を狙っているのがモンテ・クリスト・真海であることを、ウォンに伝えた。

『どういうこと?ちゃんと説明して』すみれから、幸男は迫られた。幸男は語り始めた。

幸男が香港で初出演した作品の主役がリーだった。リーの妻が日本人だったこともあり、リーは幸男のことを家族同然に面倒を見てくれた。しかし、金がなかった幸男はヴァンパに借金し、返済不能に。リー宅にある高価な物を盗み出し、借金を帳消しにしてもらうために、ヴァンパ一味をリー宅へ引き入れた。

しかし、そこに予定より早くリー一家が帰宅。夫妻はヴァンパに殺害されてしまった。その一部始終を目撃していたのが、2人の子供であるエデルヴァだった。『幸男!幸男!!』幸男に助けを求めるエデルヴァの目の前で、ウォンは夫妻にトドメを刺したのだった。

授賞式の会場

授賞式直前、すみれが真海の別荘に現れた。『主人を責めないでください!悪いのは、あなたを待っていられなかった私・・・暖、暖なんでしょう?』最初に会った時からわかっていたとすみれは明かす。15年前、暖が逮捕されてから、1人暖の帰りを待っていたすみれ。

そんなすみれに暖の死亡届が届いた。その後、すみれは何度も悪夢にうなされることになる。自ら命を絶とうとしていたすみれを救ったのは、幸男だった。

すみれ『ごめんなさい、暖!悪いのは私なんだよ!恨むなら、私を恨んで!!』、

暖『悪いのは幸男なんだよ!!』

涙を流すにすみれに、声を荒げた。

すみれが授賞式の会場に戻ってきた。明らかに様子がおかしいすみれ。そんななか、授賞式が始まる。(これから真海を連れ去る)幸男のもとに、ウォンからメールが届いた。

その頃、真海の別荘にはヴァンパ一味が押し入っていた。しかし、ウォン以外の一味は、すでに真海が買収済み。ウォンは逆に一味により、抹殺されることに・・・

授賞式では、記者たちの携帯が鳴り響き、一斉にメールを受信していた。そのメールには、幸男がリー一家殺害事件に関わっているとの情報が・・・『南条さん、香港マフィアと関係しているというのは本当ですか?!』『何があったのか、説明してください!!』騒然となる授賞式会場。すると、すみれが突然『私たちは今日限りで離婚します』と言い、頭をさげる。

去っていくすみれに追いすがった幸男。すみれは幸男に『あなたが殺したのよ・・・』と告げる。『俺は手引きしただけだって!』と言い訳をする幸男に、すみれは『私が言ってるのは、暖のことよ!!』と声を荒げ、去っていく。呆然とする幸男。

幸男の最期

幸男が自宅に帰ると、すみれの姿はなく結婚指輪が置かれていた。

愛莉『私も今日でやめさせていただきます。その前に最後の仕事をお願いします。遺書を書いてください』

愛莉は幸男がリー一家殺害の関与を認めなければ、すみれと娘に危害が及ぶことを伝えた。

愛莉『私はエデルヴァよ。人生のすべての悔いに懺悔しろ』

愛莉はそう言い残して去って行った。

真海が海辺で釣りをしていると眞一郎が声をかけてきた。

眞一郎『何かあったんですか?』

真海『もうすぐ親友だった男が死ぬんです』

すみれは娘と2人、教会にて、真海が明かした真相について思いを巡らせていた。すみれは涙が止まらない。

心配した明日花から、愛莉に電話がかかってきた。

『ママがずっと泣いてるの。パパは悪い人だったの?違うよね?』

愛莉は言葉を詰まらせた。

遺書をしたため終わった幸男は、立ち上がり、ロープで作った輪に自らの首をかけていた。

—————-以上ここまでが『モンテクリスト伯』7話のネタバレでした!—————-

ここから安全でCMのない高画質な動画が、今なら無料で見れますよ!

↓ ↓ ↓

>>>FODプレミアム1ヶ月間お試しはこちら!

『モンテクリスト伯』7話のあらすじを最後にチェック!

『モンテクリスト伯』7話の見逃し視聴の方法と、感想を紹介したところで、
視聴前にあらすじをチェック!

 モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)の復讐は予定通り南条家を崩壊に導き、幸男(大倉忠義)が自ら命を絶とうとするまでに至る。だが、幸男の娘、明日花(鎌田英怜奈)の存在が江田愛梨(桜井ユキ)を惑わせてしまった。真海が暖だと気づいたすみれ(山本美月)の存在も大きなものとなる。
自分の中にある揺れに呆然としながら真海が釣りをしていると、守尾信一朗(高杉真宙)が現れた。信一朗と話すことで気分転換になった真海の心は、すぐに曇ることとなる。信一朗の交際相手が入間未蘭(岸井ゆきの)と知ったからだ。

その頃、未蘭は父の入間公平(高橋克典)に信一朗と会ってくれと頼んでいた。しかし、入間は頑なに拒絶。瑛理奈(山口紗弥加)は時間をかけて説得しようと未蘭を慰め、貞吉(伊武雅刀)の部屋に連れて行く。瑛理奈の殺害計画を知る貞吉は必死に未蘭に危険を伝えようとする。しかし、会話用のタッチパッドが瑛理奈に操作されていたため、未蘭に伝えることは出来なかった。と、そこに真海が貞吉に会いに来たと現れる。
入間は神楽清(新井浩文)と会う。神楽は幸男の自殺、そして寺角類(渋川清彦)殺害は真海の仕業だと話す。さらに、神楽は真海が自分と入間もターゲットにしていると告げた。真海は何者だと思うと問う入間。もちろん、入間と神楽の脳裏には共通の人物が浮かぶ。入間は真海を呼び出す。真海と話すために使う取調室は15年前に柴門暖を陥れた部屋で…。

出典:フジテレビ『モンテクリスト伯』公式サイト

いかがでしたでしょうか?
安全・安心で高画質な見逃し配信を楽しんでくださいね♪

>>>FODプレミアム1ヶ月間お試しはこちら!