『モンテクリスト伯』3話が放送されました!

今回も、視聴者さんから『モンテクリスト伯』3話の感想が届いているので、
随時紹介していきます!

連休で出かけていて『モンテクリスト伯』3話を見逃した人もご安心を。

youtubeやdailymotion、pandoraに動画が上がっていますが、もっと綺麗で安全に見逃し視聴できる方法を紹介しますね!

こちらのページでは、『モンテクリスト伯』3話を、安全に見逃し視聴する方法と視聴者の感想を紹介します!

ここから安全でCMのない高画質な動画が、今なら無料で見れますよ!

↓ ↓ ↓

>>>FODプレミアム1ヶ月間お試しはこちら!

『モンテクリスト伯』無料動画3話を、安全に見逃し視聴する方法

『モンテクリスト伯』無料動画3話を、安全に見逃し視聴する方法を紹介しますね!
私は最近までpandora、dailymotionなどでドラマの動画を見ていました。

でも、画質が悪く、広告が出てきたりして、正直不満でした。。。

無料で動画を見れますが、中にサイトにウイルスやスパイウェアが含まれていることもあるみたいです。

大事なパソコンやスマホが壊れたり、個人情報が盗まれてしまうかもしれません。

これらの動画共有サイトにアップされているドラマ動画は、全て違法動画です。

そこで、『モンテクリスト伯』3話の

見逃し配信動画を安心安全に見るなら、フジテレビ公式の動画配信サービスの「FODプレミアム」がおすすめです!

「FODプレミアム」では今なら1ヶ月間トライアルを実施中!

>>>私が『モンテクリスト伯』を見逃し視聴したFODプレミアム1ヶ月間お試しはこちら!

1ヶ月間もあれば、見放題対象の人気ドラマが無料で一気見することもできちゃいますね♪

私も無料期間中に登録して、1ヶ月間以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

でも、また見たくなって再登録しちゃったんです♪

「FODプレミアム」なら、『モンテクリスト伯』以外にも、過去の人気ドラマや映画、雑誌、アニメが充実♪

ただ、1ヶ月間のトライアル期間がいつ終わってしまうのか、
わからないので、今のうち無料登録しておかないと損ですね!

FODプレミアムを登録したおかげで、私は嫌だった長時間の電車通勤が、楽しくなりました♪

⇒FODプレミアム1ヶ月間お試しはこちら!

*「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは2018年6月末に終了しました。

『モンテクリスト伯』3話の感想

『モンテクリスト伯』3話の感想を紹介しますね!

30代 女性

もともと漁師の暖が新しい人物に生まれかったという設定でしたが、登場人物が誰も気づかないというのも不思議でした。
ちょっとムリがあるかも(笑)

さすが、ディーンフジオカさんはどんな髪型、ファッションでもカッコいいですね!

それぞれ現在の立場で、暖がどのように復讐をしていくのか、今後楽しみです。

 

30代 女性

ドラマを見ていて、話しの内容をいまいちつかめないこともありますが、今まで見たことないドラマだけに、毎回楽しみにしています。

多言語を話せる役は、ディーンフジオカさんしかいないので、はまり役だと思います。

本当に伯爵かと思うぐらい、かっこいいです。

山本美月さん演じるすみれと、お似合いだと思いますが、他の女性と幸せになってほしいと思うのが私だけでしょうか?

少し怖いですが、復讐劇がとても楽しみです。

『モンテクリスト伯』3話のネタバレを紹介!!

『モンテクリスト伯』3話のネタバレを紹介します!

南条夫妻への接近

南条幸男(大倉忠義)のマネージャー・江田愛梨(桜井ユキ)と幸男の娘・明日花(鎌田英怜奈)はシーカヤックを楽しんでいた。

2人はパドルを落としてしまい、手で水をかきながら浜辺に戻ろうとするが、
カヤックはなかなか浜辺にたどり着かない。

そのとき、モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)が運転するクルーザーが近くを通りかかり、2人を救助した。

