元AKBの永尾まりやさんの超偏食ぶりが話題になっていますね。

永尾まりやさんは脂身が好きらしく「スパムと脂さえあれば生きていける」というぐらい偏っているそうです。

見た目からすると、そんな不健康な食生活をおくっているようには見えませんが、
過去に出演したテレビ番組で医者からも指摘を受けているだけに心配ですよね。。。。

今回は脂身が超大好きな永尾まりやさんについて情報をまとめました!

スポンサーリンク



永尾まりやが好きな脂身は?

23日に放送されたTBS系「ペコジャニ∞!」で肉の脂身が大好物だという永尾は、焼き肉屋で牛肉の脂身を300グラム完食。

友人と訪れたレストランで注文したアヒージョは、「具は飾り」と言い切り、脂だけをすするという偏食ぶりみせました。

自宅には大量のスパムがストックしてあり、夕食は焼いたスパムとビールのみだそうです。「究極スパムと脂さえあれば生きていける」と断言したていました。

永尾まりやは医者から警告されていた?

去年、放送された「名医のTHE太鼓判」で永尾まりやさんは胃・食道内視鏡検査を受診。結果、年齢的に早いバレット粘膜(※食道が胃壁に似た粘膜に変化した状態)や軽度の逆流性食道炎の症状が見つかりました。

バレット食道は、食道下部の粘膜が、胃から連続して同じ円柱上皮に置き換えられている状態をいいます。さらに80%は、食道がんの発生に関係する腸上皮化生(ちょうじょうひかせい)を含んでいて、食道がんに対してリスクが高い病気といわれています。

逆流性食道炎は放置すると潰瘍に進行したり、食道がんのリスクが高まります。また、逆流性食道炎の原因となる便秘や高脂肪の食事は、大腸がんのリスクあるといわれています。

このまま、あの食生活をおくると健康に悪い影響がでる可能性があります。

ファンも、かなり心配いているようです。

スポンサーリンク



永尾まりやの体重は?

2月に出演したイベントでは「AKB48を卒業してから半年で、8キロ太った」と告白していました。

夕食時に炭水化物をセーブするダイエットを取り入れているそうで「4ケ月ほど経って、7キロ減。あと、2、3キロ痩せたい」と目標数値も明かしにしていました。

一時期、体重は増えていたようですが、現在は夕食は米を食べずにスパムだけなので、体重自体は元に戻っているかもしれませんね。

ちなみにネット上の情報ではAKB時代が45キロという情報がありました。

身長159センチで45キロなので、平均的な日本人女性よりはスタイルがいいことが分かります。
脂身ばかり食べて、体型をキープできているのは凄いのではなでしょうか?

永尾まりやが食べているスパムとは?

永尾まりやさんが大好きなスパムとはいったいどんな食べ物なのでしょう。

沖縄の定番食材として知られるスパムの缶詰ですが、正式名は実は「ランチョンミート」。

沖縄では「ポーク」という言い方が一般的で、コンビニに「ポークおにぎり」という商品も置いています。
全国的には商品名の「スパム(SPAM)」の名で広がりました。

塩味が聞いていて、味付けせずにそのまま焼いて食べても、とてもおいしいです。

ただ脂や塩が多いので、これだけ食べるのは体によくないかもしれません。

スポンサーリンク



永尾まりやの偏食に対する声

ツイッターからネットの声を集めてみました!


↑ほぼ脂身のお肉です。


↑肌荒れしない秘密を知りたいですね。


↑野菜もしっかり食べれば、バランスが取れた食事になるかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

永尾まりやさんの脂身ばかり食べる超偏食は長く続けると、健康に影響が出てきそうです。
現在、あのスタイルをキープできているのは、炭水化物を抑えているからでしょう。

まだ若いので、今のうちに食生活を改善してほしいですね!

スポンサーリンク