IT企業「SHOWROOM(ショールーム)」の代表取締役社長・前田裕二さんが注目を集めていますね!

韓国から帰化の噂もありますが、本当なんでしょうか?
それよりも、年収の方が気になりますが。。。

今回は前田裕二さんの帰化や気になる年収について調べてみました!

スポンサーリンク



前田裕二は帰化したって本当?

若くして成功し、順風満帆のように思いがちですが、実は生い立ちが結構壮絶なようなんです。

前田裕二さんは1987年6月23日に東京都で生まれました。

ネット上の情報だと、8歳の頃、両親が他界となっています。

その後は親戚の家を転々としていたそうです。

グレて警察沙汰になったり、何か月も住む家が見つからなくて、警察署に住まわせてもらっていたこともあったとか。

親戚から譲り受けたギターで路上ライブをしてお金を稼ぎ、早稲田大学に進学。

世界中を旅してまわったこともあるそうです。

大学卒業後は、UBS証券会社入社。こちらはニューヨークで勤務されていて、若くして大成功を納めますが、2013年には、社長の南場智子さんにスカウトされて株式会社DeNAに入社。

5年かけて口説き落としたといいますから、どれほど才能を見出されていたかと思いますよね。

前田裕二さんの情報を調べていると「日本国籍から帰化した」となっています。

元の国籍はわからないのですが、韓国という噂です。

それ以上の情報がありませんでしたので、単なる噂の可能性が高いでしょう。理由はわかりませんが、ネットである程度有名になってしまうと「帰化」という言葉での検索が増えてしまうようです。

こちらについては、何かわかれば追記したいと思います。

スポンサーリンク



前田裕二の20代の時の年収がヤバイ!?

前田裕二さんが大学卒業後につとめていたUBS証券会社ですが、
外資系だけあって高年収といわれています。

年収について公式な情報はありませんが、
元社員の方の年収を調べてみると

ベースが1300万円あって、成果に応じて高額なボーナスがつくようです。
前田裕二さんの場合、過去の記事を読むと成績も優秀で、役職にもついていたようなので、

かなりの高年収だったのではないでしょうか?

一部情報では3000万円だったとか。

UBS証券会社に勤めていたのは、20代半ばなので、かなりの高年収だったことがわかります。
一般のサラリーマンの10倍ちかい収入ですからね。ヤバすぎる。

成果主義の厳しい世界とはいえ、かなりうらやましいですね。
もし、友人がこれぐらいの年収だったら明日から会社に行く気なくすかも(笑)

スポンサーリンク



前田裕二の現在の年収は!?

現在は会社の代表をしているので、正確な年収はわかりませんが、
会社の方は赤字のようで、これから伸びてくるのではないのでしょうか?

それでも年収は数千万はあると思います。

なぜなら会社以外の収入として本がベストセラーなので、その印税であったり、
それに関連する収入があるでしょう。

石原さとみと熱愛!?

人気女優の石原さとみさんとのデートを週刊文春に撮られてしまいましたね。

この写真を見て世の男性陣たちが大きなショックを受けたに違いありません。
たた、前田裕二さんの凄さが分かると、納得できる気がします。

これくらい凄くないと女優と付き合うチャンスはないのかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は前田裕二さんの帰化の情報や年収について紹介しました。
ネット上ではいろんな噂があがっていますが、謎の多い人物であることがわかりました。

石原さとみさんとの熱愛報道も気になりますね。
いい女性と付き合うなら、お金もしっかり稼がないといけないですね(笑)

スポンサーリンク