愛梨『よかったら、明日花ちゃんの家に寄って行っていただけませんか?』

真海は明日花の家に行くことになった。

『南条です。この度は本当にありがとうございました!』帰宅した幸男は真海に頭を下げる。幸男は真海が、かつての柴門暖だとは全く気付いていない。

すみれ(山本美月)が帰宅した。すみれは現在料理研究家をしていて、
手作りのシフォンケーキを真海にご馳走したいと言い始めた。

ケーキを切り分けるすみれの様子を冷たい眼差しで見据える真海。幸男もやってきて、3人で食卓を囲むことになった。

ケーキのお礼に、真海はすみれと幸男をホームパーティーに招いた。

幸男とすみれの自宅から出てきた真海は、指を喉に突っ込み、ケーキを吐いた。

神楽家の秘密

真海は町に別荘を購入していた。

真海『静かな場所だな。こんな場所なら人を殺しても気づかれないだろうね?』

秘書・土屋慈(三浦誠己)は『え・・・・?』と固まる。

『土屋、何か隠してないか?』と真海が尋ねると、土屋は『何も』と答える。真海は週末のホームパーティーの招待客が合計5名になると土屋に伝えた。

別荘に不動産会社社長・神楽清(新井浩文)が、別荘の契約書の最終確認に訪れた。

真海は週末に開かれるホームパーティーに神楽を招いた。

秘書の牛山と一緒に帰宅した神楽は、神楽の妻・ルミ(稲森いずみ)に週末のパーティーに参加するよう伝える。キッチンでビーフシチューを皿によそっていたルミは、床にシチューが飛び散ったことに気づく。

するとルミは何かに取り憑かれたように、床の掃除を始めた。
牛山がルミの手をとり、『もう綺麗になってますよ?』と止めさせた。『牛山さん、いつものお願いできます?』というユミ。

入間家へ

刑事部長・入間公平(高橋克典)の出勤後、ジムに来た妻・エリナ(山口紗弥加)。その後をバイクでつけていた何者かが、
エリナのロッカーをあけ、飲み物に白い粉を投入。

その後、飲み物を飲んだエリナはショック状態に陥ってしまう。

地下駐車場の車内で、悶えていたエリナの前に現れたのは真海だった。

真海『大丈夫ですか?!』

エリナ『薬・・・』と声を振り絞った。

真海が、皮下注射器をエリナの太ももに注射した。

回復したエリナとともに、自宅へ向かった真海。
エリナと入間の間には、来蘭という娘と瑛人という息子がいた。

知らせを受けた入間が帰宅し、真海に頭を下げる。そのまま、入間の自宅で酒を交わすことになる。

真海『今週末別荘でホームパーティーがあるんです。奥様も是非一緒に』

入間夫婦をパーティーへ誘うが、入間は仕事が立て込んでいると断った。

真海『一応招待状お渡ししておいてもよろしいでしょうか?もし、ご都合がつけば・・・』

真海は招待状を置いて、帰っていった。

真海が帰った後、招待状を破り捨てた入間は、招待状の住所を確認した。

22年前の秘密

ホームパーティーの日。真海の別荘を神楽と妻・ルミが訪れた。
別荘を前にルミは、なぜか帰りたいと言い出すが、しぶしぶ別荘の中に入っていった。

神楽が居間に入ると、そこには幸男、入間、入間の妻・エリナの姿があった。

すみれは仕事でこれなくなったようだ。お互い知り合いである神楽や入間、幸男は驚いた表情を一瞬浮かべる。

また、ルミは入間と一瞬目を合わせたのちに、目を逸らした。

厨房に入った真海に、土屋は『ここに来たことがあります。22年前です』と明かし始めた。

当時、生活に苦しく、この別荘に空き巣に入った土屋は別荘内で女のすすり泣く声を聞いた。
ただならぬ雰囲気を感じた土屋は出てきた男の後をつけた。すると、男は箱を庭に埋めていた。

2人が去った後、土を掘り返した土屋は箱の中に生まれたばかりの赤ちゃんを発見。

しかし、どうにもできないまま、赤ちゃんは死んでしまった。

土屋『あの時、赤ちゃんを産んだ女性は、神楽夫人のルミさんでした。そして、赤ちゃんを捨てた男は入間公平さん・・・』

土屋『真海さんはすべて知ってるんですよね?!だから私を雇った・・・』

真海はとぼけ、いつも通りの最高のサービスをするように伝えた。

真海は皆の前で鰹を見事にさばいて見せた。鰹の腹から腸を取り出す様子を見たルミは、かつてこの別荘で出産した時のことを思い出した。

22年前、『ねえ、嘘でしょ?!』と入間にすがりつくルミ。
決心が変わらない様子の入間に、ルミは『せめてマリア様のそばに埋めてあげて』と懇願したのだった。

 

復讐のはじまり

食事が終わり、デザートには幸男が持ってきたすみれの手作りのケーキが出された。

『妻は真海さんのために、いつもより気合い入れて作ったみたいなんでぜひ食べてください』という幸男。

しかし、真海はケーキに手をつけなかった。

庭に出ようという真海が誘い、皆がテラスに出た。

マリア像の下に花束が手向けられていることに気づいたエリナが、なぜ花があるのかと尋ねた。

真海『実は庭の手入れをしたときに、土を掘り返しまして・・・』

真海は地面から骨が出てきたと明かした。驚く招待客たち。

『それは人間の骨ですか?』と入間が何も知らない風に尋ねる。

『小型犬だと思います。何しろ赤ちゃんのように細い骨でしたから・・・』という真海の言葉を聞いたルミの顔が青ざめていく。

ルミが気分が悪いと言い出し、パーティーはお開きになった。

 

取り乱した様子のルミに、

入間『もう終わったことだ。俺はもう忘れた。今後は個人的に近づくことは控えてほしい』

帰宅した幸男をすみれが出迎えた。1日仕事で疲れたとすみれが笑い、パーティーの様子を幸男が話していると、電話の呼び出し音が鳴った。

幸男『俺が出るよ』すると、1枚のファックスが送られてきた。

幸男はすみれには保険の勧誘だったと嘘をつき、別室へ駆け込み、ファックスを改めて確認。そこには、中国語で『人殺し』と書かれていた。

神楽家や入間家の周辺を嗅ぎ回っていたバイクが、真海の別荘前に止まった。

ヘルメットを取った女性は、幸男のマーネージャーをしている愛莉だった。

愛莉が別荘に入ると、真海は今朝パーティーへ神楽が手土産として持参したリールを、粉々に破壊している最中だった。

真海『南条幸男にファックスを送っただろう?勝手なことをしないでほしい。そば粉の量も多すぎだ。もう少しでエリナさんを殺してしまうとこだった』

愛莉は真海の背後から抱きつき、『こんな回りくどいことをする必要があるんですか?』ともどかしそうに尋ねた。

真海『殺すなんて簡単すぎる。壊すんだよ。大切なのもの全て』と憎々しそうに呟いた。

—————-以上ここまでが『モンテクリスト伯』3話のネタバレでした!—————-

ここから安全でCMのない高画質な動画が、今なら無料で見れますよ!

↓ ↓ ↓

>>>FODプレミアム1ヶ月間お試しはこちら!

『モンテクリスト伯』3話のあらすじを最後にチェック!

『モンテクリスト伯』3話の見逃し視聴の方法と、感想を紹介したところで、
視聴前にあらすじをチェック!

柴門暖(ディーン・フジオカ)はファリア真海(田中泯)の莫大な隠し資産を譲り受けた。素性を知られぬため暖はモンテ・クリスト・真海と改名し、世界屈指の投資家となる。しかし、大金持ちとなった暖=真海の心は満たされることはなく、かつて自分を陥れた者たちへの復讐心に支配されていた。
ある日、江田愛梨(桜井ユキ)と南条明日花(鎌田恵怜奈)が2人乗りのシーカヤックで遊んでいると誤ってパドルを落としてしまう。手で漕いで浜に帰ろうとするのだが、潮の流れが悪くなかなか戻れない。その時、クルーザーが近くを通り過ぎた。愛梨と明日花が助けを求めると、クルーザーが戻ってくる。クルーザーに乗っていた真海と秘書の土屋慈(三浦誠己)は愛梨たちを助けた。

港に戻ると、愛梨は明日花の両親が真海に挨拶がしたいと言うので家に寄って欲しいと頼む。真海は愛梨たちと明日花の家へ行くと幸男(大倉忠義)が帰って来た。明日花は幸男とすみれ(山本美月)の娘。愛梨は幸男のマネージャーだった。ほどなくすみれも帰宅。幸男は有名な俳優、すみれはやはり著名な料理研究家になっている。帰り際、真海は自分の別荘でホームパーティーをしたいと、幸男とすみれを招待した。
真海が別荘に戻ると神楽清(新井浩文)が秘書とともに現れる。真海はこの別荘を神楽から買っていた。神楽にも夫婦でパーティーに来て欲しいと招待状を渡す真海。さらに、真海は入間公平(高橋克典)にも接近する。

出典:フジテレビ『モンテクリスト伯』公式サイト

いかがでしたでしょうか?
安全・安心で高画質な見逃し配信を楽しんでくださいね♪

>>>私が、『モンテクリスト伯』を見逃し視聴したFODプレミアム1ヶ月間お試しはこちら!